景気対策判定

2008年10月30日 23:59

以下読売新聞より引用

首相、給付金は「4人家族で約6万円」

 麻生首相が30日に発表した追加景気対策は、米国発の金融危機の影響で、日本の景気がより深刻な後退局面に陥る事態を防ぐため、積極的な財政出動で景気テコ入れを狙っている。首相も同日の記者会見で、今後3年間は、景気回復のための減税を優先させる考えを表明した。

 ただ、首相は同時に「3年後に消費税の引き上げをお願いしたい」と明言し、中長期的には、経済成長と財政再建の両立を図る考えであることも強調した。

 対策の目玉となった定額給付金は、単年度の措置として、今年度中に全世帯に支給される。給付総額は2兆円で、首相は「単純計算すると、4人家族で約6万円になる」と説明した。

 住宅ローン減税は期限を延長したうえで、減税額の上限を過去最高水準に引き上げる。住宅投資を刺激する効果を期待している。

 中小企業対策では、8月末の「総合経済対策」に盛り込んだ資金繰り支援のための6兆円の信用保証枠を、20兆円へと大幅に拡大する。

 さらに、政府系金融機関などによる3兆円の貸付枠も10兆円に拡充する。


 高速道路料金の大幅な引き下げは、ガソリン価格の高止まりなどに苦しむ運輸業界の支援や、流通コストの抑制効果を狙っている。

 悪化する地方自治体の財政を支援するため、道路特定財源の一般財源化に伴って、特定財源のうち1兆円を地方に回す新たな仕組みを創設する考えも掲げた。

 金融市場の安定化策では、企業に対する自社株買いの要請や、証券化商品の透明性向上の取り組みなどを盛り込んだ。年末で期限が切れる証券優遇税制は、3年間延長する。
 さらに対策は、年内に策定する税制抜本改革の「中期プログラム」の骨格も示した。基礎年金の国庫負担割合を2分の1に引き上げる財源などを確保するため、消費税を含む税制改革に速やかに着手し、2010年代半ばまでに段階的に実行する方針を表明した。

(2008年10月30日22時57分 読売新聞)

以上引用終わり

まずなによりもこの対策が迅速に検討発表されたことを評価したい。
内容的には

首相は同時に「3年後に消費税の引き上げをお願いしたい」と明言

この時期にこのタイミングでこの話を持ち出すのは景気対策としては良くない。
消費税を上げるなら、将来の社会不安を取り除く道筋も綿密に示すべきだ。
ただ、これには裏の目的があると思う。それについては後ほど・・・

定額給付金は、単年度の措置として、今年度中に全世帯に支給される。給付総額は2兆円で、首相は「単純計算すると、4人家族で約6万円になる」

前にも書いたが、思っているほどの効果はないと思う。
でもやらないよりはいいだろう。

住宅ローン減税は期限を延長したうえで、減税額の上限を過去最高水準に引き上げる。

住宅建設はすそ野の広い産業のなので景気への影響が大きい。
そこへの対策はするべきだろう。
しかしこれもプラスというよりマイナスを少なくするのが精一杯という感じ。

中小企業対策では、8月末の「総合経済対策」に盛り込んだ資金繰り支援のための6兆円の信用保証枠を、20兆円へと大幅に拡大する。

 さらに、政府系金融機関などによる3兆円の貸付枠も10兆円に拡充する。


今後さらに銀行の貸し渋りが進行すると懸念されるので、これは大切だろう。
実際に各企業への広報活動もしないと、利用する機会を得られない。

高速道路料金の大幅な引き下げは、ガソリン価格の高止まりなどに苦しむ運輸業界の支援や、流通コストの抑制効果を狙っている。

日本は物流費がかかりすぎるし、レジャーへの悪影響も懸念されるので、これは思っている以上の効果をあげるのではないか。
一時的ではなく恒常的にしてもいいのでは?

金融市場の安定化策では、企業に対する自社株買いの要請や、証券化商品の透明性向上の取り組みなどを盛り込んだ。年末で期限が切れる証券優遇税制は、3年間延長する。

株価の下支えと、金融市場への資金を呼び戻すため、必要な対策だろう。

基礎年金の国庫負担割合を2分の1に引き上げる財源などを確保するため、消費税を含む税制改革に速やかに着手し、2010年代半ばまでに段階的に実行する方針を表明した。

最大の景気対策は、国民の将来への不安を取り除き、貯蓄から消費へお金を回させることだと思うので、年金の信頼感を取り戻すことは最優先課題の一つ。
具体的な方法論を早く示してほしい。

麻生総理がわざわざ消費税の増税を持ち出したのは、無原則な減税、財政出動ではなく、将来の財政健全化も考慮していることを市場に示すためではないだろうか?
日本の財政悪化も、日本への投資を鈍らせる一つの要因だからだ。

それとともに税、社会保障、財政の一体的な改革改善へのアドバルーンとする腹づもりか?

それならばなおさら早く具体策を示さなければ、ただ増税だけが独り歩きして、野党やマスコミの好餌となるばかりだ。
やつらは手ぐすね引いて待っているぞ。

人気ブログランキング参加中!人気ブログランキングバナー小

FC2ブログランキング参加中!FC2ブログランキングバナー






ブログパーツ
関連記事
スポンサーサイト





コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://andreagritti.blog112.fc2.com/tb.php/377-328a7acf
    この記事へのトラックバック


    最近の記事