麻生総理、年頭の所感

2009年01月01日 14:39

麻生内閣総理大臣、平成21年年頭の所感
http://www.kantei.go.jp/jp/asospeech/2009/01/01syokan.html 首相官邸HPより


 新年あけましておめでとうございます。

 今年は、平成二十一年。今上陛下、御即位二十年であります。国民とともに、心からお祝い申し上げたいと存じます。

 この二十年間、日本は、平和と繁栄を続けてまいりました。バブル崩壊、金融危機など、いくつかの困難にも見舞われましたが、国民の力によって、見事に乗り越えてきました。

 しかし、アメリカ発の百年に一度と言われる世界的な金融・経済危機が生じています。日本だけが、この「つなみ」から逃れることはできません。しかし、適切な対応をすることにより、被害を最小に抑えることはできます。

 国民の皆さんの、景気や生活に対する不安。これを取り除くため、政府は、全力を尽くします。そして、世界の中で、最も早くこの不況から脱するのは、日本です。

 振り返れば、日本人は、これまでも、自らの選択と努力によって、日本という国を保守し、変化させながら、発展させてきました。近代に入ってからも、二度の大きな危機に直面しながら、そのたびに、新たな道を切り拓き、驚異的な成功をおさめてきました。

 百四十年前。明治の先人たちは、戊辰戦争という内戦の中で、新年を迎えました。しかし、殖産興業を推し進め、欧米列強に屈することなく、肩を並べるまでになりました。

 次に、六十年前。昭和の先人たちは、戦争によってすべてを失い、占領下の新年を迎えました。しかし、その後の革新的な努力によって、世界第二位の経済大国をつくりあげました。

 「日本」は、「日本人」は、その底力に、もっと自信を持っていい。これまでと同様に、日本という国は、ピンチをチャンスに変える。困難を必ず乗り越えることができると、私は信じています。

 私が目指す日本は、「活力」ある日本。「安心」して暮らせる日本です。日本は、これからも、強く明るい国であらねばなりません。

 五十年後、百年後の日本が、そして世界が、どうなっているか。未来を予測することは、困難です。

 しかし、未来を創るのは、私たち自身です。日本や世界が「どうなるか」ではなく、私たち自身が「どうするか」です。

 受け身では、だめです。望むべき未来を切り拓く。そのために、行動を起こさなければなりません。

 私は、決して逃げません。国民の皆さんと共に、着実に歩みを進めていきます。

 新年にあたり、あらためて、国民の皆さんのご理解とご支援を、お願い申し上げます。

 本年が、皆さんお一人お一人にとって、すばらしい一年となりますよう、心よりお祈り申し上げる次第です。

平成二十一年一月一日

内閣総理大臣 麻生太郎


支持率が急落する中、どのようなメッセージを発しようとも、聞く耳を持たない人も多いだろう。
「言葉でなく行動で示せ」という人もいるだろう。

ただ、この中で印象に残ったのは、
未来を創るのは、私たち自身です。日本や世界が「どうなるか」ではなく、私たち自身が「どうするか」です。  
受け身では、だめです。望むべき未来を切り拓く。そのために、行動を起こさなければなりません。

というメッセージ。

政治家や官僚を非難するのは容易いが、政治家に議席を与え、官僚に好きなようにやらせているのはわれわれ国民だ。
いざとなるとお上意識が強く、行政への依頼心が強いのも我々だ。

例に挙がっている、明治維新や戦後復興も“お上”だけでできたことではない。
国民が一体となって成し遂げたこと。

問われているのはわれわれの意識。
政治家や官僚を変えられるのもわれわれしかいないのだ。

忘れてはいけない。われわれは観客席にいるのではなくプレーヤーだということを。

人気ブログランキング参加中!人気ブログランキングバナー小

FC2ブログランキング参加中!FC2ブログランキングバナー



関連記事
スポンサーサイト





コメント

  1. 松崎 | URL | ch2f7abI

    これからの日本

    あけましておめでとうございます。
    今年もちょくちょく覗かせていただきます。

    私は常々「国民主権」と言う言葉は間違いだと思っています。
    正しくは「国民主犯」だと思います。
    国が駄目になるのは国民が駄目だからだと言うことです。

  2. グリッティ | URL | l7H4TccY

    松崎さん

    あけましておめでとうございます。
    今年もよろしくお願いします。

    >国が駄目になるのは国民が駄目だからだと言うことです。

    国民の意識が高まらなければ政治もマスコミも変わりませんから、外野で批判してるだけではだめですね。自戒も込めてそう思います。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://andreagritti.blog112.fc2.com/tb.php/438-dbb972f1
この記事へのトラックバック


最近の記事