「中国共産党のお陰で」

2009年02月22日 18:15

以下朝日新聞より引用

中国で釈放されたウイグル男性、妻に「北京で就職する」
2009年2月22日0時54分

 東大大学院留学中の98年に、一時帰国した中国で国家分裂扇動などの容疑で逮捕され、今月釈放された新疆ウイグル自治区出身のウイグル人男性トフティー・トゥニヤズさん(49)が、日本に残る妻ラビヤさん(45)に、中国当局のあっせんで「北京で就職する」と、電話で伝えていたことがわかった。

 ラビヤさんは21日取材に応じ、「近くに当局者がいるため、夫は本当のことが言えないでいる。日本で静かに研究生活を続けたいというのが夫の本心だ」と訴えた。

 ラビヤさんによると、11年の刑期を終えて10日に釈放されたトフティーさんは、当局の車で移送されて同自治区内の実家や妻の実家に滞在した。13日にラビヤさんからの電話がつながった際に「4~5日後に北京に行く。北京で仕事が用意されているが、内容は聞いていない」と説明し、「できれば子どもを連れて中国に戻って欲しい」と求めたという。

 ラビヤさんは、昨年6月に申請した日本国籍の取得が4日付で認められた。邦人の配偶者となったトフティーさんを日本に渡航させるよう、今後日本政府に支援を求めていく考えだ。

 東大大学院でウイグルの歴史文化や中国の民族政策を研究していたトフティーさんは98年、研究資料収集のため中国を訪れた際に逮捕された。ラビヤさんや東大の恩師らは「トフティーさんが政治運動に参加したことはあり得ない」として救援活動を続けてきた。


以上引用終わり

11年も収監されて、やっと出所できたと思ったら、公安監視付きですか。
別ソースでこういう発言もあったそうだから厳しく監視されているのは間違いないだろう。

「子供たちは元気か。共産党のお陰で無事、実家に着いた」
ソース ウイグル族東大院生、出所後初めて妻と電話…公安が監視? 読売新聞

どこかの国が“金正日将軍のおかげで”というのと同じだな。
なりがでかいだけで本質は変わらないということだ。

北京で仕事が用意されているが、内容は聞いていない

仕事って用意されるものなのか?
ろくでもない仕事でなければいいが・・・

「できれば子どもを連れて中国に戻って欲しい」と求めたという。

心にもないこんなこと言わせて、まだラビヤさんを苦しめるか!
自分が中国に行けば会えると思ってしまうじゃないか。
人の人生をもてあそぶのもたいがいにしろよ!

本心を言えば何らかの不利益が降りかかるよう、当局に圧力をかけられているのだろう。
こういうときこそ政治の出番。
彼を東大大学院に戻せないようじゃ、拉致被害者はとても取り戻せない。

関連記事 東トルキスタンに平和と自由を
       安倍元首相の信義
       
東トルキスタン

人気ブログランキング参加中!人気ブログランキングバナー小

FC2ブログランキング参加中!FC2ブログランキングバナー



関連記事
スポンサーサイト





コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://andreagritti.blog112.fc2.com/tb.php/483-b2238426
    この記事へのトラックバック


    最近の記事