七つの大罪すべて当てはまる民主党政権

2010年01月31日 14:10

以下読売新聞より引用

鳩山演説「労働なき富」にヤジ、「それはあんただ」
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100130-00000191-yom-pol
 昨年12月30日、インド訪問から帰国した鳩山首相は、松井孝治官房副長官に「自分の政治理念と非常に重なる」と告げ、インド建国の父、マハトマ・ガンジーの言葉を演説に盛り込むよう求めた。

 ニューデリーのガンジー廟で見た「七つの社会的大罪」だった。

 だが、26日の閣議で演説全文を目にした閣僚たちは、仰天した。「七つ」の中には、「労働なき富」という言葉があったのだ。首相が実母から毎月1500万円もの資金提供を受けていた問題を想起させないか――。

 「『労働なき富』というのは、大丈夫ですか?」。閣僚の一人がおそるおそる切り出すと、首相は「自分のことを言われるのはわかっている。だからと言って(ガンジーの言葉が)間違っているんですか?」とむきになった。

 この場で演説を読み上げた松井氏は「途中で感極まって涙を流した」(閣僚)といい、手直しを求める雰囲気ではなかったという。

 閣僚らの不安は的中した。参院本会議場で首相が「労働なき富」と読み上げた瞬間、野党席からは「それはあんただ」と激しいヤジが飛び交った。

 それでも、首相の危機感は薄い。「国民の心に響いたらと思っている。批判も覚悟で思い切ってやらせていただいた」。29日夜、首相は満足そうに語った。

(2010年1月30日07時24分 読売新聞)

以上引用終り

この場で演説を読み上げた松井氏は「途中で感極まって涙を流した」(閣僚)といい、手直しを求める雰囲気ではなかったという。

なにこれ気持ち悪い…
あの演説のどこに涙する部分があるんだ?
まるで新興宗教だな。

参院本会議場で首相が「労働なき富」と読み上げた瞬間、野党席からは「それはあんただ」と激しいヤジが飛び交った。

そらまあそうだわな。
それどころか、ガンジーの「七つの社会的大罪」のうち

「理念なき政治」  ― 迷走する鳩山政権
「労働なき富」   ― 母からの資金供与・子ども手当
「良心なき快楽」  ― 不倫から結婚
「人格なき教育」  ― 日教組教育の復権
「道徳なき商業」  ― 陸山会の不動産売買
「人間性なき科学」 ― 事業仕分けでの科学予算削減
「犠牲なき宗教」  ― まさに小沢教

全部当てはまんじゃん。
そんなお前がガンジーの言葉を引用するなど、冒涜も甚だしいわ!


人気ブログランキング参加中!人気ブログランキングバナー小

FC2ブログランキング参加中!FC2ブログランキングバナー



関連記事
スポンサーサイト





コメント

  1. | URL | kU3g/2a6

    Re: 七つの大罪すべて当てはまる民主党政権

    この演説で涙を流す?とは驚きました。爆笑するのが普通の神経でしょう。
    しかし見事な分析ですね。

  2. 人参 | URL | TXMcqSK.

    Re: 七つの大罪すべて当てはまる民主党政権

    ガンジーで少し。
    空想的反戦、平和主義者は非暴力のとこだけ、ご都合解釈し使うので不満。
    非暴力・不服従という闘い方ではないでしょうか。

  3. a | URL | -

    署名と拡散のお願い

    鳩山総理が推し進めている
    『東アジア共同体構想』に反対する署名に
    ご協力お願いいたします。

    非常に危険な法案です。
    断固阻止しましょう。

    東アジア共同体構想に反対署名ブログ活動
    http://no-eastasiacommunity.seesaa.net/
    少しスクロールして頂ければ、内容が見られます。

  4. グリッティ | URL | l7H4TccY

    皆様コメントありがとうございます。

    猪様
    何を言っているんだと、嗤う演説ですよね。
    恐れ入ります。


    人参様
    ガンジーの非暴力主義はそこいらのサヨクが言うようななまっちょろいもんじゃないですよね。
    まさに命をかけた非暴力ですよ。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://andreagritti.blog112.fc2.com/tb.php/778-80c1e80a
この記事へのトラックバック

一夜で反転

外国人参政権反対決議 民団工作、一夜で否決 千葉・市川市議会 2010.2.1 00:36  千葉県市川市の市議会で永住外国人への地方参政権(選挙権...



最近の記事