トフティ氏釈放さる!

2009年02月07日 14:11

以下YAHOOニュース(産経新聞)より引用

トフティ氏、釈放へ 中国で逮捕のウイグル人東大留学生
2月7日8時5分配信 産経新聞

 東大大学院に留学中の平成10年2月、一時帰国中の中国で国家分裂を扇動したとして逮捕されたウイグル人の少数民族研究者、トフティ・テュニヤズ氏が10日、11年の刑期を終えて釈放されることが分かった。ただ、中国当局は釈放後も国内にとどめたい意向とされ、トフティ氏が、妻子のいる日本にすぐ戻ることができるかは不透明だ。

 トフティ氏の逮捕に関しては当初から不当性が指摘され、留学先の東大や民間支援団体などが釈放を訴えてきた。国連人権委員会も2001年5月、トフティ氏への有罪判決は世界人権宣言や国際人権規約に反するとして、中国に善処を求める勧告を行った。

 また昨年5月の胡錦濤国家主席来日時、安倍晋三元首相が「彼の奥さん、家族は日本にいる。無事釈放され、日本に帰ってくることを希望する」と要請、胡主席が「その件は知らないので正しい法執行が行われているかどうか調べる」と答えたこともあった。

 関係者によると安倍氏の発言以降、刑務所ではトフティ氏の布団など身の回りの品が一新され、待遇が改善されたという。

 トフティ氏の妻、ラビヤさんは長男とともに今月5日付で日本国籍を取得した。


以上引用終わり

本当によかった・・・
とはいっても11年もの間不当に拘留された彼の時間はもう戻っては来ない。

せめて、せめて日本人となった妻子のもとに早く戻れるよう、日本政府は強く働きかけるべきだ!

昨年5月の胡錦濤国家主席来日時、安倍晋三元首相が「彼の奥さん、家族は日本にいる。無事釈放され、日本に帰ってくることを希望する」と要請

この一言が事態を動かした。
以前記事にした安倍元首相の信義がトフティ氏の待遇を改善し、釈放に結びついた。
 関連記事 安倍元首相の信義
>この発言が一石を投じ、事態が好転することを希望する。
関連記事中のこの言葉が現実化したのだ。

道のりは厳しいだろうが、今後東トルキスタン全体の人権状況の改善に向け、日本政府は働きかけ続けなければいけない。
そして、マスメディアは取り上げ続けなければいけない。
 関連記事 東トルキスタンに平和と自由を
この世に悲劇は数あるといえど、民族を抹殺しようとするおぞましい行為が現在進行形で存在する世界に、本当の幸福があるとはとても思えないから。

東トルキスタン

人気ブログランキング参加中!人気ブログランキングバナー小

FC2ブログランキング参加中!FC2ブログランキングバナー



関連記事
スポンサーサイト





コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://andreagritti.blog112.fc2.com/tb.php/470-37e37498
    この記事へのトラックバック


    最近の記事