スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

女性車両すら許容出来ない社会

2018年02月24日 19:10

20180224女性専用車

「女性専用車両」違憲訴訟、男性側敗訴のケースも…トラブルの火種、くすぶり続ける livedoorニュース

女性専用車両が「差別」にあたるか、という議論が起きている。ことの発端は、東京メトロ千代田線で2月16日朝、女性専用車両に乗り込んだ男性客3人が、駅員から要請されたにもかかわらず居座ったというトラブルだ。過去には、裁判まで至ったケースもある。(弁護士ドットコムニュース・山下真史)

●「女性専用車両のあり方」に関する問い合わせが寄せられている
国民生活センターによると、全国の消費生活センターに、女性専用車両に関する問い合わせが、年間数件ほど寄せられている。その内容は「女性専用車両は不当ではないか?」「子どもや介助者も乗車できるのに『専用』という名称は問題ないのか?」といったものがほとんど。

こうした状況を受けて、国民生活センターは昨年12月、一般消費者(消費生活センターの相談員を含む)に向けて、「女性専用車両」の違法性を否定した過去の裁判例(東京地裁2011年7月12日判決)を参考情報として、ホームページ上に掲載していた。

●女性専用車両のルールに「法的強制力」はないが・・・
そもそも鉄道会社が「女性専用車両」を導入する理由とはなにか。東京メトロによると、「痴漢をはじめとする迷惑行為の抑止を図り、女性のお客さまのほか、小学生以下のお客さま、おからだの不自由なお客さまとその介護者の方に安心してご利用いただくため」という。

要するに、「痴漢防止」というわけだ。東京メトロの広報部は「女性専用車両のルールに『法的強制力』はなく、任意協力を求めているものだ」と説明。今回の千代田線のトラブルについては「警察で対応中だが、今のところ法的措置は検討していない」とコメントしている。

●女性専用車両が「憲法で保障された居住・移転の自由を侵害する」と提訴
これまでも、男性があえて女性専用車両に乗り込んだことが原因のトラブルが発生しており、中には裁判にまで発展したケースもある。国民生活センターがホームページに掲載したのも、その一つ。かいつまんで説明すると、次のような内容だった。

女性専用車両に反対する団体の構成員の男性たちが2008年6月27日朝、「女性専用車両に乗車する」と事前予告したうえで「つくばエクスプレス」(首都圏新都市鉄道)の女性専用車両に乗った。その後、乗らないように説得を試みていた鉄道警察隊員、警備員とともに下車した。

男性たちは「女性専用車両は本来、誰でも自由に乗車できるのに、健常な成人男性が乗車することを事実上禁止している」として、「憲法で保障された居住・移転の自由を侵害する」「法の下の平等にもあたる」と主張。鉄道会社に対して、損害賠償と謝罪広告などを求めた。

東京地裁は「鉄道会社は、営業に関する自由な裁量権を有しており、女性専用車両の目的、時間帯などから、設置は正当だ」「健常な成人男性の乗客に格別の不利益を与えるものといえない」などと判断。男性側の請求をすべて棄却する判決を言い渡した。

以下略

以上引用終わり

心に余裕がない世の中になったものだ。

そりゃ乗り込んだ人達にも目的や意図はあるのだろう。
それを主張するのは勝手だが、騒ぎを起こしてまでやらねばならない事だろうか。
あえて騒動を起こそうとするところに、うっ屈した承認欲求を感じざるを得ない。

女性専用車両という名称や、その“女性専用”というのが任意の協力のもとに行われているということを問題視するのなら、それを提起すればよいのであって、たまたま乗り合わせた女性や、その路線を利用するきわめて多くの乗客に迷惑をかけてまでやるべきこことは到底思われない。

騒ぎの割に話が小さすぎる。

目を向けるべきは、女性専用車両なるものを産み出してしまった日本社会、男性社会じゃないのかい?
くだらね。

人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ これはひどい、と思った方はクリックを!
にほんブログ村 政治ブログ
にほんブログ村 政治ブログへ


男が痴漢になる理由

新品価格
¥1,512から
(2018/2/24 19:08時点)




激安印刷通販ならラクスル!

24時間注文・入稿受付OK。実績と信頼の「印刷の通販 グラフィック」
関連記事
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://andreagritti.blog112.fc2.com/tb.php/2291-0f08f968
    この記事へのトラックバック


    最近の記事

     
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。