小沢氏、地方参政権付与に賛成

2009年09月20日 19:58

以下共同通信より引用

小沢氏、地方参政権付与に賛成 党内意見集約へ

小沢氏、地方参政権付与に賛成 党内意見集約へ
 民主党の小沢一郎幹事長は19日夕、党本部で李明博韓国大統領の実兄の李相得韓日議員連盟会長らと会談し、在日韓国人ら永住外国人への地方参政権付与について「賛成だ。通常国会で何とか目鼻を付けたい」と述べ、来年の通常国会中に党内の意見集約を図りたいとの考えを示した。

 会談に同席した川上義博民主党参院議員は共同通信の取材に「通常国会で政府が法案を提出する流れになるのではないか」と指摘した。

 参政権付与をめぐっては、鳩山由紀夫首相は民主党代表として衆院解散後の8月の党首討論会で「(党内に)賛否両論あり意見集約の最中だが、将来を考え、もっと前向きになるべき時が来ている」と話している。

 ただ、連立を組む国民新党は8月、綿貫民輔代表(当時)が「国民新党は、国家の存在を揺るがしかねないということで反対だ」と話しており、連立与党内での調整は難航しそうだ。

 参政権付与をめぐっては、民主党は2009年の政策集に「結党時の基本政策に『早期に実現する』と掲げており方針は引き続き維持する」と掲載しているが、衆院選マニフェスト(政権公約)では見送っている。

2009/09/20 00:01 【共同通信】


以上引用終わり

はいはい来ましたよー
マニフェストにも書いてなかったのにね。

うちの投票は確かに公平なものではないだろうけど、今の時点で94.7%が参政権付与に反対だ。
産経新聞のネットアンケートでも95%が反対となっておりほぼ同様の数字だった。
ソース http://sankei.jp.msn.com/politics/policy/090827/plc0908271948002-n1.htm

これはつまり、積極的に情報を得ようとする層は圧倒的に反対だということではないか?
知れば知るほど反対ということになる。

最近のいわゆる世論調査ではこの案件は取り上げられていないが、10年近く前の読売調査でも65%程度が反対であったと記憶している。(残念ながらソースは見当たらず)

以上のことから国民の過半は反対であり、内容をよく知れば大多数が反対になるシロモノだということがわかる。
にもかかわらず地方参政権付与を推し進めるのはいかなるわけだ?

永住外国人が希望している?
ばかを言っちゃいけない。
これは日本国の主権の問題。
これを決めるのは日本人の意思であって、外国人の希望ではない。
当の日本人が反対しているものをなぜ外国人の意向で導入しなければならないのか?

地方くらいいいじゃない?
ばかを言っちゃいけない。
選挙権の次は被選挙権、地方の次は国政と要求がエスカレートするのは火を見るより明らか。
関連記事 民潭 被選挙権までも
与えたものをなくするのは非常に困難なんだぜ。

税金払ってるから?
ばかを言っちゃいけない。
じゃあおれ選挙権返上するから税金も免除してくれよって言ったら通るか?通るわけないよな。
つまりその二つは関係ない。
税金は公共サービスの対価である。

日本人として共に歩まんとする外国人は大いに歓迎だ。
しかし、日本のおいしいところだけをつまもうという輩は叩き出すべきだ!
参政権付与は断じて認めてはならない!

人気ブログランキング参加中!人気ブログランキングバナー小

FC2ブログランキング参加中!FC2ブログランキングバナー



関連記事
スポンサーサイト





コメント

  1. | URL | kU3g/2a6

    Re: 小沢氏、地方参政権付与に賛成

    韓国は在日に大統領・国会議員の選挙の選挙権を与えました。完全に在日は韓国人と認めたのです。日本は、その韓国人に無条件で地方選挙権を与える?日本人以上の権利が「在日特別永住許可」と言う「究極の世襲制度」と共に「日本」で特殊な権利が義務のない中で与えられている。

    日本人との「差」?2000年の歴史を共有し苦難を乗り越え、血を流し現在の日本が有る中で過去僅か60年の「来日」の歴史を振り回し、日本人以上の権利を要求する?おかしいことです。日本人と同じでなく、外国人として生きるのが嫌なら帰国すべきでしょう。それでなくても東京・横浜に出かけると中国語案内ハングル案内には抵抗感を覚えます。

  2. うさ | URL | kLoia8aY

    意味ねぇ~、人として。

    マニュフェストに載せなかったってことは、
    民主党的に「優先順位」が低いってことでしょ?
    それが、真っ先ってどういうこと?

