消費者担当相より中国担当相

2008年08月06日 23:57

以下時事通信より引用

天洋餃子、中国でも中毒=メタミドホス、現地混入濃厚に-回収品か、日本にも通告

 中国製冷凍ギョーザ中毒事件で、製造元の「天洋食品」(中国河北省)のギョーザを食べた同国内の中国人が、有機リン系殺虫剤メタミドホスによる中毒症状を起こしていたことが分かった。関係筋が6日、明らかにした。日本の事件後に回収した品とみられ、中国国内でも同様の事件が発生したことで、殺虫剤は現地で混入した可能性が濃厚になった。
 日本政府は今後、中国側から事実関係の正式な伝達を受けた上で、日中の捜査協力を本格化させたい考え。
 関係筋によると、中国側は、7月に開かれた北海道洞爺湖サミット(主要国首脳会議)の前、この事件を日本側に伝えてきたという。外務省幹部は「途中経過を知らせてきた。中国側がさらに詳しい調査をすることになっている」と語った。
 中毒症状の被害人数や症状は不明だが、千葉県や兵庫県の事件と同様、ギョーザに含まれていたメタミドホスが原因と特定されたという。
 中国の中毒事件が起きたのは6月ごろ。天洋食品は、日本で1月に事件が発覚した後、工場の操業を中止。現在に至るまで操業しておらず、問題のギョーザは事件後に回収した品が何らかの理由で流通したとみられる。(2008/08/06-12:01)


以上引用終わり

まあわかっちゃいたけど、これで決定的だな。
中国国内でメタミドホスが混入したのは。

それにしても
7月に開かれた北海道洞爺湖サミット(主要国首脳会議)の前、この事件を日本側に伝えてきたという。

7月に分かっていたのに今頃発表ですか。
消費者行政担当相なんかわざわざ新設したほど消費者に向いて仕事しているはずの福田総理がどうしたんでしょうね~
消費者よりも中国のほうが大事ですか?
だったら中国担当相でも作ったら?
人気ブログランキング参加中!
携帯からはこちら
人気ブログランキング

FC2ブログランキング参加中!
携帯からはこちら
FC2ブログランキング

関連記事
スポンサーサイト





コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://andreagritti.blog112.fc2.com/tb.php/287-7ea01ae9
    この記事へのトラックバック


    最近の記事