まず犯罪者を処分しろ!

2010年03月02日 13:17

以下YAHOOニュース(読売)より引用

「個所付け」漏えい、前原国交相を口頭注意
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100302-00000519-yom-pol

3月2日11時36分配信 読売新聞

 鳩山首相は2日午前、国会内で前原国土交通相と会い、民主党が公共事業予算の「個所付け」に関する資料を国会の予算審議前に都道府県連に伝えていた問題で、国交相を口頭で注意した。

 国交相はその後の記者会見で、「私に瑕疵(かし)があった。処分を厳粛に受け止める。今回の反省を踏まえて改善していきたい」と述べた。

 平野官房長官は同日の閣議後の記者会見で、処分の理由について、「党に説明をしたことは法令的に違反ではないが、党から地方自治体などに情報が漏れており、情報管理のあり方が徹底されていなかった。意思疎通が十分でなかった」と述べた。

 鳩山内閣の閣僚をめぐる処分では、直嶋経済産業相が昨年11月に、国内総生産(GDP)速報値の伸び率を事前に漏らしたとして厳重注意処分を受けた。

 平野長官は、今回、国交相を注意処分にとどめたことについて、「直嶋氏は(大臣規範の)秘密を守る義務に抵触する可能性があるが、(前原氏は)大臣規範に反する行為ではない」と説明した。

以上引用終り

ルールって公平じゃないとね。

「党に説明をしたことは法令的に違反ではないが、党から地方自治体などに情報が漏れており、情報管理のあり方が徹底されていなかった。意思疎通が十分でなかった」

①民主党の要請を受けた馬淵澄夫国土交通副大臣が箇所付け資料を見繕い、
 ソース http://www.nikkei.co.jp/news/seiji/20100205ATFS0500P05022010.html 日経より
②それを三日月大造政務官が阿久津幸彦副幹事長に伝え、阿久津幸彦副幹事長が民主党県連に配布
 ソース http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100301-00000023-maip-pol YAHOOニュース(毎日)より
③民主党県連が各自治体に配布したという顛末

この時に、資料を出した国交省は責任があるだろうか?
情報が漏れたのはあくまで民主党の問題ではないのか?

法令的に問題はないと言っているにも関わらず、国交省のトップとして前原大臣が処分され、情報を県連に流した阿久津幸彦副幹事長や各県連が処分されないのは、アンフェアではないか?

資料の扱い方を党に伝えていなかったというのかもしれないが、箇所付け資料の意味すらわからない副幹事長とはなんなのか?
「電子レンジでねこを温めたらねこが死んだ。電子レンジの説明書にはねこを温めてはいけないとは書いていない」という裁判の話(ガセらしいですが)と同レベルだろう。

もっと言えば、脱税した首相や秘書が3人も逮捕された幹事長は処分しなくてもいいのか?

箇所付けの問題はたしかに大きいが、犯罪ではない。
民主党はまず先に犯罪者を処分すべきだろう。

人気ブログランキング参加中!人気ブログランキングバナー小

FC2ブログランキング参加中!FC2ブログランキングバナー



関連記事
スポンサーサイト





コメント

  1. | URL | kU3g/2a6

    Re: まず犯罪者を処分しろ!

    誰が見ても党内の問題ですね。この人たちは責任と言う「単語」も知らなようです。まあ~恥も知らない人達ですから仕方がないでしょう。
    昔の諺に「頭の黒いネズミ」なんてありますが日本政界の中の「民主党」を指しているようです。

  2. クロトー | URL | -

    さて民主党政権になってこの半年ちょっと、法律違反に絡む事件で何人名前が上がったか。
    石川、小沢、鳩山、小林…他にもいた気がしたがどうだったか。

    党としての自浄能力は皆無、無知による政策は愚策にして売国、信念なく日本に損害を与え、国民に苦痛を強いる。
    帰化人以外で誰が支持しているのか本気で知りたい。

  3. グリッティ | URL | l7H4TccY

    皆様コメントありがとうございます。

    猪様
    頭の黒い鳩には困ったもんです。


    クロトー様
    >帰化人以外で誰が支持しているのか本気で知りたい。

    まだ結構巷にはいるみたいですよ。民主支持者。
    自民よりましっていってね。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://andreagritti.blog112.fc2.com/tb.php/808-066f7191
この記事へのトラックバック


最近の記事