普天間で迷走する民主

2009年11月01日 14:32

以下読売新聞より引用

普天間県外移設派、名護市長選で民主推薦へ

 米海兵隊普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の移設受け入れの是非が最大の争点となる来年1月の沖縄県名護市長選で、県外移設を主張する新人の前市教育長・稲嶺進氏(64)(無所属)からの推薦願を受けた民主、社民、国民新党のうち、民主党は31日に推薦決定する。社民、国民新党も前向き。

 自民、公明党が支援し、同市に移設する現計画を条件付きで容認する現職・島袋吉和氏(63)(同)との激戦が予想され、住民投票の様相を呈してきた。

 市長選については、国外、県外移設を模索する鳩山首相が、方針決定の判断材料と位置づけ、米政府も注目。両氏のほか、米国移設を主張する新人の琉球大非常勤講師・比嘉靖氏(65)(同)が共産党推薦で立つ。

 稲嶺氏は、1999年に移設を受け入れ、沖合での建設を求めた岸本建男市長(故人)時代の市幹部。岸本市政の後継として2006年に初当選した島袋氏が沿岸部への変更を認めたため、岸本氏の支援者や親族が反旗を翻して擁立した。

 当初は「現計画反対」にとどめていたが、民主党県連などの働きかけで「県外移設」に踏み込んだ。民主、社民両党は、県外移設では一致する比嘉氏を説得し、「候補の一本化を探る」としている。

 一方、2期目を目指す島袋氏は、従来通り、騒音対策面などから同市のキャンプ・シュワブ沿岸部に建設予定の代替施設の沖合移動を条件に現計画を容認する。

 同一歩調をとる仲井真弘多(ひろかず)知事は、鳩山内閣に対し、「県外がベストだが、普天間の早期返還を考えると現計画が現実的」と主張。ただ、その姿勢も同市の容認が最大のよりどころで、選挙結果次第では方針転換を強いられる可能性もある。

 名護市は97年12月、受け入れの是非を問う市民投票を実施。反対が多数を占めたが、当時の比嘉鉄也市長は辞任と引き換えに受け入れを表明した。その後、3度の市長選で移設が争点となり、市民は二分され続けている。

(2009年10月31日 読売新聞)


以上引用終わり

民主党のやってることはすべからく支離滅裂なのだが、その中でもこの普天間基地移設の迷走ぶりは目を覆いたくなるばかりだ。

日本政府と地元名護・沖縄、アメリカ政府との3者でようやく話がまとまった普天間基地の辺野古沖への移設について、閣僚それぞれがてんでバラバラな発言をして、地元とアメリカ政府を憤慨させている。

もともと民主党のマニフェストには具体的に触れられていない問題だが、従来から県外移設を民主党は主張していた。
ここにきてその主張は、以下のようにバラバラに発信され、相手に真意を訝しがらせるには十分な迷走ぶりだ。

北澤防衛相ー現合意案(辺野古移転)受け入れ
 ソース 普天間移設案 防衛相「公約違反でない」 YAHOOニュース(産経)より

岡田外相ー嘉手納統合案
 ソース 「嘉手納が望ましい」「県外移設考えられぬ」普天間移設先で岡田外相 産経新聞より

鳩山首相ー県外移設?(混乱中)
 ソース 鳩山内閣、普天間めぐり迷走=首相、防衛相発言を否定 時事通信より

そりゃ地元からしたら県外がいいだろう。
しかし、その具体案がどこにあるのだ?
現状の市街地に隣接する普天間をまず動かしたい、という切実な希望を実現するにはやむを得ないとして苦渋の決断をした地元名護の人々を再び振り回して苦しめているだけだ。

「地元の声を」と首相は言うが、過去3度の市長選でいずれも移設容認派が勝利している。
もはや結論は出ているのだ。

にもかかわらず、首相は次回の市長選挙まで結論を待ちたいといってみたり、変えてみたり…

いい加減地元を愚弄するのはやめにしろ!

