きゅーじょーのかい

2009年06月03日 23:08

以下朝日新聞より引用

「九条の会」発足5年記念、大江健三郎さんが講演
2009年6月2日23時0分

 憲法を守ろうと活動する「九条の会」が2日、発足から丸5年となったことを記念して東京都千代田区の日比谷公会堂で講演会を開いた。呼びかけ人の一人で、昨年末に亡くなった加藤周一さんの志を受け継ごうと、壇上には加藤さんの写真が掲げられた。

 講演した作家の大江健三郎さんは「核保有国と非核保有国との間に信頼関係がなければ、核廃絶は始まらない」という加藤さんの指摘を紹介。「そんな信頼関係などあるものかと笑いを浮かべた人もいるでしょう。例えば北朝鮮との間に。でも私は日本としてのやり方はあると思う。私たちが不戦の憲法を守り通す態度を貫くなら、信頼を作り出す大きな条件となるのではないか」と語った。


以上引用終わり

そんな信頼関係などあるものかと笑いを浮かべた人もいるでしょう。例えば北朝鮮との間に。でも私は日本としてのやり方はあると思う。私たちが不戦の憲法を守り通す態度を貫くなら、信頼を作り出す大きな条件となるのではないか

なるほど
じゃあ

手始めにナイフを持った、こんなこと言う人と信頼関係を結べるかどうか、やってみてくれる?

被害者への思いを問われると、「ライオンがシマウマを食べるとき、ライオンはシマウマに何か感じるでしょうか」
ソース 「ライオンはシマウマに何か感じるか」…土浦8人殺傷で被告人質問 産経新聞より

もちろんできるんだよねw

人気ブログランキング参加中!人気ブログランキングバナー小

FC2ブログランキング参加中!FC2ブログランキングバナー




関連記事
スポンサーサイト





コメント

  1. 70代の青年 | URL | kU3g/2a6

    Re: きゅーじょーのかい

    現状では大江健三郎とは住む世界が異なりますから理解出来ませんが、最初の頃は戦争に負けて悔しい・進駐軍からガムを欲しがる同級生を見て情けない~と感じた時も有った様な本を出して居ました。

    私自身も感じやすい年齢でしたから乞食ではないのに小学生が集まるのを苦々しく見て居ましたが、ジープで乗りつけ野球の指導してくれた事で敵視はしなく成りました。いい加減なものです。

    核保有国と非核国との信頼関係など有るなどと口に出来るのは「喧嘩」も出来ない連中の戯言です。腕力が有れば「従えさせる」これが動物の本能、人間は動物の王者です。こんな事も判らないでも生きていける日本は天国でしょう。

    大江君に日本の悪口を言わないで信頼関係を結ぶ方法が有れば、爆弾作家なのですから教えていただきたい。条件と方法が有るのです?土下座・降参・献金以外に有るのか聞いてみたいですね。それにしても無責任で平和な人達です。

  2. グリッティ | URL | l7H4TccY

    70代の青年さん

    コメントありがとうございます。

    >こんな事も判らないでも生きていける日本は天国でしょう。

    ほんといい国です。ある意味では。

    >それにしても無責任で平和な人達です。

    全くです。
    国民の生命と財産を預かる身になったら、「思う」とか「ないか」では政治はやってられません。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://andreagritti.blog112.fc2.com/tb.php/567-a6a7e47c
この記事へのトラックバック


最近の記事