野田消費者相マンナンライフを脅す

2008年10月03日 01:17

以下時事通信より引用

製造元にゼリーの自主回収促す=1歳児の窒息死事故受け-野田消費者相

 兵庫県の1歳男児がこんにゃく入りゼリーをのどに詰まらせて先月に死亡した事故で、野田聖子消費者行政担当相は2日午後、製造元の「マンナンライフ」(群馬県富岡市)の鶴田征男会長らを内閣府に呼び「今回また犠牲者が出たことを厳しく受け止めている」と述べ、再発防止に一層取り組むよう求めた。その上で、同社が警告表示の内容を改めるまでの間「今流通している商品は回収してはどうか」と、自主回収を促した。(2008/10/02-17:48)

以上引用終わり

ステラ賞という賞がアメリカにはある。
年間でもっともばかげた裁判に与えられるそうだ。
名前は、自分でこぼしたコーヒーでやけどをして、マクドナルドを訴え、約3憶を得たステラ・リーベック婦人にちなんで名づけられた。
こんにゃくゼリーの話を聞くとこの賞を思い出す。

この裁判はばかばかしいものだと思うが、それでもリーベック夫人はかなりの重傷だったそうなので、
わかる部分もある。

こんにゃくゼリーで亡くなられたお子さんはご不幸だと思う。
こんにゃくゼリーを原因だと遺族が訴えるのならまだわからないでもない。
どこかに原因を求めたいのが遺族の心理だから。

しかーし!それを野田聖子消費者行政担当相とかいう長ったらしい名前の人が、
>製造元の「マンナンライフ」の鶴田征男会長らを内閣府に呼び
つけて
>「今流通している商品は回収してはどうか
などと脅すのはどうかと思う。

確かにこんにゃくゼリーで死亡事故は起きている。
1995年から今回までの13年間で17件
ソース 国民生活センター http://www.kokusen.go.jp/news/data/n-20080930_1.html#top

これは年間4千件以上起きている、食物をのどに詰まらせたことによる死亡事故の数を考えると、微々たるものと言わざる負えない。
ソース 内閣府国民生活委員会 http://www.fsc.go.jp/sonota/yobou_syoku_jiko2005.pdf

餅の例を引くまでもなく、どんなものでも扱いを間違えれば危険なのだ。
商品に注意喚起の表示がなされているなら、それを注意するのは消費者の仕事だろう。
もっともそんな表示がなくとも注意は払うものだ。

野田聖子消費(略)はなんの権限と根拠があって、自主回収を促しているのだ?
だいたいもう回収したとしても“自主”じゃないよね。
明らかに圧力による回収。
こんなくだらない権力の使い方してたら「聖子賞」ができちゃうよ。

人気ブログランキング参加中!人気ブログランキングバナー小

FC2ブログランキング参加中!FC2ブログランキングバナー






ブログパーツ
関連記事
スポンサーサイト





コメント

  1. higuma1021 | URL | l1HEP1fU

    野田聖子も思考の浅さを暴露してしまったようですね。
    話題になっている(マスコミが作った話題)にいち早く対応したように見えるけど、
    単なるメーカーいじめに過ぎないこの事件。
    よくある「可哀想な被害者」を作り上げ、そこに至った原因の究明と事実確認を
    しないのは、やはりサヨク洗脳の成果かと。

  2. グリッティ | URL | l7H4TccY

    higuma1021さん
    コメントありがとうございます。

    消費者担当相なら食物による窒息死のデータを調べて統計を示すくらいの行動がまず欲しいですね。
    遺族にとっては被害者のことが全てなのはしょうがないですけど、大臣は全体を把握して判断しないと。
    家の中の階段での事故でこんにゃくゼリーの400倍くらい亡くなっていますよ。
    そこにもかわいそうな被害者はいるんですけどね。だれも住宅メーカーに文句は言いませんよ。自身の不注意ですから。

  3. 読者 | URL | -

    中国製品には何も対処されないのかな

    親が噂のゼリーを食べさせたのだから餅を食べさせる時のように注意深く見てあげてたら良い話ではないでしょうか。会社に対しそれほど国家権力使用するなら中国食品に対し厳重にするのが筋じゃないかな。

  4. グリッティ | URL | l7H4TccY

    読者?さん
    コメントありがとうございます。

    今回の件は事故。
    中国の件は事件。

    事故に対してここまでやるなら、事件に対しては断固たる対応が必要ですよ。おっしゃる通りです。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://andreagritti.blog112.fc2.com/tb.php/351-79697187
この記事へのトラックバック


最近の記事