だいたい地元の意見を聞くはずの市長選挙で、民主党がこのような働きかけをするのはどういう料簡だ?

当初は「現計画反対」にとどめていたが、民主党県連などの働きかけで「県外移設」に踏み込んだ。

これでは民主党の意思は県外移設だと表明しているようなものではないか。

一体どれが方針なんだ?

検討も結構だけども、ここまでの合意に至る議論、検討、忍従、いさかい、妥協、そういった様々な積み重ねをうすっぺらな論拠でないがしろにするのはやめろ!

そんなことだから、地元もアメリカ政府もしびれを切らしているのだ。

普天間移設受け入れ、名護市が撤回を検討 読売新聞より

米が対日政策で異例の協議、「普天間」で焦燥 読売新聞より

このままいったら、何もかもご破算になって、普天間はそのまま、地元とアメリカ政府に不信の種をまいただけという結果に終わるぞ。
さらに米軍再編の一環として海兵隊のグアム移転も含まれてるけどそれも白紙だな。

さすが友愛外交、みんな大喜びw

人気ブログランキング参加中!人気ブログランキングバナー小

FC2ブログランキング参加中!FC2ブログランキングバナー



関連記事
スポンサーサイト





コメント

  1. | URL | kU3g/2a6

    Re: 普天間で迷走する民主

    二転三転どころじゃ有りません。地元?言われるように市長選で決まって居たのをマニフェストで引っくり返す?リーダーが不在、何が国益なのかを理解していない。
    アメリカ軍の徹収を求めるなら日本がキチンと準備をしてからにしてほしい。口だけの抵抗では屁の突っぱりにもならない。

  2. うさ | URL | kLoia8aY

    どうしても沖縄を中国に切り売りしたい民主党

    外交は信頼関係に基づいた約束で成り立っているわけで、
    政権が替わったから反故にしていいってものじゃありません。
    最初から「日米同盟堅持」と言っていれば、
    「もうちょっと待って」「しょうがねえな」で済んでいたのに。
    「東アジア共同体」なんて気持ち悪いこと言って浮かれてるから、
    怒ったアメリカが、最初に切ってきたカードが、普天間移設の催促。

    民主党の「沖縄ビジョン(笑)」は、
    http://www.dpj.or.jp/okinawavision/
    沖縄に「3000万人の特亜をステイ(笑)」させ「選挙権を与え」
    「地方分権の名の元に政治的に切り離す」という3点セットで中国に割譲。
    さらにビッグチャンス!今ならもれなく東シナ海ガス田のおまけ付き。

    その下準備に、マスコミとプロ市民がさわいで、
    「沖縄県民が米軍立ち退きを望んでいる」風に見せかけ、
    国民の世論を操作し、邪魔な米軍を沖縄から排除したいわけです。

    沖縄県は日本です。そして国防の最重要拠点です。
    できることなら代わって差し上げたい。
    でも、地理的な問題でそういうわけにはまいりません。
    沖縄県民の皆様には、たとえご迷惑であっても、
    (心ある沖縄県民がそんなことを思っているとは思えませんが)
    米軍基地を今後ともよろしくお願いいたします。

  3. グリッティ | URL | l7H4TccY

    皆様コメントありがとうございます。

    猪様
    >アメリカ軍の徹収を求めるなら日本がキチンと準備をしてからにしてほしい。

    日米対等というのは軍務的にも対等でなければならないとどうして思わないんでしょうね。


    うさ様
    >「東アジア共同体」なんて気持ち悪いこと言って浮かれてるから

    うかれた状態がデフォみたいですよw

    >さらにビッグチャンス!今ならもれなく東シナ海ガス田のおまけ付き。

    もちろん尖閣諸島もついてきます。

    >米軍基地を今後ともよろしくお願いいたします。

    もし遠い未来に米軍が撤収することがあっても自衛隊の基地をお願いします。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://andreagritti.blog112.fc2.com/tb.php/687-9a0bb00f
この記事へのトラックバック


最近の記事