事実上の拉致棚上げ

2008年06月24日 23:43

以下AFPより引用

米ライス長官、「拉致問題の棚上げはない」
2008年06月24日 09:50 発信地:ベルリン/ドイツ

【6月24日 AFP】コンドリーザ・ライス(Condoleezza Rice)米国務長官は23日、訪問先のドイツ・ベルリン(Berlin)に向かう機中で、米国は日本人拉致問題の解決に向けて引き続き北朝鮮に圧力をかけていくとの考え記者団に示した。

 日本は拉致問題の解決に向けて各国が一致団結して取り組むよう要請してきた。だが、北朝鮮が米国は6か国協議での合意にもとづき、近く全核計画の申告を行うとしていることから、米国では北朝鮮のテロ支援国指定解除に向けた動きが進んでいる。

 この問題について記者から質問を受けたライス長官は「米国が拉致問題を棚上げすることはない」と述べ、「米国の同盟国である日本にとって重要な拉致問題は、米国にとっても重要問題だ。北朝鮮が拉致問題の解決に取り組むよう圧力をかけていく」と強調した。

 一方で国務省高官らは、現在の北朝鮮非核化プロセスには、日本人拉致問題の解決は含まれていないことも明らかにしているが、ライス長官は「拉致問題は人道的観点からも非常に敏感な問題であることは、米国も理解している。このような事件はあってはならないこと。日本の人々に向けて、米国は拉致問題を最重要問題として取り組むことを約束する」と述べた。

 ライス長官はベルリンを訪問した後、京都で開催される主要8か国(G8)首脳会議の外相会合に出席するため26日に来日する。この間、日本側と北朝鮮の核問題についても協議する見込み。(c)AFP


以上引用終わり

結局この間の北朝鮮との共同声明で発表されたことって、アメリカのテロ支援国家解除に向けて日本の世論を抑えるためのものでしょ。

そんで、テロ支援国家解除されたら北朝鮮はなんだかんだ言いがかりつけて共同声明はなかったことにするんだろう。

アメリカも取り組むポーズだけをし続けるんだろ。

もちろん日本は関係各国、機関に引き続き働きかけていくべきだが、
一方他国をあてにせず、自国民は自力で助け出す覚悟でことに当たる必要がある。

その揺るがない意志が事態を動かす。
なにもうろたえることはない。
自国民を守ることは絶対の正義だ。
人気ブログランキング参加中!
携帯からはこちら
人気ブログランキング

FC2ブログランキング参加中!
携帯からはこちら
FC2ブログランキング

関連記事
スポンサーサイト





コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://andreagritti.blog112.fc2.com/tb.php/235-65fb34c5
    この記事へのトラックバック


    最近の記事