外国人参政権に地方が反旗

2009年12月24日 12:37

民主党小沢幹事長が次期通常国会で永住外国人地方参政権法案の成立を目指していると表明してから、各地方議会でそれに反対する決議が行われている。

例えば
民主党の政策 反対意見採択(石川県議会) 朝日新聞より

 「永住外国人の地方参政権付与の法制化に反対する意見書」は、自民党が無所属の1人会派と共同提出した。

 自民党は1995年、地方参政権付与を推進する趣旨の意見書に賛成したことがあるが、今回の意見書では参政権獲得は「帰化によるべきだ」と主張、民主党が政策集で掲げた参政権付与に反対するとしている。採決では、民主党県議2人が社民党とつくる清風・連帯は反対、9人全員が民主党員の新進石川は「(付与)要件が不明確な段階であり、国政にゆだねるべきだ」として棄権した。


外国人地方参政権反対の意見書採択 吉川市議会 産経新聞より

意見書は「永住外国人に地方選挙権を付与することは憲法上問題がある。帰化すれば選挙権を行使できるので、現状で問題ない」としている。


定住外国人の地方参政権反対意見書など可決 12月県議会閉会(千葉) 産経新聞より

議会:防府市 /山口 毎日新聞より
http://mainichi.jp/area/yamaguchi/news/20091223ddlk35010487000c.html

「我が国の政治を決定するのは日本国民であり、外国人に委ねるべきでない」などとして賛成多数で可決された。



行政議会選挙:県議会が閉会 /香川 毎日新聞より
http://mainichi.jp/area/kagawa/news/20091216ddlk37010678000c.html

永住外国人に対する地方参政権付与の法制化に反対する意見書案など議員発議案12件も原案通り可決した。



などなど。

地方議会GJ!
防府市素晴らしいコメントです。

地方議会は今だ自民党が与党のところが多いからだが、真っ先に影響を受ける地方が反応したとも考えられる。
国政が壟断されるとしたら、地方からでも包囲網を築いて、必ずこの目論見を阻まなくてはならない。

人気ブログランキング参加中!人気ブログランキングバナー小

FC2ブログランキング参加中!FC2ブログランキングバナー



関連記事
スポンサーサイト





コメント

  1. 太郎の嫁 | URL | czwcMj9s

    Re: 外国人参政権に地方が反旗

    今月15日に香川県議会が「永住外国人に対する地方参政権付与の法制化に反対する意見書」を議決しました。
    しかし地元四国新聞では一切触れていません。

    しかし、同じ意見書を2000年に議決した時は「香川県議会の異常さ」を大きく特集していました。
    10月18日付・一日一言
     <友人に電話で意見を尋ねたら、「珍しいね。香川は右傾化してんの?」と言う。
    そういう訳ではないけれど確かに全国では異例。県議会は昨日、「永住外国人の地方参政権」に反対する意見書を議決した。>
    http://www.shikoku-np.co.jp/kagawa_news/column/article.aspx?id=20001018000008

    10月30日付・追跡「外国人参政権 県議会の「反対」決議」
     <「えっ」と驚く人もいれば、「またか」と受け止めた人もいただろう。
    三年前、全国二番目に中学校歴史教科書から従軍慰安婦関連の記述是正を求めた県議会が、今度は全国初という意見書を決議した。
     全国では千を超える自治体が相次いで地方選挙権付与に賛成の立場を表明する中、都道府県議会で反対の意思を示したのは香川だけだ。「国会審議中のこの時期になぜ」「なんで香川だけが」と、県職員ですら首をかしげるほど。一般県民にとってはなおさらのことだろう。>
    http://www.shikoku-np.co.jp/feature/tuiseki/108/index.htm

    四国新聞社殿
    今報道するべきでは?

  2. 日の丸ブル | URL | PXXG49oI

    Re: 外国人参政権に地方が反旗

    やっぱりね。
    駄目なもんは駄目なんです。
    誰が考えたって理不尽です、地方議会頑張れ。
    まずね、これ憲法違反でしょ。
    小沢氏に言いたい
    「小沢君、何故こんな簡単な事が理解できないのかね?」
    「憲 法 違 反 けんぽういはん」わかりましたか?

