ドラマにまで難癖

2009年07月19日 13:14

以下京都新聞より引用

司馬作品「坂の上の雲」考える 京大でシンポ ドラマ化を批判

 NHKが11月から放映を計画しているドラマ「坂の上の雲」を考えるシンポジウムが18日、京都市左京区の京大会館で開かれた。近代史の研究者やメディア関係者が「日本の朝鮮侵略に触れず、日露戦争を『祖国防衛戦争』として描く作品だ」としてドラマ化を批判した。

 「坂の上の雲」は作家の故司馬遼太郎さんの代表作の一つで、日露戦争をテーマにした歴史小説。シンポは、趣旨に賛同する市民や有識者でつくる実行委の主催で、約200人が参加した。

 日朝関係などの日本近代史が専門の中塚明・奈良女子大名誉教授が講演で「『坂の上の雲』は、日本が朝鮮に何をしたか語らず、朝鮮の抗日運動にも触れていない。著者の『映像化してほしくない』という遺志に反してのドラマ化はおかしい」と指摘。元京都府立大学長の井口和起・府立総合資料館長や神谷雅子・京都シネマ代表らによるパネル討論では「日本では戦中、戦争協力にメディアが使われた。なぜ今NHKがドラマ化するのか議論を巻き起こさないといけない」などとの意見が出た。


以上引用終わり

確か司馬先生は歴史小説を書くにあたって次のようなことをおっしゃっていた。
“乾いて”いないと書くことができないと。
昭和の時代は現代人にとってまだまだその時代を実際に見聞きした人も存命されているので、“生々しく”、小説を書くことはできないと。
そういった意味では明治が舞台の「坂の上の雲」は、司馬先生にとってぎりぎりの“乾いた”時代なのだろう。

またこれは憶測だが、“生々しい”時代を書くと引用記事のような輩が難癖付けてくることも考慮に入っていたのではないかと思う。

「『坂の上の雲』は、日本が朝鮮に何をしたか語らず、朝鮮の抗日運動にも触れていない。著者の『映像化してほしくない』という遺志に反してのドラマ化はおかしい」と指摘。

「坂の上の雲」は明治日本の志が主題の小説だと思う。
明治維新から世界に追い付こうとがむしゃらに努力研鑽し、駆け抜けていった日本人の姿を、坂の上に浮かぶ雲をつかむため駆け上がる様にたとえている小説だ。

そのクライマックスとして、大国ロシアと対峙し辛くも退ける偉業を描いている。
これは世界史的に見ても、近代以降、有色人種が初めて白人を破った記念碑的戦いで、世界に大きな影響を与えた。
日本人として誇っていい出来事だ。

つまりそれが気に入らないんだろ、こいつら。
日本人が近代史に興味を持ち始めたら、朝鮮にとっちゃ都合悪いもんな。
それを故人の遺志とか持ち出しやがって、話のすり替えも甚だしいんだよ!

司馬先生はこういう騒ぎになるから映像化を嫌ったんだよ。
お前らせい、わかる?
亡くなられたら、どうこう言われることもないから別にいいんだよ。

「日本の朝鮮侵略に触れず、日露戦争を『祖国防衛戦争』として描く作品だ」としてドラマ化を批判した。

対馬が一時ロシアに占拠されたことだってあるんだぞ。
祖国防衛じゃなくてなんだっていうんだ。
防衛じゃなかったら、10倍の国力差があったロシアと、日本が事を構えるわけないだろ。

侵略されると平身低頭して、その国に事大してきた民族には、祖国防衛って意味そもそもわかんないかなw

人気ブログランキング参加中!人気ブログランキングバナー小

FC2ブログランキング参加中!FC2ブログランキングバナー



関連記事
スポンサーサイト





コメント

  1. | URL | kU3g/2a6

    Re: ドラマにまで難癖

    当時の日本の環境から見れば「併合」は負担で有ったでしょうが、ロシヤに朝鮮半島を取られるのは、現在のアメリカと中国が韓国・北朝鮮で「しのぎ」を削ってる状況より深刻なものでしょう。

    未だこの人たちは「併合」と「侵略」の意味が判らないのでしょう?大学に行けばバカに成るよと祖父が云って居たが、正にこの様な人間に成って仕舞う事を云
    ったのでしょう。「ドラマ」が韓国では真実に成りますから気になるのでしょう。

  2. グリッティ | URL | l7H4TccY

    猪さん

    コメントありがとうございます。

    >「ドラマ」が韓国では真実に成りますから気になるのでしょう。

    有力な証拠と認められてますねw

  3. 与左衛門 | URL | 10kM2FLY

    Re: ドラマにまで難癖

    この反論には涙が出ます。よくぞ言ってくださいました。
    はたして、この本や時代背景を理解して批判しているのか?はなはだ疑問です。
    何でも、いろいろな見方があるのは理解できますが、批判の為の批判を繰り替えす輩が多すぎます。

    自分のガンまで商売にして、訳のわからない批判を繰り返す人まで現れる風潮を嘆きます。

  4. うさ | URL | kLoia8aY

    ドレミファビョン♪

    誇り高き日本の歴史に対して、奴隷民族がまたしても火病。
    羨ましくて、憎くて、悔しくてたまらないのだろうな・・・
    怠惰で、傲慢で、嫉妬深くて、卑屈で、矮小で、品性も誇りもなく、
    約束を破って、嘘をつく、醜いチョンって、毎日どんなキムチだろう?
    朝鮮糞島に生まれなくて、本当によかった。
    日本人に生まれることができて、本当によかった。

    奴隷身火病(ドレミファビョン♪)は、後でまとめて強制送還するとして、
    NHKだけには、日本の歴史を触らないでほしい。いや、触るな。
    司馬遼太郎さんの心・日本人の魂を汚辱しかねない。いや、絶対する。

    我が家のテレビは、アンテナの故障でNHKが映らなくなりました。
    ここぞとばかりに、受信料の支払い停止の申請をいたしました。

    法的に保護され、莫大な受信料を徴収しておきながら、
    制作が面倒だからと韓国ドラマを放送、韓流ブームのお先棒を担ぎ、
    NHKスペシャル「アジアの"一等国"」では、
    日本の侮辱にとどまらず、親日国・台湾に対して無礼の数々。
    これに抗議しようとして集まった人達を入らせないように、
    NHK敷地内を走る公共交通機関であるバス路線を一方的に遮断。
    言論・表現の自由を尊重するという気配すらない。
    抗議に対する回答にも「全く偏向なし」などとうそぶきおる。
    国営放送の立場にありながら、おのれ・・・ NHKだけは断じて許せん!

  5. グリッティ | URL | l7H4TccY

    与左衛門さん

    コメントありがとうございます。

    >批判の為の批判を繰り替えす輩が多すぎます。

    まず批判ありきですからね。

    >自分のガンまで商売にして、訳のわからない批判を繰り返す人まで現れる風潮を嘆きます。

    脳と精神はずいぶん前から病気だったんでしょう。
    そして日本のガンでもあります。

  6. グリッティ | URL | l7H4TccY

    うささん

    コメントありがとうございます。

    NHKは国営放送じゃなくて公共放送なのです。
    むしろ国営だったら政府の管理下に置けてまだまともだったでしょう。
    中途半端な公共という立ち位置で、変な権威が付いているからたちが悪い。

    こんな記事を書いたこともありました。
    「NHK受信料は独禁法違反」
    http://andreagritti.blog112.fc2.com/blog-entry-79.html

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://andreagritti.blog112.fc2.com/tb.php/600-709411cf
この記事へのトラックバック


最近の記事