敵兵を救助せよ 封印された奇跡 Japanese BUSIDO saved lives

2008年12月07日 22:45

以下産経新聞より引用

英兵救助した旧日本海軍の艦長しのび墓前祭
2008.12.7 21:04

 第二次世界大戦中の日英海軍によるインドネシア沖海戦で、漂流中の英兵422人を危険を顧みずに救助した旧日本軍の駆逐艦「雷(いかずち)」の故工藤俊作艦長をしのぶ墓前祭(実行委員長・平沼赳夫衆院議員)が7日、埼玉県川口市の薬林寺で開かれた。秘話を最初に公表した元英海軍士官サミュエル・フォール氏(89)も出席し、「あの日は人生でもっとも印象的な1日の1つ。(墓前に)感謝の念を伝えた」と語った。

 墓前祭には旧日本海軍関係者や自衛官、英国側関係者ら約100人が出席し、遺影の前で焼香して偉業に思いをはせた。墓前への献花では、高齢のため車イスを使うフォール氏が「座ったままでは失礼」と立ち上がって敬意を表し、戦時に工藤艦長が示した武士道に英国の騎士道で返礼した。

 実行委員長代理の藤井孝男参院議員は「不幸な戦争の中でも相手を互いに敬う気持ちを忘れなかった史実を後世に残したい」と語った。8日には都内のホテルで顕彰式が開かれる。

以上引用終わり

敵の救命艇を機銃掃射することも珍しくなかった当時に、自艦の潜水艦による危険も顧みず、また搭乗員数の2倍近い敵兵を救助した、故工藤俊作艦長と「雷」の乗務員たち。

詳細は以前テレビ番組で取り上げられた以下の動画を御覧ください。

1-3敵兵を救助せよ 封印された奇跡 Japanese BUSIDO saved lives


その2
http://jp.youtube.com/watch?v=iMWy8wW1VSg

その3
http://jp.youtube.com/watch?v=qhxMP9RrLwk

You had fought bravely.(諸官は勇敢にたたかわれた)
Now,You are the guest of the imperial Japanese Navy.(諸官は日本帝国海軍のゲストである)
これが武士の言葉ではないでしょうか。

そしてこのことを誇るどころか、誰にも語らず亡くなった。
これぞ日本人の美学だと思います。

ネガティブなことを声高に語るのもいいのですが、こういう話もまた語り継ぐべきではないでしょうか。

ありがとう、サミュエル・フォールさん。

人気ブログランキング参加中!人気ブログランキングバナー小

FC2ブログランキング参加中!FC2ブログランキングバナー





関連記事
スポンサーサイト





コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://andreagritti.blog112.fc2.com/tb.php/416-74d5f648
    この記事へのトラックバック


    最近の記事