外国人地方参政権阻止へ向けて

2010年01月04日 14:57

以下産経新聞より引用

鳩山首相年頭会見 「まずは予算」 内閣改造、同日選は否定
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100104-00000526-san-pol
2010.1.4 11:26

 鳩山由紀夫首相は4日、首相官邸で年頭の記者会見を行い、「(今年は)新しい政治を作る正念場の1年だ」と決意を述べた。その上で、「景気が二番底になってはいけない」として、「国民の命を守るための補正予算、本予算をしっかり上げる(成立させる)ことがまず先にあるべきだ」と述べ、今月中旬にも召集される通常国会で、平成21年度第2次補正予算案と平成22年度予算案の成立を優先させる考えを示した。

 首相は会見で、「今、この段階で私が考えるのは、いかに予算を成立させるかだ」と強調。「その先の参院選のことを今、申し上げるタイミングではない。内閣改造はいっさい考えていないし、ましてや(衆参)同日選を念頭に置いているわけではない」と述べた。

 一方、永住外国人への地方選挙権(参政権)付与法案については、「与党との調整が済めば、法案として提出したい」と述べ、通常国会での成立に意欲を示した。米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の移設問題については「無駄に時間を浪費させるつもりはない。数カ月で沖縄県民にも米国にも理解してもらえる結論を出すことを国民に約束したい」と述べた。

以上引用終わり

正念場の1年だ

お前とは全く別の意味で私もそう思う。

永住外国人への地方選挙権(参政権)付与法案については、「与党との調整が済めば、法案として提出したい」と述べ、通常国会での成立に意欲を示した。

この違憲法案をどういう理屈で出してくるのか?
マニフェストにもないこの法案をなぜ急ぐのか?
ほかにも言いたいことは山ほどあるが、向こうがごり押ししてくる以上、こちらもあらゆる手立てを使って阻止しなければならない。
もはや理屈ではないのだろうから。

一国民ができることといえばまず、自分の選挙区選出の国会議員にメールでも電話でも反対の意思表示を示すこと。
私はすでに昨年何度か行っていますが、うちはがちがちの賛成派なので同じ県の国会議員にも働きかけています。
今は大概の議員がHPやブログなどを持っていますので、そちらからでもかまいません。
いずれにしても賛成派を貶すのではなく、反対派の議員さんを励ましたり、態度を決めていない議員さんを説得したりする方が効果的だと思います。

次に反対の署名活動に参加すること。
私の知る限りでは請願法に基づくこちら
外国人参政権に反対する会・公式サイト
外国人参政権に関する情報も豊富です。

もうひとつはネット署名のこちら
【外国人参政権】・【人権侵害救済法案】に断固反対します  署名TV
匿名でも署名できます。

署名にどこまでの力があるか微妙ですが、できる限りの意思表示をなるべく多くのチャンネルを使ってしていきたいと思います。

一度可決されてしまえば2度と取り消されることはないでしょう。
権利というものは与えるのは簡単でも、取り上げることはできないものです。たとえそれがどんなに理不尽でも。

以下に以前の外国人参政権関連のエントリーもあげておきますので、参考にしていただいて反対派が少しでも増えていただければ幸いです。
あとこれは何の力にもなりませんが、私の設置したアンケートもあげておきますので投票をよろしく。
この結果も議員さんにメールを送るときに合わせて送りますので。

関連記事 
血と汗のたすきをつなげ!
外国人参政権に地方が反旗
キョドる鳩山
公明、外国人の地方参政権付与法案を提出へ
外国人参政権法案の提出検討
小沢氏、地方参政権付与に賛成
地方参政権ぐらい by鳩山幹事長
民潭 被選挙権までも
外国人地方参政権



人気ブログランキング参加中!人気ブログランキングバナー小

FC2ブログランキング参加中!FC2ブログランキングバナー



関連記事
スポンサーサイト





コメント

  1. 甲賀の者 | URL | -

    Re: 外国人地方参政権阻止へ向けて

    HP ねずきちのひとりごとをご覧下さい。
    朝鮮進駐軍の記事です。中国、朝鮮が如何に日本対して敵性民族であり民族差別者か分かります。
    皆さんのお住まいの都道府県、市町村だいじょうぶですか?

