ウイグル人虐殺許すまじ

2009年07月11日 17:17

以下産経新聞より引用

【ウイグル暴動】ウイグル族の死者は3000~1000人 カーディル議長
2009.7.11 01:24
 【ワシントン=古森義久】中国の新疆ウイグル自治区での暴動について、「世界ウイグル会議」のラビア・カーディル議長は10日、米連邦議会の構内で記者会見し、「中国当局はウイグル人の死者数を150余人と発表しているが、われわれが現地から得た情報では1000から3000人に達する」と言明した。

 カーディル議長は「中国当局の武力弾圧や漢族中国人の攻撃により殺されたウイグル人は各地からの未確認情報を総合すると、5日から現在までで、最大3000人にも及ぶと私たちはみている」と述べた。


以上引用終わり

東トルキスタンで発生した中共と漢族による大量虐殺で多くのウイグル人の命が失われた…
無念にも命を落とされたウイグル人方々に心から哀悼の意を表する。

この事件発生の経緯がまるでウイグル人のデモから始まっているように伝わっている面もあるように思う。
端的にまとめてみると

広東省の玩具工場で働くウイグル人が漢族の女性を襲ったというデマが流れる。

その工場の元従業員の漢族が「工場で6人のウイグル族が少女2人を強姦(ごうかん)した」などとネット上にうその書き込み

このうそに扇動された漢族が多数でウイグル人の寮を襲撃乱闘となる

双方合わせて100人以上の負傷者をだし、2名のウイグル人が死亡

襲撃者の漢族への処分がうやむや

怒ったウイグル人がデモ

ソース ウイグル族従業員を集団移転 騒乱発端の広東省玩具工場 朝日新聞
     広東省公安、ウイグル暴動引き起こした殴打事件で犯人に厳罰の方針―中国 レコードチャイナ
     ウイグル暴動引き金の工場乱闘事件で13人を拘束 地元公安当局 産経新聞

発端は漢族及び中共にあるし、ウイグル人のデモも平和的なものだった。

ここまでの情報はまだ日本の新聞各紙も報じてくれてはいる。
ではなぜウイグル人が遠く離れた広東省に働きに出なければならなかったのか?
遠い広東省

表向きは余分な労働力の移送ということで、最初は若い女性のみを強制的に東トルキスタンから移住させ、働かせていた。
その労働証明がないと結婚することすら許されなかったという。
最近ではカモフラージュのため若い男性も移送するようにはなった。
これがウイグル人が遠く離れた広東省で働いていた理由である。

その一方で多くの漢族を東トルキスタンの地に送りこんだ。

これは全て東トルキスタンの地を漢族のものとする策略だ。

若い女性をウイグル人のいない土地に送る事によって漢族との婚姻を進めるというおぞましい同化政策。

関連記事 ウイグル人女性の中国本土への強制連行
ソース 強制連行されたウイグル人と地元の漢人らが広東省の工場で衝突 世界ウイグル会議

このほかウイグル人の同士の胎児を、人口政策という名目で強制堕胎。
度重なる核実験。
独立派、政治運動者等への苛烈な抑圧、処刑。

関連記事 東トルキスタンに平和と自由を
参照 中国核実験で19万人急死、被害は129万人に 札幌医科大教授が推計 産経新聞

これらの怒りが、玩具工場の件で爆発したのだ!
誰がウイグル人を責めることができよう。


そのデモに対して中共や漢族は力による抑え込みを行った。

インターネット上にはその様子を収めた様々な動画もUPされているが、その中でも信頼性の極めて高いものを2つ。

フランスの公共放送F2


肝心なところで切れてしまっているが(恐らくは中共の規制)、1分53秒のところから銃声のような音が聞こえます。

イギリスBBC


ウイグル人は平和的にデモをしている。
無抵抗の人に暴力を加えているのは中国警察だ。
BBCのカメラは警察に見つかりそうになって慌てて逃げているのがよくわかる。

実際現場ではもっと血なまぐさく、凄惨な暴力が行われた。
以下のように。

暴徒化した群衆のスローガンを叫ぶ声が聞こえ、イスラム教徒のウイグル人男性3人が必死で走り出した。

 数十人の漢民族が「捕らえろ!殴れ!殴れ!殴れ!」と叫び声を上げ、3人のウイグル人を追いかけ始めた。

 2人は無事逃げ延びることができた。

 しかし、1人は不運にも捕まった。30秒間もの恐怖の時間、ウイグル人の男性は地面に横たわり、6人の男に繰り返し蹴りつけられた。数十人の漢民族らがその様子を眺め、蹴りつけている男たちをはやし立てる叫び声を上げた。パーマをかけた30代の女性が横たわる男性を蹴りつけ、まもなく警官が暴行を制止に入った。

