米原子力空母に騒ぐ輩

2008年09月27日 13:16

以下東京新聞社説より引用

米原子力空母 不安載せての母港化だ
2008年9月26日

 米海軍横須賀基地(神奈川県横須賀市)に原子力空母が初配備された。米側は太鼓判を押すが、米軍任せの安全管理では住民の不安はぬぐえない。万が一の事故回避へ、政府の積極的関与が不可欠だ。

 数十機の艦載機と「はじめまして」の人文字を甲板に載せて、原子力空母「ジョージ・ワシントン」が二十五日、横須賀基地に入港した。全長は東京タワーに匹敵する約三百三十二メートル。乗員約六千人。洋上の町が米国からやってきたようなものだ。小型の原子力発電所に相当する二基の原子炉を携えて。

 基地内では、歓迎式典が行われる一方、市民グループらは「原子力空母はいらない」との横断幕を掲げて抗議活動を続けた。「浮かぶ原発」への懸念の根強さをあらためて示した格好だ。日米両政府は厳粛に受け止めるべきだろう。

 今回の配備は通常型空母「キティホーク」の退役に伴うものだ。アフガニスタン、イラク情勢などを見据え、西太平洋から中東までの広範囲な地域を機動性の高い空母でカバーしたいという米側の世界戦略に沿っての交代となった。

 麻生太郎首相は「われわれの周辺は朝鮮半島はじめ、難しい状況にある。日米安全保障条約の観点からも非常に良いことだ」と評価した。「世界の中の日米同盟」を自負する両政府にとっては象徴としての位置付けになろう。

 問題なのは、そのことで基地を抱える地元が負担を強いられかねないという点だ。放射能漏れの事故は断固あってはならない。対策は万全といえるのか。

 米海軍は過去五十年以上、人体に悪影響を与える事故を起こしていないとアピール。原子炉の修理も日本で行わないとしている。横須賀市は安全管理体制の強化などを条件に容認した経緯がある。

 ただ、軍事機密の名のもとに原子炉の詳細なデータは明らかにされず、立ち入り調査することもできない。住民の安全に責任を負うべき政府の行動に多大な制約が課せられているのが実情だ。

 ジョージ・ワシントンは五月にたばこの不始末で火災を起こしたばかりだ。米原子力潜水艦が放射能漏れを起こしていたことも発覚した。米海軍の規律が緩む中、「安全」と言われても簡単に納得できるはずがない。

 日米同盟強化の余波で、国民が不安感を抱くのであれば本末転倒だ。政府の関与が決定的に足りない。情報公開や安全性の検証へ米側にもっと注文をつけるべきだ。


以上引用終り

原子力空母の不安と北朝鮮、中国など不安定な東アジア情勢への不安はどちらが大きいのか?
当然、東アジア情勢だろう。
そのことにもっと言及すべきではないのか。
なぜ原子炉の不安ばかり煽り立てるのか?

飛行機に乗るとき、日本の航空会社だけでなく、外国の航空会社を利用される方も多いと思うが、アメリカの航空会社だから日本の会社に比べて不安だと思う人がいるだろうか?
なぜ日本の原子力発電所はよくて、アメリカの原子力空母は危険、不安なのだ?

>乗員約六千人。洋上の町が米国からやってきたようなものだ。
もし、何かあればそれだけの数のアメリカ人も危険に晒されるし、近隣にも多くの米国人が住んでいる。
それに事故を起こせばアメリカ軍の威信が大きく傷つけられる。
アメリカの世界戦略にも多大な影響が出る。
米軍任せの安全管理では住民の不安はぬぐえない。
それでもアメリカはずさんな管理をするというのか。
ならば、アメリカの民間航空機も日本が管理しなければいけないんじゃないのか?

参照 国土交通省HPhttp://www.mlit.go.jp/koku/15_bf_000026.html#anchor06
「国際運航を行う航空機については、国際民間航空条約により原則として当該航空機の登録国が運航の安全確保に関する責務を負うものとされており、また航空会社の安全監督責任も当該航空会社の所属する国の当局にあるという原則…」

ジョージ・ワシントンは五月にたばこの不始末で火災を起こしたばかりだ。
ほめられた話ではないが、タバコの不始末ごときで原子炉はどうにもなりません。

米原子力潜水艦が放射能漏れを起こしていたことも発覚した。
極微量ね。問題視する方がどうかしてるくらい。
関連記事 米原潜にだけ抗議

政府の関与が決定的に足りない。
そうだねまったくだ。北東アジア、ひいては国際的安定に日本政府の関与が足りないね。
せいぜい空母の母港になるくらいだよ。できるのは。
国内でしか通用しない平和論や9条にがんじがらめにされているうちはね。

結局、原子力だとかなんとかは関係なくて、アメリカや軍隊が嫌いなんだろ。
ただそれだけの観念論を言い替えているだけ。
だから胡散臭いんだよ。

人気ブログランキング参加中!人気ブログランキングバナー小

FC2ブログランキング参加中!FC2ブログランキングバナー






ブログパーツ
関連記事
スポンサーサイト





コメント

  1. chez_vouse4 | URL | JVGI5niA

    ひっくり返らない空母

    空母については「重心」の位置に注目していただきたいと思います。
    重心が海面よりかなり高いようです、しかしひっくり返らない。
    大航海時代すでに彼らの帆船は横風で倒れていたはずなのに倒れずに世界を航行した。

    その秘密など、当方ブログで簡単に解説しています、一読いただければ幸いです。

    核は安全だと思います、推測ですが「天使力」ですから、原子炉といわれているものも実はカラッポの可能性があります、すいそくですけどね^^

    ギャングのほうがよっぽど物騒です。

  2. kikiシナ人朝鮮人の捏造許すな | URL | 5Wn/Sb0g

    Re:米原子力空母に騒ぐ輩

    原発管理体制の過度な批判には、疑問がある。シナの核兵器、また福島以上の放射能汚染がある朝鮮をどう思うのか。ゴミを日本海に投げ捨てる国が、まともに管理する前提では欺瞞が過ぎる。
    温暖化対策で原発推進から、一転やめると言い出したご都合主義のドイツはクズだ。CO2削減で日本に散々圧力をかけたくせに。
    自分だけ便利な生活を享受し、原子力排除を叫ぶ勢力は、ひたすら日本の滅亡を望むこんな連中だろう。太陽光は代替エネルギーたりえないのに、妄想で乗り切ろうという想像力のない連中。軍事的危機など理解できるはずがない

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://andreagritti.blog112.fc2.com/tb.php/345-e7a26372
この記事へのトラックバック


最近の記事