  2. | URL | kU3g/2a6

    Re: 外国人地方参政権阻止へ向けて

    平和・友愛まやかしの言葉に左右される日本人「戦後教育」の付けを払わされているのです。この法案は「御先祖」「将来を生きる日本人」の為にも何としても止めなければ「将来の日本」は有りません。

  3. 松崎トシノリ | URL | fZZVeMag

    鳩山お伊勢参り

    昨日は鳩山がお伊勢参りに行く途中、名古屋駅で乗り換えるとの事だったので、名古屋駅で抗議街宣をやっていたのですが、外国人参政権とパチンコの関係を話していると韓国ヤクザがやって来ました。

    彼らも必死ですね。

  4. june | URL | -

    Re: 外国人地方参政権阻止へ向けて

    民主党は外国人地方参政権をわざわざマニフェストから外して
    衆院選を戦い、今度はこっそり進めようとしていますね。

    このことをなぜかマスコミが、特に影響力の大きいテレビが
    一切伝えようとしない。どこまで腐っているんでしょうね。

    それにしてもネットを通じて多くの人が(最低でも1000万人以上)
    日本の主権(選挙権)をこっそり売り渡そうとしていることに激怒しているのにも
    関わらず、よくも平気で売国行為が出来るものですね。感心します。

    近い将来、日本国中ほとんどの日本人はこの事実を知ることになるでしょう。
    売国法案をろくに国民的議論もせずに外国人のために通そうとしている
    国会議員やそれを手助けするマスコミのみなさんは・・・・これから先、国民からの
    報復への怯えを心配せずに生きていけるとでも思っているのでしょうか?

    日本は庶民クラスの知識レベルの高さは世界でダントツでTOPですよ。
    売国行為を推進すれば、日本国中にその背信行為が知れ渡るでしょう。
    不思議なので、もう一度聞きますが・・・・あなたたち(売国議員とマスコミ)は
    (正気で)衆人周知の中で売国行為を押し通すつもりですか?

    売国行為を実行する国会議員とマスコミのみなさんへ忠告させていただきますが
    現実に日本人が外国人に虐げられるような社会が到来した時
    あなたたちやその家族までもが、日本中から恨みや怒りの標的となっても
    全くおかしくないと予想されます。よく考えてみてください。怖くはありませんか?

    売国行為を実行する国会議員とマスコミのみなさん!!是非、売国行為から
    日本人の幸福を第一に考える行動へ方針転換なさるよう、お願いいたします。

  5. 太郎の嫁 | URL | czwcMj9s

    Re: 外国人地方参政権阻止へ向けて

    四国新聞(2010.1.3)に民主党左派の「初夢」が載っていました。
    <「地域主権」元年 鳩山政権の挑戦 推進法案提出実行の年>
     公約通りに改革を実現した場合の、十数年後の社会を覗いてみた。
    中略
    「住民投票法」も制定され、地域にとって重要な政策課題については住民自身が直接、意思表示できるようになった。
    一方、国の役割を外交、防衛、治安維持や通貨管理など、国家の基本方針に関する仕事に限る「小さな政府」が実現。都道府県は、地震や台風など大規模災害への対応や地域浮揚につながる産業振興策といった広域行政に特化し、市町村の補完役に徹している。
    引用以上

    民主党の言う「地域」とは「市町村」のことでした。
    「住民投票法」による「日本」乗っ取りは、人口が小さいほど容易だからです。
    それにしても表題からして「挑戦」「実行の年」などと大層な言い回しだ。「カルト新聞」かと思ったほど。
    「在日外国人参政権付与法案」より「住民投票法」が狙いという事です。

  6. うさ | URL | kLoia8aY

    外国人地方参政権付与は憲法違反です!

    全く・・・ このバカにはうんざりだよ。
    民主党が政権とってからというもの、明るいニュースが一つもない。
    憲法に違反する法案を提出する総理大臣ってなによ?
    批判に耳を傾けることはねえのかよ?この、キ千ガイ総理!

    >「景気が二番底になってはいけない」
    うるせえよ。
    麻生閣下の追加経済対策を一部凍結。円高放置。結果が株価一人負け。
    国会で決めた予算を、国会の議決なしに凍結するのは、憲法違反だからな!
    円高放置したら輸出産業がどうなるかぐらい分からんのか、ぼんくら!
    それから。おまえ「株価下落は政府の責任。解散すべき」って言ったよな?
    国民をこれだけ苦しめて、なにが「国民の生活が第一!」だ!くたばれ!

    >永住外国人への地方選挙権(参政権)付与法案については、
    >「与党との調整が済めば、法案として提出したい」と述べ、
    >通常国会での成立に意欲を示した。
    だからよぉ、永住外国人がそんなこと言ってんのかってことだよ。
    そんなに参政権を行使したかったら本国に帰りゃいいじゃねえか?
    どこのどいつがそんな要求してるんだ?言ってみろよ、誰なんだ?

