発ガン率100%の米

2008年09月09日 13:05

以下時事通信より引用

三笠フーズ立ち入り、5年で96回=それでも見抜けず-農水省

 農水省は8日、米粉加工会社の三笠フーズ(大阪市北区)が工業用の「事故米」を食用に転売していた問題で、同省が三笠の福岡工場(福岡県筑前町)への立ち入り調査を2004年度から08年度まで5年間にわたり、計96回実施していたことを明らかにした。同省は、それでも見抜けなかった理由として、三笠が二重帳簿を作成するなど悪質だった点を指摘するとともに、自らの監視体制の甘さを認めている。(2008/09/08-22:43)


以上引用終り

お役所の検査なんて税務署の一部を除いて事前通告ありだからな。
不法、脱法行為を見つけるためと言うよりも、検査していますと言う実績つくりのためだけにやってるんだろ。

それでも5年間で96回(1年間に約19回)も検査にいったって事は、なんらかの情報をつかんでいたんじゃないのか?
にも拘らず告発できず、汚染米を流通させたことに誰か責任とってくれるんですかね。

この汚染米に付着していたと言う「アフラトキシン」は地上最強の天然発癌物質であり、その毒性はダイオキシンの10倍以上といわれる。
wikiより http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A2%E3%83%95%E3%83%A9%E3%83%88%E3%82%AD%E3%82%B7%E3%83%B3
特に肝臓ガンへの引き起こす原因物質とされている。

肝臓がんでの死亡率は関西の方が圧倒的に高いのは、「アフラトキシン」の付着した米が、大阪の三笠フーズから関西に流通していたこととかかわりがあるのかもしれない。
ソース 国立がんセンターhttp://ganjoho.ncc.go.jp/pro/statistics/gdball.html?7%2%1

ラットによる実験では発ガン率100%の物質「アフラトキシン」。
さて、いったいだれがどう責任とってくれるんですか?

人気ブログランキング参加中!人気ブログランキングバナー小

FC2ブログランキング参加中!FC2ブログランキングバナー

関連記事
スポンサーサイト





コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://andreagritti.blog112.fc2.com/tb.php/320-2114a2a1
    この記事へのトラックバック


    最近の記事