マスコミの報じない麻生外交

2009年03月06日 12:57

世間が定額給付金だ!、小沢秘書逮捕だ!などと騒いでいる間にも、麻生政権は着実に外交での得点を稼いでいる。

例えば
麻生首相、露大統領に強硬姿勢 「具体的進展なければ関係つくれぬ」 3/4産経新聞より

「(北方領土問題を最終的に解決する)平和条約交渉に具体的な進展がみられなければ、大統領が提唱する日露のアジア太平洋地域でのパートナーシップ関係の構築はできない」と指摘し、強くクギを刺していたことが3日、分かった。これに対し、大統領はうなずき「検討する」と答えたという。

麻生総理が樺太に訪問したことを、樺太の領有を暗に認めてしまうと危惧する声もあったが、そのカードを放棄してもこちらも実をとればいい。
外交は一方の主張だけが通るわけではない。
ロシアと平和条約を結べるようになれば、極東でのバランスが変化し、中国、北朝鮮への圧力として大きく日本に寄与するだろ。

「尖閣諸島に安保条約適用」米国務省が公式見解 3/5読売新聞より

日本が攻撃された場合に米国が日本を防衛する義務などを定めた日米安全保障条約が尖閣諸島に適用されるかどうかの米側解釈の問題を巡り、米国務省は4日、適用されるとの公式見解を示した。

民主党・前原氏の質問に答える形で確認することになったわけだが、当たり前のこととはいえ、こういう言質がとれれば、中国への大きな牽制になる。

ミサイル発射なら北資産を凍結 日本政府 3/5産経新聞より

政府は5日、北朝鮮が長距離弾道ミサイル「テポドン2号」の改良型とみられる「人工衛星」を発射した場合、現行の制裁措置に加え、在日本朝鮮人総連合会(朝鮮総連)など北朝鮮関係団体の資産凍結や輸出制限措置を発動する方針を固めた。

在日朝鮮人は、北朝鮮の外貨獲得源となっており、この資産凍結は、北朝鮮にとってかなりの打撃となる。
当然ミサイル発射への牽制にもなり、これでミサイル発射を思いとどまるようなら、北朝鮮のカードをひとつ殺すことができる。

こうした一連の外交は、現在の世界情勢、アメリカ・ロシアの金融システム不安、中国の経済減速という状況を利用し、日本の主に安全保障上の基盤を強化している。
これほど手際よく、迅速になされた外交は、近年なかなか見なかった。

しかし、ほとんど報道されない。
日本に報道機関はないのだろう。
ゴシップは報道とは言わない。
それはただの“うわさ”です。

人気ブログランキング参加中!人気ブログランキングバナー小

FC2ブログランキング参加中!FC2ブログランキングバナー




関連記事
スポンサーサイト





コメント

  1. カラヤ2 | URL | -

    Re: マスコミの報じない麻生外交

     北朝鮮関係団体の資産凍結はとても効果的と思います。
    戦わずして勝つには、敵の内部に争いを起こさせるか、兵糧攻めがこちらの受ける被害が少なくてすみます。
     それと、今まで免除されてた総連関連の建物の税金も法律にのっとって粛々と取り立てるのもいやがらせになるでしょう。税金としての収入も増えるし一石二鳥!

  2. グリッティ | URL | l7H4TccY

    カラヤ2さん

    コメントありがとうございます。

    >今まで免除されてた総連関連の建物の税金も法律にのっとって粛々と取り立てるのもいやがらせになるでしょう。税金としての収入も増えるし一石二鳥!

    これもだんだん税金をとる自治体が増えてますし、当然ながらばんばんやるべきですね。免除される理由がない。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://andreagritti.blog112.fc2.com/tb.php/494-9765ee41
この記事へのトラックバック


最近の記事