中国の進む道

2008年07月07日 22:04

以下時事通信より引用

ロシアから中国へ9月引き渡し=大ウスリー島の半分など-香港紙

 【香港6日時事】中国系香港紙・文匯報は6日、黒竜江省の関係筋の話として、2004年調印の中ロ国境協定に基づき、アムール川(中国名・黒竜江)の大ウスリー島(黒瞎子島)の半分などが9月にロシアから中国へ引き渡されると伝えた。これにより、かつて武力紛争にまで発展した中ロ間の国境問題は完全に解決する。
 同紙によると、中国の国家発展改革委員会や黒竜江省政府などが現在、引き渡しの手続きについてロシア側関係当局と協議中。ロシア側では「引き渡しは8月にも可能」との見方があるが、実際には、同月は北京五輪が開催され、中国政府が多忙なため、9月になるという。(2008/07/06-21:30)


以上引用終わり

中国は着々と周辺国との紛争・懸案を解決してきている。

インドとのカシミール地方をめぐる争い、ベトナムとの紛争をそれぞれ解決してきた。
今回のロシアとの国境紛争解決によって、中国の北、西、南の問題を解消した。

残るは東だけだ。
日本との尖閣諸島、ベトナム、フィリピンなどとの南沙諸島を残すのみである。

これはたまたまか?

中国はロシア、インドといった強いところを避け、東へ伸びようとしているのではないか?
朝鮮半島、台湾そして日本へ。

アメリカのアジアでの軍事プレゼンスが減れば、そこを埋めるのは中国になる。
駐留アメリカ軍を撤収させたフィリピンが次に狙われるかもしれない。

日本国内での反アメリカ、反自衛隊の活動をする団体の中国への傾斜は何を物語るのか?

インドと日米豪の接近やインドの核兵器開発が、中国とインドの和解を招いたともいわれている。
世界は依然としてパワーゲームを繰り広げているのだ。
憲法9条などという絵空事にうつつをぬかしている場合ではない。
人気ブログランキング参加中!
携帯からはこちら
人気ブログランキング

FC2ブログランキング参加中!
携帯からはこちら
FC2ブログランキング

関連記事
スポンサーサイト





コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://andreagritti.blog112.fc2.com/tb.php/250-8a70c7ff
    この記事へのトラックバック


    最近の記事