時事通信さんニホンゴOK?

2009年03月12日 12:37

以下時事通信より引用

無利子国債・政府紙幣の検討表明=首相「いいことだ」

 麻生太郎首相は11日夜、自民党の議員連盟が提言した政府紙幣や相続税免除特典付き無利子国債の発行による景気対策について「100年に1度(の経済危機)ということでいろいろなアイデアが出てくる。いいことだと思う」と述べ、検討対象とする意向を明らかにした。首相官邸で記者団の質問に答えた。

 政府紙幣は日銀の意向に左右されず政府が発行できる「第2の紙幣」で、景気対策のための大規模な財源捻出(ねんしゅつ)が可能となる。相続税免除特典付きの無利子国債の発行は、高齢層の金融資産の活用につながるとされる。

以下略


以上引用終わり

えー国語の時間です。
以下の麻生総理の発言は、どういう意味でしょう?

「100年に1度(の経済危機)ということでいろいろなアイデアが出てくる。いいことだと思う」

①政府紙幣はいい案だ。検討する。

②いろいろなアイデアが出るのは、いいことだ。

③マスコミは捏造するから話したくない。

はい。正解は③ですね(笑)
というのは首相の心の声ですが。

どこをどう読んでも、②ですよね。
どうして「無利子国債・政府紙幣の検討表明=首相「いいことだ」 という記事タイトルになるの?
時事通信さん、ワカリマスカ?ニホンゴOK?
麻生総理の漢字の読解力をうんぬんする資格はなさそうですよ。

人気ブログランキング参加中!人気ブログランキングバナー小

FC2ブログランキング参加中!FC2ブログランキングバナー



関連記事
スポンサーサイト





コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://andreagritti.blog112.fc2.com/tb.php/500-e61fcf16
    この記事へのトラックバック


    最近の記事