プリカ山尾とんでもない釈明会見

2016年04月07日 13:13

プリカ山尾

プリカ大好き山尾さん、昨日説明の記者会見したんだけどすごいね(笑)
これまで幾多の政治家の言い訳聞いてきたけど、これほど支離滅裂で何一つ納得できなかったの初めてだよ。

だってレシート拾ってきたとか色々無茶苦茶なんだけどそれ以上に、その責任おっかぶせた秘書とこの調査するといった一週間連絡とってない、っていうんだから。
会見で説明したこと、レシートを盗んできて勝手に計上したとか、全部ただの憶測じゃん。
なんの裏もとれてない。1週間もあって。

東大出て検察庁に入って、政治家になって今や民進党の政調会長ともあろう人が、あんな極めて不自然な説明を、ただ憶測だけで、したんだよ?

それで説明したことを信じているなら、この秘書明らかな横領だよ、迷うことなく訴えなきゃいけない所、「法的措置も検討する」だって、なんでやねん。
税金を横領してんだぞ!

細かな矛盾点も腐るほどあるけど、そんなこと追求しなくても、上述の事実だけで十分だわ。

山尾が甘利前大臣に吐いたこの言葉をそのまま返すよ。

知らなかった、で済まされる問題じゃないです。政治収支報告書に目を通さない議員なんか民主党にはいません。私ももちろん把握してます。
秘書が知らなかった、と言えば秘書が犯罪や泥棒をしてても雇い主の議員が知らなければ責任取らないでいいんですか?って話ですよ?
例え、甘利議員が知らなかったとしても秘書の犯罪、もしくは犯罪に準ずる行為があったならば、雇い主として議員辞職もしかるべきだと思います。



人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ これはひどい、と思った方はクリックを!
にほんブログ村 政治ブログ
にほんブログ村 政治ブログへ


金券ショップ徹底活用生活術! (Do books)

中古価格
¥370から
(2016/4/7 13:11時点)




高品質と低価格。驚きのコストパフォーマンスを実現!「印刷の通販 グラフィック」
関連記事
スポンサーサイト


コメント

  1. 通りがけ | URL | -

    三宝の教え「我塵を払わん我垢を除かん」

    「3種の掃除」

    たまごっちやポケベルがあっという間に絶滅したように、人間が作ったもの塵垢は人間の手で簡単に絶滅掃除することができる。

    _______________________


    1.まず「パチンコ店の景品買い換金所」を絶滅掃除せよ。


    景品買いは質屋免許のない者がパチンコ店内外を問わず特定の場所で行えば、ただちに貨幣紙幣偽造と同じ内乱罪が適用される重大刑事犯罪である。

    内乱罪は、無期懲役以上死刑の極刑まである。
    情状酌量は、自首自白した場合を除いていっさい適用されない。

    _______________________


    2.人殺し以外に役に立たない武器銃器兵器の製造を、日本国内および海外日本大使館内において、いっさいがっさい止めよ。


    日本国憲法は、第九条で主権者日本国民に日本国外で集団で武器銃器兵器を使用することを、未来永劫厳禁している。

    これを破れば日本国憲法違反で、やはり上記1.と同じ重大刑事犯罪の内乱罪が適用される。

    第九九条により、「天皇又は摂政(総理大臣)及び国務大臣、国会議員、裁判官その他の公務員」が日本国憲法遵守擁護義務違反を犯せば、過失であると故意であるとを問わず、ただちに憲法違反の重大刑事犯罪(日本国刑法では重過失は刑事犯罪である)として内乱罪が適用される。

    ただし、天皇はすべての基本的人権を日本国憲法によって制限された主権者日本国民全体の「象徴」であるから、この場合天皇のみ刑罰の適用が免除され、直ちに退位して日本国籍と基本的人権を回復した上で終身禁錮となる。復位は認められない。

    _______________________


    3.解体しても核燃料の掃除ができない放射能汚染垂れ流しの原発をドイツと同じようにすべて全廃せよ。


    日本の電力は水力発電と火力発電だけで十分である。

    人間が作った人工物であって、24時間365日莫大な電力を浪費し続けている世界一の電力穀潰しであるディズニーランド・ゲームセンター・パチンコ屋とテレビ局と携帯電話を日本国から絶滅させれば、莫大な余剰電力が生じてそれをまわせば日本人の商工業電力と生活電力はすべてまかなえる。

    電力会社の電気料金詐欺は厳しく刑法で断罪する。

    NHKと携帯電話の受信料通信料徴収契約は、日本国憲法第二九条私有財産権の保障に、真っ向から背く憲法違反である。これらの憲法違反である放送法電話通信法を使って料金を徴収している総務省は、日本国籍公務員組織であり、ゆえに憲法第九九条に違反する内乱罪が総務省公務員全員に適用される。

    _______________________


    以上の3種の人工物を日本の国から絶滅廃棄掃除するだけで、直ちに日本国は世界一のGDPを達成することができ、世界中の国へ戦争の無い平和と放射能のない安全と地球に優しい江戸時代の日本の環境共存文化文明との三宝を、現地へ行って竹箒と塵取り掃除の無償供与で援助することができる。

