筋の通らない民主代表選

2009年05月13日 12:58

以下産経新聞より引用

【ポスト小沢】民主代表選は一騎打ちの様相 小沢氏、露骨に“圧力”

 民主党は12日夕の衆参両院議員総会で、16日に都内のホテルで両院議員総会を開催し、辞任表明した小沢一郎代表の後任を選出することを正式決定した。投票は現職国会議員だけで行う。これまでに鳩山由紀夫幹事長(62)が代表選出馬の意向を固めたほか、中堅・若手を中心に期待が高い岡田克也副代表(55)も14日に記者会見し、正式に出馬表明する。一方、小沢氏は鳩山氏を推しているとみられ、鳩山グループのほか小沢氏に近いグループなどからも支持の声が強い鳩山氏が有利な情勢だ。

 ■「4人組」に反論

 12日午前の党役員会。代表選の投票権者の範囲について、執行部案の国会議員だけではなく、次期衆院選の公認候補や党員、サポーターにまで広げるべきだと主張した政調会長代理、長妻昭らに対し、小沢は語気を強めて反論した。

 「反対は4人だな! 長妻君、君の言っていることは違う。選挙の前に有権者を広げるなんてことは民主主義としてはいけない

中略

 投票権者の拡大については、役員会に続き開催された常任幹事会でも副代表の北沢俊美が言及したが、このときも小沢は「北沢先生ともあろう方が、こんなことを言うとは信じられない」と発言を封じた。

中略

今回の小沢の感情もあらわな反応はなぜなのか。党長老は、後継に鳩山を据えたい心情の表れだとしてこう解説する。

 「一般人や公認候補が入れば岡田が有利になるからだ。小沢は正論を言っているつもりだろうが、意図は丸見えで子供っぽいなあ」

以下略


以上引用終わり

民主党のHPにはこう書いてある。

○党員は、代表選挙で投票することができます。
○サポーターは、代表選挙で投票することができます。


民主党HPより http://www.dpj.or.jp/sub_link/volunteer/index.html

党員は年6,000円、サポーターは年2,000円支払って、民主党の活動を支えているわけだが、上記の約束は一度しか果たされたことがない。

民主党代表選挙
民主党代表選挙
※クリックすると大きくなります。

wikiからだが2002年の代表選以来、民主党の代表選挙は国会議員のみの投票か、無投票で決着している。
これは党員やサポーターに失礼ではないか?

確かに、任期の途中で代表をおりた場合、国会議員のみの選挙で選ぶことも可と民主党の規約ではなっているが、それはあくまで例外と言うべきだろう。

参照 http://www.dpj.or.jp/governance/policy/index.html 民主党HP

民主党規約 第1条7 任期途中で代表が欠けた場合には、代表選挙規則にもとづく選挙によらず、両院議員総会において代表を選出することができる。この場合、新たに選出された代表の任期は、欠けた代表の残任期間とする。


今回の代表選挙では、内部からも
代表選の投票権者の範囲について、執行部案の国会議員だけではなく、次期衆院選の公認候補や党員、サポーターにまで広げるべきだと主張
という声が上がったにも関わらず、

選挙の前に有権者を広げるなんてことは民主主義としてはいけない

という、?な理由で封じられた。
ここでいう“選挙”とは総選挙を指しているのだろうか?
いずれにしてもなぜ民主主義としていけないのかさっぱりわからない。

ここでいわれているように、代表選挙に党員やサポーターの声を取り入れないのが、
一般人や公認候補が入れば岡田が有利になるからだ。
ということであるなら、その姿勢はいずれ選挙結果として民主党自身に返っていくだろう。

小沢氏の意中の人と言われる鳩山氏は、小沢代表を幹事長として支えてきたわけだから、今回の辞任劇に際して当然責任がある。
本来代表選挙に出てはいけない人だ。

規約や党員・サポーターの声をないがしろにし、道理や原則を捻じ曲げて行われる代表選挙ではやはり、筋の通らない結果しか生まれないであろう。

人気ブログランキング参加中!人気ブログランキングバナー小

FC2ブログランキング参加中!FC2ブログランキングバナー



関連記事
スポンサーサイト





コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://andreagritti.blog112.fc2.com/tb.php/550-4a15e888
    この記事へのトラックバック


    最近の記事