死刑の存在理由

2008年06月17日 23:40

以下時事通信より引用

「執行増は異常」「抑止力ない」=法相あてに抗議書-死刑廃止議連
2008/06/17-17:13

 宮崎勤死刑囚(45)ら3人に対する刑の執行に抗議し、国会議員でつくる「死刑廃止を推進する議員連盟」(亀井静香会長)は17日、法務省を訪れ、死刑制度の見直しを求める鳩山邦夫法相あての申し入れ書を提出した。
 衆議院議員会館で記者会見した亀井会長は「新たに3人の命が国家権力に消された。何か国民の幸せにつながっていくものが生まれたのか」と批判。凶悪事件は減っていないとして、「(死刑制度による)抑止力がないのは明白」と主張した。
 保坂展人事務局長も「執行数が増えているのは、国際社会では異常。国連で人権を主張する資格はない」と怒りをあらわにした。

以上引用終わり

死をもって罪を償う、というのが日本人の伝統的精神。

生き恥をさらすようなことは日本人の美意識に合わない。

だから日本では死刑制度は根強い支持がある。

何か国民の幸せにつながっていくものが生まれたのか

直接関係ない多くの人々には幸も不幸もないかもしれない。
では生かしておいて何か生まれるのか?

直接の関係者ではない人々にとって事件は所詮他人事だ。
ならば絶えがたい苦痛を受けた被害者や遺族のことだけを考えるべきではないのか。

抑止力がないのは明白

そもそも殺人のような犯罪を犯す人間に抑止力になるような刑はない。
殺人を犯すとき、刑罰は頭にないだろう。
死刑は抑止のためにあるのではない。
罪なき人の命が奪われ、罪を犯した者が生き延びるという、
世の不合理さを正すため存在するのだ。
人気ブログランキング参加中!
携帯からはこちら
人気ブログランキング

FC2ブログランキング参加中!
携帯からはこちら
FC2ブログランキング

関連記事
スポンサーサイト





コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://andreagritti.blog112.fc2.com/tb.php/227-584f7b5e
    この記事へのトラックバック


    最近の記事