なぜ北朝鮮を信じるのか

2008年01月23日 12:28

北朝鮮「テロ支援国家の指定解除条件満たす」 米政府高官

2008.1.23 10:46

 【ワシントン=有元隆志】米国務省のデーリー・テロ対策調整官は22日、北朝鮮に対するテロ支援国家指定解除問題について、「北朝鮮は(解除の)基準を満たしているように見える」と述べた。同調整官は日本人拉致事件が解除にあたって障害になることはないとの認識も示した。ロイター通信が伝えた。

 米政府高官から北朝鮮に対する解除条件が満たされているとの発言が出たのは初めて。ただ、米政府当局者は発言について、産経新聞に対し「解除問題で米国の立場は変わっていない」と述べ、核計画の申告など非核化で進展がないままに解除に踏み切ることはないとの立場を示した。

 デーリー調整官は「(拉致事件が)協議されていたとしても、北朝鮮は解除の基準を満たしている」と語った。この発言は「(大韓航空機爆破事件のあった)1987年以来、北朝鮮はテロ行為に関与していない」との国務省の立場を示したものだが、同省は解除条件を満たしているとまで踏み込んでこなかった。

 国務省内には、膠着(こうちやく)状態にある核計画の申告問題で打開を図るためにも、北朝鮮が強く求めている指定解除に前向きの姿勢を示すべきとの声はあるが、調整官の発言はそうした意見に沿ったといえる。

以下略

産経ニュースより引用





不思議だね。何度だまされても北朝鮮を信じるなんて。
信じるというよりも信じたいのだろう。アメリカの都合で。

人を騙すには相手の欲望が満たされるという錯覚を与えればいいという好例。

>国務省内には、膠着(こうちやく)状態にある核計画の申告問題で打開を図るため
そこがまさに北朝鮮の狙いどころ。
そして、解除されたらまた核開発するぞと脅すの繰り返し…

一時的な問題解決とい名誉をブッシュは得られるのだろうけど、
結局アメリカは何も得るものはない。国際社会も。

何年かしたらおんなじ話をデジャヴのようにしているのだろう。

とにかく日本は北朝鮮の支援には一切応じるべきではない。

関連記事
北朝鮮に核放棄させる唯一の方法
北朝鮮は元々支払いする気ありませんから
関連記事
スポンサーサイト





コメント

  1. POLE | URL | -

    アメリカは勉強が出来ない子

    高校時代,解けない数学のテストを何度も書き直し、結局消しゴムで消して提出した経験とダブって見える。

    アメリカは分からない、解けないのだと思います。
    大抵の場合のアメリカの「解」は腕力ですから、今はイラクのテスト中でそれが出来ないのでしょう。

  2. グリッティ | URL | -

    POLEさん
    コメントありがとうございます。

    知恵の輪やってできなくて、捻じ曲げちゃう感じですか。
    今は力を別なほうに使ってるので得意技は使えないと…

    うまいですね。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://andreagritti.blog112.fc2.com/tb.php/92-6548e614
この記事へのトラックバック


最近の記事