    >この違憲法案をどういう理屈で出してくるのか?
    >マニフェストにもないこの法案をなぜ急ぐのか?
    そうだ!この、違憲総理が!
    この違憲法案の提出が、マニフェストにあったか?
    「マニフェストにないものは全部ウソっぱち」って言っただろうがよ!

      ∩∩
    ( 。-人-。) 小沢と鳩山がいない、住みよい日本になりますように。

  7. グリッティ | URL | l7H4TccY

    皆様コメントありがとうございます。

    猪様
    >平和・友愛まやかしの言葉に左右される日本人「戦後教育」の付けを払わされているのです。

    確かにそういう言葉に弱いですね~
    平和は戦争と戦争の間の期間ですよ。


    松崎トシノリ様
    お疲れ様です。
    そんな必死さに負けるわけにはいきませんね。


    june様
    >このことをなぜかマスコミが、特に影響力の大きいテレビが
    >一切伝えようとしない。どこまで腐っているんでしょうね。

    テレビはもう駄目ですね。
    こちらから見限りました。

    >売国行為を実行する国会議員とマスコミのみなさんへ忠告させていただきますが
    >現実に日本人が外国人に虐げられるような社会が到来した時
    >あなたたちやその家族までもが、日本中から恨みや怒りの標的となっても
    >全くおかしくないと予想されます。よく考えてみてください。怖くはありませんか?

    そこまでの想像力は持ち合わせていないのでしょうね。

    >売国行為を実行する国会議員とマスコミのみなさん!!是非、売国行為から
    >日本人の幸福を第一に考える行動へ方針転換なさるよう、お願いいたします。

    一人でも一社でもそうなってくれることを望みます。


    太郎の嫁様
    >「在日外国人参政権付与法案」より「住民投票法」が狙いという事です。

    国民の中に外国人を入れるより、住民の中に外国人を含めるほうが優しそうですものね。


    うさ様
    >国会で決めた予算を、国会の議決なしに凍結するのは、憲法違反だからな!

    しかし恐ろしいぐらいにこのこと誰も触れませんね。
    どこかの自民党議員のブログで見たっきりです。

    >どこのどいつがそんな要求してるんだ?言ってみろよ、誰なんだ?

    えっと、み・みんだ、…

    >「マニフェストにないものは全部ウソっぱち」って言っただろうがよ!

    マニフェスト教には裏教義があったのです。
    わらえませんが…

  8. らら | URL | -

    Re: 外国人地方参政権阻止へ向けて

    外国人参政権反対、韓国人は差別という言葉すら利用して日本では日本人よりも優遇されています。
    韓国と関わると日本は不幸になるばかり、一刻も早く韓国と国交断絶して、韓国人は一人残らず強制送還!
    韓国人は今スグ荷物を纏めて日本から出てって二度と来ないで、早く荷物纏めて日本から出てけ。
    世界中で韓国人の犯罪が起きる度に不信感が募り警戒される、当の韓国人はその度反省もせずヒステリックに言い訳ばかりで呆れられる。
    日本では世界でもトップクラスで韓国人の犯罪が起きているが、当の韓国人コミュニティが事件の隠蔽工作をし 新聞テレビで報道される事は希、バカ正直の日本人は韓国人が善良で信頼できると信じ込まされまた犯罪被害に遭う。
    そりゃ居心地言い訳だわ、反日の割に日本から出て行かず未だに新たな不法入国が絶えない理由でしょう。
    良いイメージとは行動で勝ち取る物であり、印象工作や恫喝で得るものでは無い。
    ネトウヨなど存在しない
    朝鮮人の造語ネトウヨ
    ネトウヨとサルの一つ覚えを書き込むバカと左翼と朝鮮猿と小林よしのり信者
    あらゆる話題にクソに集る蠅のごとくネトウヨと叫びながら湧いて来る
    私生活で売国発言を公にできず普段のうっ憤を書き込みで晴らす左翼
    ネトウヨは右に寄り過ぎと 日本の良心のように中立を装った発言でドサクサで批判するのも朝鮮人
    俺は日本人だけどや日本人として恥ずかしいというのも朝鮮人
    挙句の果てにネトウヨ=朝鮮人と意味の分からん捏造までする朝鮮人
    海外での犯罪や不品行も日本人のフリ
    スリカエ捏造成りすましは朝鮮猿の十八番
    http://youtu.be/iqQetHjvafM

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://andreagritti.blog112.fc2.com/tb.php/753-d0eb8474
この記事へのトラックバック


最近の記事