  3. | URL | kU3g/2a6

    Re: 外国人参政権に地方が反旗

    これが当たり前の事なのですが、こんな事をやらなければいけない国とは情けない。
    昨日の鳩山首相の「弁明」も聞いていて恥ずかしくなりました、これが還暦を過ぎた男の言葉とは、小学生も顔負け、まず男としても失格でしょう。

  4. 草の根運動 | URL | UUc29g3M

    Re: 外国人参政権に地方が反旗

    一つでも多くのブログに投稿して下さい。

    「日本人が知ってはならない本当の歴史」と
    日本が置かれている状況を知ってもらいましょう。

    国民を変えたいのです。
    力を貸して下さい。m(_ _)m


    管理人様
    突然お邪魔しまして申し訳ありませんでした。

  5. naftarin | URL | VsZE7Z4I

    Re:

    年賀状で日本の危機を伝えよう。

     年賀状は日本の危機をまだ知らない方に伝えられる大きな武器になる。
    大勢の方に年賀状で日本の危機を伝えましょう。
    民主党政権がいかに危険な政権であるか、日本がどんな国になって行ってしまうのかを。

  6. うさ | URL | kLoia8aY

    在日韓国人・祖国復帰事業を推進しよう!

    在日韓国人に日本の参政権を与えることにより、
    益々祖国への愛国心が高まり、誇り高い生き方ができるだろうか。
    否である。
    このような姑息な方策は、在日韓国人の民族意識と愛国心を汚染し、
    擬制日本人として扱うことで、日本に感化しようとする、
    悪意に満ちた自己中心的な考えだと言わざるを得ない。
    在日韓国人の精神性を全く無視したものであり、
    さらなる精神的苦痛を与え続ける結果になることは、
    半世紀の歴史を見れば明白である。

    在日3世,4世がどうして日本に帰化できないのか。
    当然である。
    5世が6世になろうとも、状況が改善する見込みはない。
    日本との間に、相容れない民族的差異が厳然と存在するからである。
    日本に生まれ、日本で育った韓国人が、
    日本になじめないで苦しんでおられるのを、
    同じ人間として、我々日本人は看過できない。

    在日韓国人が、なぜ参政権を必要としているのか。
    それは、祖国が彼らを受け入れてくれないからである。
    在日韓国人は、日本にありながら、民族の誇りを忘れず、
    日本人として生きることを拒否し続けてきた、純然たる韓国人である。
    その誇り高い在日韓国人を、祖国・韓国がを受け入れないのは、
    祖国・韓国の在日韓国人に対する差別であり、重大な人権侵害である。
    韓国政府は直ちに、このような人権侵害を改め、
    速やかに、在日韓国人を自国に迎え入れ、
    住みよい環境を、韓国国内に用意する義務がある。
    幸い、李明博大統領は、在日韓国人の出身であり、
    在日韓国人の現状に、非常に詳しいはずである。

    よって、日本は韓国政府と連携し、
    真の友好と、友愛の精神に基づき、
    在日韓国人を人権侵害から解放すべく、
    在日韓国人・祖国復帰事業を推進するものである。

  7. グリッティ | URL | l7H4TccY

    皆様コメントありがとうございます。

    太郎の嫁様
    香川県議会すばらしい判断ですね。
    2000年から議決しているなんて。
    かたやそれをさも異常かのように報ずる四国新聞。
    好対照です。

    >四国新聞社殿
    >今報道するべきでは?

    全くその通りです。多くの自治体が同じ議決をしている今、社としての見解を聞いてみたいものです。


    日の丸ブル様
    >誰が考えたって理不尽です、地方議会頑張れ。

    がんばれー

    >「憲 法 違 反 けんぽういはん」わかりましたか?

    改憲してやるのが筋ってものでしょうね、やるのなら。


    猪様
    >これが当たり前の事なのですが、こんな事をやらなければいけない国とは情けない。

    確かに…でもやらざるを得ません。


    草の根運動様
    >一つでも多くのブログに投稿して下さい。

    なにをですか?
    参政権の話?それならどんどん投稿しますけど。


    naftarin様
    >大勢の方に年賀状で日本の危機を伝えましょう。

    年賀状に書くのもそぐわない気もしますが、できるだけのことをしましょう!


    うさ様
    これは何としても帰国していただかなければ。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://andreagritti.blog112.fc2.com/tb.php/743-3aae46bc
この記事へのトラックバック


最近の記事