金総書記「私は国民のために犠牲を払っている」だと

2009年06月10日 12:41

以下AFPより引用

金総書記「私は国民のために犠牲を払っている」、北朝鮮国営ラジオ

【6月8日 AFP】北朝鮮の国営ラジオは8日、金正日(キム・ジョンイル、Kim Jong-Il)総書記が、家族との時間や休日を返上して国家のために尽くしていると報じた。

 韓国の聯合(Yonhap)ニュースが聴取した北朝鮮の国営ラジオによると、金総書記は、2月16日の67歳の誕生日の際に、「休日をとり、家族といっしょに休憩したいという欲があることは否定できないが、国民の生活を心配に思う気持ちがあまりに強く、それはできなかった」と語った。08年12月から09年2月半ばまでの期間のうち、およそ2か月分の日数を視察に費やしたのだという。

 金総書記は前年8月に脳卒中に見舞われたとみられており、最近撮影された写真では、やつれ、以前よりも年老いて、やせ細った姿が写されている。しかし、北朝鮮の国営メディアによると、金総書記は今年に入ってから、公式の場に出席する頻度を3倍に増やしたという。同メディアは、金総書記が「人間は鉄で出来てはいないのだから、体をいたわらなければならない。しかし、わたしにはそのような時間がないのだ」と視察中に語ったと伝えた。

 4月5日のロケット発射から2日後の報道では、資金を、人びとの生活の向上のためではなく、ロケットの発射に使用しなければならないことに金総書記が「むせび泣いていた」と報じられた。金総書記は、「それでも、国民は分かってくれるはずだ」と語ったという。

 北朝鮮は、1990年代に飢饉(ききん)に見舞われ、数十万人が死亡した。現在も、深刻な食糧不足を軽減するために、外国からの食糧支援に頼らざるを得ない状況だ。(c)AFP


以上引用終わり

北朝鮮国民の同情を買おうとでもいうのか、こんな三文芝居で。

およそ2か月分の日数を視察に費やしたのだという。

視察しようが

むせび泣いていた

泣こうが

そんなことは何の関係もない。

北朝鮮国民を助ける気があれば、豚のように太る原因になった食料を分け与えればいいだけ。

1990年代に飢饉(ききん)に見舞われ、数十万人が死亡した。

餓死の危険にある国民は、幹部だけがお腹が出ているのを“幹部腹”といって、偉くなったらそうなるもんだと思っているそうだ。

ただの食べ過ぎなのにな…

金正日をはじめ一部の幹部を食わせる為に、北朝鮮国民の困窮も、ミサイルと核兵器の問題も、拉致問題も発生しているという事。

いつまでこんなバカげたことを続ける気だ?国際社会は。

人気ブログランキング参加中!人気ブログランキングバナー小

FC2ブログランキング参加中!FC2ブログランキングバナー



関連記事
スポンサーサイト





コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://andreagritti.blog112.fc2.com/tb.php/571-e24bed89
    この記事へのトラックバック


    最近の記事