地方参政権ぐらい by鳩山幹事長

2009年04月19日 11:41

以下民主党HPより引用

鳩山幹事長、インターネット動画サイト「ニコニコ動画」の生討論会に出演

 鳩山由紀夫幹事長は17日夜、インターネットの動画サイト「ニコニコ動画」の生放送「ニコニコ生討論会~民主党は今後どうするか?~」に20時から出演。政治ジャーナリストの角谷浩一さんの司会進行で、同日衆院を通過した消費者庁設置法案や小沢一郎代表の秘書問題、さらには民主党の緊急経済対策などの現在の政治問題から、民主党が考える日本の未来像や民主党の政権政策まで幅広く、ユーザーからのコメント書き込みや質問にも答えながら約100分間じっくりと語った。

中略

 また、永住外国人への地方参政権や民主党の沖縄ビジョンなど番組中にユーザーから寄せられた質問などにも答え、番組を締め括るにあたって鳩山幹事長は、厳しい意見も多いが、このようなネットの番組で皆さんの意見を聞いて議論をすることが大事であると感想を述べ、これまでも出席したことのある小沢代表にも番組に再度参加をすすめることをユーザーの方々へ約束した。


以上引用終わり

この生放送私も見ていたわけだが、今更ながら「永住外国人への地方参政権」について、この人の考え方には驚きを禁じ得ない。

以下鳩山幹事長の発言

「私は日本人が自信を失っていると。自信を失うと他の国の血が入ってくることを認めないという
社会になりつつあるな、と。それが非常に怖いと思っています。むしろ、その定住外国人の話など
は、税金を彼らは納めている訳ですよね、その地域に根が生えて一生懸命頑張っている人たちが
たくさんいる訳です。その人たちに、むしろ参政権ぐらいは与える度量の広さをね、日本人として持つべきではないかと」


敗戦により自信を失った日本人が、ようやく少しづつ本当の自信を取り戻しつつあるのが、今の現状だと思うのだが。
バブルのころの自信は、屈折したおごりでしかない。

税金と参政権は全く関係のないものだ。
政治家からこんな低レベルな話が出てくるとは…
納税の対価は公共サービス、安全で清潔な国に居住できるだけで、十分に対価は受け取ってます。

参政権ぐらいってどういうことだよ、ぐらいって。
もっとくれてやろうという魂胆が見え見え。



「この出生率の問題だけ考えてみても、もっと海外に心を開くということを行なわないと、世界に向けても尊敬される日本にもならないし、 また、日本の国土を守ることもできなくなってくると、そう思っていますから…」

移民すべてに参政権を与える気かよ。
そんな能天気な国はねーよ。
移民大国といわれるアメリカだって、永住権とっても参政権は与えられない。
出生率低下による人口減少と参政権の問題は全く別個のものだ。


「アメリカなんかそうでしょう?もう。私は、アメリカの良さはそういう度量の広さ、色の白黒の問題もありますけれどもそういった方々を全部乗り越えてね…」

オバマ大統領は黒人だがアメリカ人だ。
ルーツがアフリカであるだけで、本人もアメリカ国民もそのことに一片の疑念も持っていない。
他の黒人にしてもアメリカ人であることに誇りを持っている。

永住外国人に参政権を与えるということは、日本国籍を持たず、日本人であることに誇りを持たない人に日本の行政への参画を認めるということ。
これも全然別個のことだ。


「少なくとも韓国はもう認めている訳ですよね。彼らが認めていて我々が認めないというのは、非常に恥ずかしいと思いますね、私は」

おれも恥ずかしいよ。あんたが日本を代表する政治家で。

韓国は日本に在日韓国人の地方参政権を認めさせるために、駆け引きとして認めただけだろ。
永住外国人が僅かしか存在せず、(韓国には世界中にあるチャイナタウンすらない)永住日本人は300人ほどしかいない韓国にとっては、永住外国人の地方参政権など何の影響もない。


「日本列島は日本人だけの所有物じゃないんですから、もっと多くの方々に参加をしてもらえるような、喜んでもらえるような、そんな土壌にしなきゃダメですよ」

日本列島は日本民族だけのものではないかもしれないが、日本国籍を有する日本を愛する人々のものだ。
日本を愛する人々ならルーツはどこであろうと日本人は歓迎する。

自信とか度量とか友愛とか、イメージばかりで現実に立脚していない鳩山幹事長の話は、あぶなっかしくてとても政権は任せられないと再認識させてくれた。

そしてこの問題発言は今のところ、一度も報道されていない。



人気ブログランキング参加中!人気ブログランキングバナー小

FC2ブログランキング参加中!FC2ブログランキングバナー




関連記事
スポンサーサイト





コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://andreagritti.blog112.fc2.com/tb.php/530-d6e691e1
    この記事へのトラックバック


    最近の記事