今こそ政権交代が最大の景気対策

2009年12月10日 19:13

以下朝日新聞より引用

8日の鳩山首相 【過去最大の借金】
2009年12月8日21時9分

 ――今年度の税収が37兆円を下回り、国債発行額が過去最大の53兆円に達する見通し。来年度の新規国債発行額を44兆円以内に抑える考えに変わりはないか。

 「これはあの、リーマンショックからきていますからね。それまで私ども野党時代を通じて、経済対策をもっと早く打てば良かったのにな、という思いがあります。それだけに、ここまで深刻になってしまったことは、残念なことではありますけども、しかし経済をある意味では、しっかりと立て直していかなければならんということで、補正を組んだ前政権の考え方も分からんわけではない。どこまで有効であるか、ということで我々は事業仕分けのような、凍結のことも行いました。しかし、結果として税収も大きく減ったわけですから、結果として、国債をこうせざるを得なかったということは、国民の皆さんも理解をして頂けるのではないかと、そう思います。しかし、財政規律はそれなりに、一方で経済、一方で財政、これはともに国民の皆さんの命を守るために必要な議論でね、そのバランスの問題だと思います。これ以上深刻にならないようにしなきゃいかんというために、経済的な手だてを打つと。一方で打ちすぎると財政がおかしくなる、ということですから、そのバランスの中で私は44兆円、来年度に関してはそれに向けて努力しようじゃないか、ということで申し合わせたわけです。いまはその努力に向けてですね、一人ひとりが頑張って、閣僚の皆さんがね、その中で予算を組もうとしている状況ですから、まずは私はこの44兆円に手足を縛られて、それによって人の命の方が失われるという話になってはいけないことも事実でありますけども、努力としてはこれからも続けていこうと、思っております」

以上引用終り

相変わらず長いだけで中身のない、結論のない、両論併記の話ばかり…

それまで私ども野党時代を通じて、経済対策をもっと早く打てば良かったのにな、という思いがあります。

確かに言ってたな。言うだけは。

関連記事 (2次補正)急げと言ってみたり、引き延ばしてみたり・・・で、その真意は

民主党の議員もその時の方便で、自民党を追い詰めるためだけのためにやってるってわかっていただろうに、この鳩さんだけはまじめに経済対策をやれって言ってたと思っているっぽいから怖い。

それで経済対策はどうするだね?
ムダに長いコメントの中には一切含まれていないんだが?

政権交代が最大の景気対策とかいってたけど、どうみても最大の景気後退策だったな。
景気が悪くなれば税収も減る。
景気回復なければ財政再建もありえない。
民主党がやっていることは無駄を削るという名の景気後退策だ。

人気ブログランキング参加中!人気ブログランキングバナー小

FC2ブログランキング参加中!FC2ブログランキングバナー





関連記事
スポンサーサイト





コメント

  1. 大和 | URL | mQop/nM.

    不況の根は、深い

    ―不況の根は、深い―
    日本社会の致命的な欠陥は、文科省と学校がとことん腐敗していることです。
    大学が文科省官僚の天下り機関に変わり、読み書き計算の指導技術も身に付けない教員を排出しています。学校の教科書も指導方法も幼稚でデタラメです。不登校、退学者20万人、引きこもり、ニート60万人を作る学校は、教育機関の資格がありません。
    「『おバカ教育』の構造」(阿吽正望 日新報道)を読むと、すべてが分かります。この本は、学校現場から愚民化教育の実態、時代錯誤した非効率教育、教育荒廃の仕組みを明らかにした驚くべき書です。
    この本こそ、政府が、国民を騙し、子供を虐待し、不登校、引きこもり、ニートにしたことの明白な証拠です。知識時代に愚民化政策を行う者は、国民の敵です。
    受験競争で時代遅れの知識を詰め込ませ、世界最低となった大学に進学させ、外国語もIT能力も金融や法知識もない若者を育てれば、貧窮し自殺者が出るのは当然です。
    失業も倒産もデフレも、これまでの自民党・官僚政治の悪政が原因です。

  2. うさ | URL | kLoia8aY

    もはや、一人の犯罪者が負いきれる責任の範囲を超えている

    なにを言っているんだ?こいつは。さっぱり意味が分からん。
    誰か、この「キ千ガイの独り言」を日本語に翻訳してくれませんか?