    「やる」つったことができなくて、「やらない」ってことが先なの?
    高速無料化は?官僚の改革は?子育て支援は?何にもできてねえくせに。
    大体、外国人の参政権が「国民の生活」と関係ある?
    お試し政権の分際で空気読めっての!バッカじゃねえの?

    まあ、元々民主党に「言質」とれないって知ってたけど。
    「私達はやります!」「180度回頭!」って、笑わせやがる。
    なに?このぐにゃぐにゃ感。意味ねぇ~、人として。

    バカだね、小沢も。こういうことはこっそりやるもんだ。
    つまり、公明党あたりから法案出させて、
    のっかるという図式ができたということね?うかつなことよ。
    すでに国民が頭にきてるの分からないのかね。

    今度は政権与党ですから、逃がしませんよ。
    違憲立法と不法行為の責任をきっちりとってもらうぞ。

  3. グリッティ | URL | l7H4TccY

    皆様コメントありがとうございます。

    猪様
    >韓国は在日に大統領・国会議員の選挙の選挙権を与えました。完全に在日は韓国人と認めたのです。日本は、その韓国人に無条件で地方選挙権を与える?

    国政は祖国で、地方は日本でとかいうのでしょうか。
    虫が良すぎます。

    >過去僅か60年の「来日」の歴史を振り回し、日本人以上の権利を要求する?おかしいことです。日本人と同じでなく、外国人として生きるのが嫌なら帰国すべきでしょう。

    歴史振り回しまくってますね。
    要するにうまい汁だけを吸おうという魂胆でしょう。
    唾棄すべき態度ですね。


    うさ様
    >お試し政権の分際で空気読めっての!バッカじゃねえの?

    (笑)

    >すでに国民が頭にきてるの分からないのかね。

    これはさすがに通させませんよね。

    >今度は政権与党ですから、逃がしませんよ。

    マスコミさんもそのうち矛先変わりますからね。
    権力握ると。

  4. (^o^)風顛老人爺 | URL | -

    外国人参政権に断固として反対致します!

    拝復、管理人様

    外国人参政権に断固として反対致します!

    その狙いである在日外国人のうち在日朝鮮人は韓国にて2012から在外朝鮮人の投票が可能になりますそちらを利用されよ。

    在日朝鮮人は日韓双方で選挙権を有する特権階級になります言語道断です!
    何世代に渡り居座っていても在日外国人は在日外国人に過ぎない税金は社会資本の使用料です参政権とは無関係である。

    在日外国人参政権付与に断固 反対のメッセージを民主党本部 首相官邸 自民党本部 電子政府の総合窓口 各省庁 マスコミテレビ局新聞社出版社 、ニュース番組のスポンサー会社に更にはニュースサイトのコメント欄に、各議員諸氏のサイト及び事務所にどしどしと送っております電話で ファックスで 手紙で メールにて。

    著しい危険性を伴い日本乗っ取りに直結する在日外国人参政権付与に反対の皆々様。

    力をお貸し下さい。
    日本の主権者は国民一人一人であります、その行動と意志表示があってこそ高信頼社会であり高信頼国家である日本が存在します。

    管理人様、この場をお借りする失礼をお許し下さい。
    m(_ _)m乱文にて 敬具

  5. (^o^)風顛老人爺 | URL | -

    日本崩壊に直結する外国人参政権に断固 反対します!

    拝啓、管理人さん
    日本崩壊に直結する外国人参政権に断固 反対します!(怒)

    付記URLから 外国人犯罪の増加から分かること と云う元警視庁通訳捜査官である板東忠信氏の実体験に基づいた記事が掲載されております外国人参政権の著しい危険性も触れております。

    宜しければご覧下さい。
    日本が共にあらん事を!

    乱文にて 敬具

  6. (^o^)風顛老人爺 | URL | -

    暗黒大陸シナの暗部が露呈しました!

    拝啓 管理人様

    お久しぶりであります。

    度々、お題外れの書き込み失礼致します。

    以前に紹介しました元警視庁通訳捜査官 坂東忠信氏の公式サイト『外国人犯罪の増加から分かること』http://taiyou.bandoutadanobu.com/が更新され暗黒大陸シナの暗部の一つ 人肉市場が露呈しました。
    民主党の友愛及び東アジア共同体構想にて推進するシナ人日本受入は相手国シナの現状を鑑みるなら自殺行為であります。

    残酷な18禁記事ですが宜しければ御覧下さい。

    僭越乍m(_ _)m乱文にて 敬具

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://andreagritti.blog112.fc2.com/tb.php/650-4a5b79c9
この記事へのトラックバック


最近の記事