領海侵犯されても能天気な国

2008年09月15日 00:50

以下産経新聞より引用

国籍不明艦が領海侵犯 高知沖 防衛省が発表
2008.9.14 20:04

 海上自衛隊のイージス護衛艦「あたご」 14日午前6時56分ごろ、高知県足摺岬の豊後水道周辺の領海内で、国籍不明の潜水艦が潜望鏡を出して航行しているのを、周辺海域を航行していた海上自衛隊のイージス艦「あたご」が発見した。あたごはソナー(水中音波探知機)による捜索を続けたが、約1時間半後に見失った。防衛省は国籍不明の潜水艦による領海侵犯事件としてP3C哨戒機や護衛艦などを出して潜水艦の行方を捜索している。

 照会結果などから潜水艦は自衛隊や米軍所属でないことが判明した。あたごに発見された潜水艦は領海内を南方に5分程度航行し、領海外に出た可能性が高いという。あたごは潜水艦を発見後、アクティブソナーによる水中音波探査などを使い追尾を続けたが、潜水艦は午前8時39分に追跡を振り切った。

 防衛省によると、潜水艦が発見されたのは、足摺岬の南南西約57キロで、日本領海の内側約7キロの海域。あたごの艦長や見張り員が潜望鏡らしきものを目視で確認した。外国の潜水艦は領海内では浮上航行が国連海洋法条約で決められており、潜望鏡を出しての航行は領海侵犯だとすれば意図的だった可能性が高い。

以下略


以上引用終わり

2004年に中国の漢級原子力潜水艦が日本領海を侵犯した事件があったが、あの時はアメリカ、台湾、日本の連携で出港から帰港まで監視し続けた。
この時は日米台の完勝だった。

それから4年たった今回、自衛隊は潜望鏡を出されるまで発見することができず、完敗した。
中国原潜(勝手に確定しているが間違いないだろう)が潜望鏡を出したのは、「おれたちの勝ち」というサインだ。

これは日本の防衛にとって深刻な事態である。

「あたご」はイージス艦とはいえ、イージスシステムは防空システムであり、対潜水艦探知という意味では普通の護衛艦と変わらない。
本来装備している対潜ヘリコプターを積んでいれば、発見、追尾に大きな力を発揮しただろうが、予算、機数の関係で搭載されていなかった。
ある意味平和ボケだ。

長い海岸線、広い海域を領海とする日本は対潜能力がきわめて重要だ。
今回のことを教訓に再整備をして、P-X次世代対潜哨戒機を前倒しに導入するくらいの危機感で取り組まなければ、中国原潜が日本の近海を我がもの顔で闊歩する事態が早晩現出するだろう。

マスコミも政府も危機感がなさすぎる。

人気ブログランキング参加中!人気ブログランキングバナー小

FC2ブログランキング参加中!FC2ブログランキングバナー






ブログパーツ
関連記事
スポンサーサイト





コメント

  1. ちょび | URL | TY.N/4k.

    もう日本人や政治家は脳内も侵犯されてるかもしれないね。

  2. グリッティ | URL | l7H4TccY

    ちょびさん
    コメントありがとうございます。

    かなりされてますね。
    平和な世界に住んでると思ってますから

  3. ゆずりは | URL | BWgGc7Fk

    呆けの福田が総理何だから、そりゃー日本も舐められるは。

  4. サトシ | URL | -

    ちょくちょく拝見させていただいてます。
    応援ポチッ!!!

  5. グリッティ | URL | l7H4TccY

    ゆずりはさん
    コメントありがとうございます

    まったくですね。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://andreagritti.blog112.fc2.com/tb.php/328-ad445e36
この記事へのトラックバック


最近の記事