日本埋没!?

2008年11月22日 21:30

以下izaニュースより引用

「2025年 日本は米中間で埋没」

 17年後の2025年には中国やインドが台頭して米国の影響力が低下、日本は米中のはざまで埋没感が強まる。米国家情報会議(NIC)は、20日発表した報告書でこんな予想をした。韓国と北朝鮮は25年ごろの国家統一が予想されるものの、核開発の放棄が実現できるのかは「不確実だ」としている。

 この報告書は、米中央情報局(CIA)などの情勢分析を踏まえたもので、5年ごとに世界の未来像を描いている。今回の報告書では、金融危機の影響や原油の先高傾向を織り込み、これまでの情勢予測を修正。向こう20年ほどが「新秩序への移行期にあたる」として、不安定化を警戒している。

 米国のライバルとなるのは中国、インドなどの新興国だと分析。とりわけ中国については、25年までに「世界2番目の経済規模と主要な軍事力を獲得する」と予測している。

 日本については、自民党の優位が崩れ、内政、外交とも再構築を迫られるとみている。日米同盟は維持されるものの、米国の国力低下を受けて、「同盟の力は今日ほど強固ではなくなる」と予測。

 日本の地位は米中のパワーバランスの間で「板ばさみ状態」になるとして、核武装の可能性など日中関係について考えられる4つのシナリオを挙げた。(ワシントン 山本秀也)

以上引用終わり

相変わらず日本のマスコミはネガティブ記事が好きだ。
以前もジャパンパッシングだのなんだのとか騒いでいたし。

2025年になって、中国が世界第2の経済規模になったとしても、日本は3位か4位、埋没するにはでかすぎる規模だろう。
これで埋没するのなら、今現在ドイツやイギリス、フランスも埋没することになる。

問題は経済の割には軽視されるということで、それは外交力(軍事力も外交の一手段)が原因だ。

国力に見合わない軽視をされるかといえば、自らの主張をしない、あるいは持たないからだろう。
外交的には常にアメリカ追従で、日本の意見に耳を傾ける必要性がない。
アメリカの意見=日本の意見だからだ。

冷戦時代はそれでもそれなりにやってこれたのだろうが、もはや多極化がより鮮明になってきた世界では、全く通用しなくなっている。
早急に外交政策を見直すべきだ。

もう一つは軍事力の問題。

日本は世界第5位の軍事力を保有しているが、実際にその力を行使できなくなっている。
集団的自衛権についてまだ認めていないからだ。
自国が攻撃された時にしか反撃できない軍隊では、国際秩序の維持にも活躍できないし、他国へのけん制にもならない。
「どうせ手出しできないんだろ!」ってなめられてるってこと。
集団的自衛権はすぐにでも認めるべき。

また日本の軍備はアメリカ軍を補完するように一体化され、行動も情報でさえ独自に扱うことができなくなっている。
すべての情報がアメリカに筒抜けになるようにされている。
今の同盟関係上、軍事行動において利点もあるのだが、これでは何も独自行動はとれない。
必ず独自の回線を確保する必要がある。

これらのことをなすのは非常に多難なようだが、国民の世論を背景に進むことができれば、意外とたやすくできる。
6カ国協議で日本が拉致未解決を理由にすべての北朝鮮への援助を突っぱねているが、これは日本国民の揺るがない世論の後押しがあるからできること。
なければ、あっさり土俵を割っていただろう。

まず日本という国に誇りを持ち、ネガティブで意図的なマスメディアの情報を疑うこと。
自虐的な情報を流され続けてすっかり魂を失った日本人だが、長年培われたその精神はそう簡単に失われない。
世界的に称賛されてきた「私より公を優先する日本人の美徳」と国を愛する心があれば、日本としての意見も世界に発信でき、耳も傾けてもらえる。
自らの国の歴史と経験から紡ぎだされる日本なりの意見や考え方になるからだ。

世界の中で埋没するかしないかを憂うよりも、世界にどう貢献できるかを考えるべきだろう。

人気ブログランキング参加中!人気ブログランキングバナー小

FC2ブログランキング参加中!FC2ブログランキングバナー



関連記事
スポンサーサイト





コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://andreagritti.blog112.fc2.com/tb.php/400-3a8981c8
    この記事へのトラックバック


    最近の記事