    >リーマンショックからきていますからね
    >経済対策をもっと早く打てば良かったのにな
    知ってるよ。1年以上も前のことだよ!なにやってたんだ、この無能!
    麻生首相,中川財務相,白川日銀総裁の奔走のおかげで、
    世界経済は救われたんだ。国内でも、75兆円の追加経済対策で、
    沈みかけた日本経済が、再び上昇気流に乗ったってのに、
    その流れを、おまえら民主党が止めたんだよ。

    日本国憲法・第八十五条
    「国費を支出するには、国会の議決に基くことを必要とする。」

    国会で議決した追加経済対策の一部を凍結するのは憲法違反。
    それで浮いたお金を、国会の議決なく別のことに使うのも憲法違反。
    犯罪者が犯罪者であるだけでは済まず、
    日本経済をめちゃめちゃにしといて「人のせい」か?
    もはや、一人の人間が負いきれる責任の範囲を超えてるからな。

    「税収38兆」が、いつのまにか37兆を下回り、
    「無駄を省けば20兆」が、3兆にも届かず、
    「新規国債発行額44兆円」が、過去最大の53兆円になるんだって。
     ∩∩
    (。´▽`。) ふ~ん・・・ なんで?

    そういえば、最近「埋蔵金」が出てこないが、あれはどうした?
    旅行で全部使っちゃったのか?色々面白いことやってるからな。
    --------------------------------------------------------
    鳩山首相の「ほらふき放題・海外フルムーン旅行」
    岡田ぼうやの「はじめてのおつかい in パキスタン」
    北沢防衛相の「グアム戦線移転なし」
    「小沢一郎と行く冬の北京3泊4日・600人朝貢ツアー」
    --------------------------------------------------------
    9億円の「鳩山家・子供手当て」で旅行会社でもやったらどうだ?

  3. | URL | kU3g/2a6

    Re: 今こそ政権交代が最大の景気対策

    民主党には「政権交代」と「マニフェスト」しかない、中身は「空っぽ」哀れなのは日本国家と日本人。
    恥ずかしい訪中団の議員の姿を見ているとこの国はもうだめか?そんな気がしています。

  4. a | URL | NmRVQg7I

    与那国島を守るための署名にご協力を

    与那国島を守るための署名にご協力を

          ♢♢♢緊急拡散希望♢♢♢

    与那国島を守るための署名にご協力をお願いいたします。


    日本を愛する(沖縄を中国に渡したくない)皆様へ

    中国の沖縄侵略の津波は、すぐそこまで迫っています。
    日本最西端の国境の島、与那国島の防衛は、

    決して与那国島民だけの
    問題ではありません。
    それは、日本の防衛問題であり、日本国民全員の問題です。
    日本を愛する全国の皆様、
    「与那国島」を、そして「日本」を守るために署名のご協力をお願いいたします。
    ご署名いただいた署名用紙は、次の番号宛てにFAXしていただきたいと存じます。

    FAX番号:098-869-9827

    みなさまのご協力、心よりお待ちしております。

    http://okinawajiyu.jimdo.com/
    署名のご協力のところを見てください。

    話題に関係ないことですみません。


  5. グリッティ | URL | l7H4TccY

    皆様コメントありがとうございます。

    大和様
    その本は存じ上げませんが、日本の教育をうんぬんする場合、文部省とともにそれに反対してきた日教組を取り上げないのはなぜなのでしょう?
    文部省・自民党に問題があるということは否定しませんが、同様以上に日教組にも問題があるように思いますが。


    うさ様
    >その流れを、おまえら民主党が止めたんだよ。

    まさにお金の流れを止めましたね。

    >そういえば、最近「埋蔵金」が出てこないが、あれはどうした?

    あるに違いないって掘ってたんですけどなかなか出てこなくて、赤城山を穴だらけにしただけでしたw


    猪様
    >民主党には「政権交代」と「マニフェスト」しかない、中身は「空っぽ」

    必死にそれにしがみついてますもんね。
    経典みたいに。

    >恥ずかしい訪中団の議員の姿を見ているとこの国はもうだめか?

    あれはこっぱずかしかったですね。
    同時に情けなくなります…

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://andreagritti.blog112.fc2.com/tb.php/729-4aefe187
この記事へのトラックバック


最近の記事