言い間違えたからなんなの?

2009年02月01日 19:14

以下朝日新聞より引用

首相言い違え、今度は英前首相を「トニー・ブラウン」
2009年2月1日0時30分

 麻生首相は31日、スイスで開かれている世界経済フォーラム年次総会(ダボス会議)で講演した後、記者団とのやりとりの中で、英国のトニー・ブレア前首相の名前を「トニー・ブラウン」と呼んだ。この日会談したゴードン・ブラウン英首相と混同した可能性もある。

 首相は別のセッションで同じ会場にいた人たちを説明した際、「アル・ゴアってアメリカの(元)副大統領とか、トニー・ブラウン……、イギリスのトニー・ブラウン……」と反芻(はんすう)。ここで周囲から違うとの声がかかり、「トニー・ブラウンじゃない、トニー・ブレア」と言い直した。


以上引用終わり

このくらい誰でもあるだろうに・・・・・・

あまりにも小さな話だ。
こんな話を伝えることが朝日新聞の使命なのかね?

笑い話や微笑ましい話として流すならまだわかるが
この日会談したゴードン・ブラウン英首相と混同した可能性もある。
とか真面目に分析しちゃってるし。

民主党党首の小沢氏だって言い間違いはあるだろうし、誰にだってある。
ただ四六時中記者に張り付かれ、発言の機会も多い麻生総理は間違い見つけられやすいだけ。
だから、それをそのまま報道していたら、総理が異常に間違いが多い人と映ってしまう。
クローズアップして報道しなければならいのは、“言い間違い”や“定額給付金”ではなく、総理の理念や指し示す方向性じゃないのか?

オバマ大統領の就任式で宣誓の間違いがあったが、それをとやかく言っているメディアはないぜ。
参照 オバマ大統領の就任宣誓、最高裁長官のミスでやり直し CNNより
このニュースのCNNでのカテゴリーは「こぼれ話」だぜ。
日本では「こぼれ話」が一面に載ることもあるからな(笑)まったく

人気ブログランキング参加中!人気ブログランキングバナー小

FC2ブログランキング参加中!FC2ブログランキングバナー



関連記事
スポンサーサイト





コメント

  1. 山梨次郎 | URL | -

    Re: 言い間違えたからなんなの?

    グリッティさんこんばんは。

    マスコミは首相の人格鹿批判できないとは
    情けない限りだと思います。

    首相の人格以外にも、野党議員などいろいろ
    批判すべき問題が山積しているのにおかしいと思います。

    もっとも、そのマスコミ自体がすでに世間の批判の対象なんですけどねw

  2. グリッティ | URL | l7H4TccY

    山梨次郎さんこんばんは

    コメントありがとうございます。

    新聞の人は校正を毎日やってるから、“あらさがし”ばっかり上達してしまったんですよ(笑)

    でもなぜか自分の“あら”は見つけられないみたいです(笑)

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://andreagritti.blog112.fc2.com/tb.php/465-9816e61f
この記事へのトラックバック


最近の記事