 警官は、群衆を遠ざけただけで、襲撃者らを拘束する様子はなかった。ウイグル人の男性は顔が血まみれになり、苦悶の表情で横たわっていた。

 ウイグル人を襲撃した6人の男たちは、襲撃の直前に、5日に起きた暴動で死亡したとされる漢民族の遺体写真を掲載した政府系新聞を眺めていた。

 そして、写真を見つめながら、男の1人が「ウイグル人を殺せ」と言った。

ソース 取り囲まれ襲撃されるウイグル人、ウルムチ AFP
リンク先に暴行の画像あり

人の土地に勝手に上がり込んで先住者を抑圧粛清し、横暴の限りを尽くす中共の対して、我々は声を上げなければいけない。
トルコ・エルドアン首相のように。
「(ウイグル族に対する)大量虐殺のようだ」と厳しく批判、中国政府に適切な対応を要請した。
ソース 【ウイグル暴動】トルコ首相「大量虐殺のようだ」 産経新聞

トルコは国内に多くのウイグル人が居住しているため、強硬な対応となっている面はある。
にしてもだ、一つの民族を消し去ろうというもくろみを座してみていることは、それもまた犯罪的ではないか?
日本政府と国際社会の一刻も早い対応を望む。

東トルキスタンをウイグル人の手に!

東トルキスタン

人気ブログランキング参加中!人気ブログランキングバナー小

FC2ブログランキング参加中!FC2ブログランキングバナー



関連記事
スポンサーサイト





コメント

  1. | URL | LceF..qk

    Re: ウイグル人虐殺許すまじ

    写真の漢人の団体を見ると「漢人」が暴徒ですね。人口も漢人が大勢を占めて居る、完全な弾圧です。

  2. 吉岡 | URL | JnoDGgPo

    報道と真実の乖離

    私は最初は、死亡者の数を、新聞発表そのままと迂闊にも信じていました。しかし、あの支那政府のやることですから、ウソが含まれていると考えねばなりませんね。報道は官製で、通信は規制されている。このことはその裏には、大きな、国家規模の不正義が隠されていることの証左でしょう。わかりやすく且つ、丁寧な記事構成有り難うございます。

  3. うさ | URL | kLoia8aY

    216年に一度の「蝕」 中共がウイグルに来たりて「降魔の儀」を執り行う

    中国共産党だけは、本当に笑えない。
    建国からわずか60年で、8000万人を虐殺した中国共産党。
    それに飽き足らず、なおも周辺諸国で陵辱・殺戮し続ける中国共産党。
    中共は、もはや人ではないのかもしれない・・・ 「人類」の敵である。

    1995年、オーストラリアのハワード首相との会談で、
    中国の李鵬首相が言った言葉。
    「日本などという国は20年後には消えてなくなる」

    あれから14年。
    日本のマスコミはNHKに至るまで、完全に乗っ取られて、
    日本でぶっちぎりの犯罪件数を誇る中国人のニュースは皆無。
    「そろそろ帰ろっかな。えっと、荷物まとめたし、
     航空券は取ったし・・・ あ、あと殺人、殺人っと。」

    軍隊とか使わないで「日本征服」とか、超ウケるんですけど~。
    「国籍法改正」=気持ちイイコトして日本国籍をGETしちゃおう!
    「移民の受け入れ」=仲間も呼んで、日本でガッポリお金儲け!
    「人権擁護法案」=中国人の悪口を言う日本人は全員逮捕ですからwww

    「ウイグルはこれでよし、と。さて、次は台湾だな。待ってろよ、日本。」

    私たちに残された時間はあとわずか・・・

  4. グリッティ | URL | l7H4TccY

    猪さん

    コメントありがとうございます。

    弾圧であり、虐殺であり、侵略です。

  5. グリッティ | URL | l7H4TccY

    吉岡さん

    コメントありがとうございます。

    >このことはその裏には、大きな、国家規模の不正義が隠されていることの証左でしょう。

    そうですね。

    >わかりやすく且つ、丁寧な記事構成有り難うございます。

    恐れ入ります。

  6. グリッティ | URL | l7H4TccY

    うささん

    コメントありがとうございます。

    >「人類」の敵である。

    まさしくそうですね。

    >「ウイグルはこれでよし、と。さて、次は台湾だな。待ってろよ、日本。」

    ウイグルもチベットも台湾も独立して、それらすべての国と同盟を結びたいですね。
    反中共同盟。

    >私たちに残された時間はあとわずか・・・

    間に合いますよ。きっと

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://andreagritti.blog112.fc2.com/tb.php/595-75f870c2
この記事へのトラックバック


最近の記事