創価監視チーム

2008年09月02日 23:42

以下産経新聞より引用

「臨時国会でも矢野氏問題追及」野党議員有志
2008.9.2 20:40
 民主党の菅直人代表代行や石井一最高顧問、社民、国民新党など野党の有志議員が2日、国会内で会合を開き、次期臨時国会でも引き続き、公明党と支持母体の創価学会の関係について取り上げていく方針を確認した。

 この日集まったのは「矢野絢也(元公明党委員長・政治評論家)さんより話を聞く会」の発起人メンバー6人。今後の活動方針として、参院予算委員会などで関係閣僚を追及するほか、矢野氏や創価学会幹部らを参院の予算委員会などに証人や参考人として招致することを目指すと確認した。

 また、今年6月の野党有志議員の勉強会で、矢野氏が公明党委員長在任時代の話として「学会の文化会館を選挙に利用したが対価は払わなかった」と語ったことから、学会の宗教施設が政治利用されているかどうかをチェックする「監視チーム」を設けることも申し合わせた

以上引用終わり

誠に残念ながら、これはできません。

なぜなら次期臨時国会は冒頭解散になってしまうからです。
創価学会・公明党の目論み通り。→創価の圧力による福田辞任

ただ、選挙になれば「監視チーム」の活動もやりやすくなる。
ずーっと監視して、創価が活動しにくくしてやれ!

そして、次の次の国会で矢野氏はもちろん
創価学会幹部らを参院の予算委員会などに証人や参考人として招致
をぜひ実現してほしい。

右だ左だ、上げ潮だ財政再建だなどの前に、似非宗教の政治への関与をなくすのが先決だ。

人気ブログランキング参加中!人気ブログランキングバナー小

FC2ブログランキング参加中!FC2ブログランキングバナー

関連記事
スポンサーサイト





コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://andreagritti.blog112.fc2.com/tb.php/314-f971a63a
    この記事へのトラックバック


    最近の記事