    _______________________
    _______________________


    ポイントは、一人一人が竹箒と塵取りを持って、めいめい自分の家の前の公共の道路や広場を、普段から和顔で少しずつ黙々と掃除することです。


    これは「佛陀を繞りて」山崎精華著;大雄閣刊本のなかの「愚かな槃特」大正蔵経第二十三巻、律部二、根本説一切有部毘奈耶巻第三十一、にならったものです。


    NHKに踊らされた安倍総理の集団自衛権で「派兵」されることになった自衛隊の諸君も、ヘルメットと防弾チョッキを着て武器を持たず竹箒と塵取りだけを持って、海外派兵先の戦争で破壊された町や道路を黙々と和顔で掃除して掃き清めて上げれば、世界中の人びとから感謝されることでしょう。


    先祖代々親孝行で他人に親切な仏心「和顔愛語」日本人ならではの海外派遣平和構築活動となります。


      南無釈迦牟尼仏 


    _______________

    ★阿修羅♪NHKで大暴言、憲法読めない高村副総裁が露呈―自民党改憲草案のデンジャラスさ

    「あたらしい憲法のはなし」文部省 昭和22年教科書通達
    >>http://www.asyura2.com/16/senkyo203/msg/908.html#c15

  2. 通りがけ | URL | -

    「とある壮年期働き盛りの非常に献身的な学校医への手紙」

    http://www.asyura2.com/16/senkyo203/msg/908.html#c40


    題名:久昌通信221号をお送りします。


    拝啓

    この3月16日、朝日新聞の全国版投書欄に次のような投書が載りました。

    (1)
    >阿修羅♪NHKで大暴言、憲法読めない高村副総裁が露呈―自民党改憲草案のデンジャラスさ
    >22. 2016年4月06日 03:15:52 : o4qAQYe0h6 : iNW6gVWNFCQ[11]
    ▲△▽▼

    臨済宗妙心寺派豐嶽山久昌寺ホームページ
    http://www.tamano.or.jp/usr/kyushoji/tushin/221.html

     悉有仏性(しつうぶっしょう)

    3月16日に、朝日新聞の投書欄に掲載されました。
          僧侶 豊岳 澄明(岡山県 60)  

     安倍晋三首相が、在任中に憲法改正をと明言した。憲法9条の改憲が最大目標なのは明らかだ。    

     実は私自身、去年までは迷っていた。今の国際情勢を考えれば、集団的自衛権行使容認を明文化した憲法に変えた方が戦争の抑止力になるかもしれないと。それが改憲に絶対反対と意思を固めたのは、A級戦犯の発言を読んだのがきっかけだ。

     A級戦犯4人の発言をラジオ局が1956年に録音放送し、その後、新聞記事になったものだ。元陸軍大将の荒木貞夫氏は「負けたとは私は言わん。まだやって勝つか負けるかわからん」と言い、「敗戦」ではなく「終戦」と発言をしていた。彼は終身刑の判決を受けたが、仮釈放されて生きた。しかし、軍の命令で戦い命を落とした人、戦後にB・C級戦犯として処刑された人も多くいるというのに……。

     仏教では「一切衆生悉有仏性」という教えがあり、皆に平等に素晴らしい命があると説く。これに真っ向から反するのが、命の価値に上下をつける戦争だ。私の迷いは消えた。戦争の放棄を宣言した日本国憲法を守り抜かなければならない。


    今から71年前、沖縄戦が悲惨な結果となり、日本中が無差別爆撃され、広島や長崎に原爆が落とされてもなお、日本は降伏せず本土決戦に持ち込もうと主張した人々がありました。もしそうなっていれば3百万人の犠牲者が5百万、あるいは数千万になっていたかもしれません。でもそんな犠牲者の命のことは、戦争の指導者にとっては取るに足りないことなのです。

      正義の戦争、自衛のための戦争、聖戦・・・、いろんな言い方がありますがどんな戦争であっても、命の価値に上下をつける図式は変わりません。戦争は絶対悪に違いないと思うのです。 

    ____________________________________

      この2月に、インターネット上でこんなことが話題になりました。
    ____________________________________

    東京の公立小学校で6年生の男子が卒業文集に「将来、国会議員になって、戦争したり武器を輸出したりしない平和な国を作りたい」と書こうとしたら、「政治批判を内容に含み卒業文集には載せられない」として書き直しを命じられたそうです。
    ____________________________________


    日本はいったいどこへ向かおうとしているのでしょうか?

    ____________________________________

    (転載終わり)

    ・・・・・・・・・・


    (2)
    また、同じ掲示板に「あたらしい憲法のはなし」文部省 昭和22年教科書通達を青空文庫からテキストコピーしてアップしました。
    >>http://www.asyura2.com/16/senkyo203/msg/908.html#c15

    こちらは、先生のお父様お母様のご年輩の方々が中学校で習われたでしょうからよくご存じだと思います。

    そしてこの文部省通達は昭和22年執行以来平成28年現在に至るまで改変されておらず、現在も憲法上及び法律上完全に有効です。

    ・・・・・・・・・


    これら(1)(2)は、どちらも、今の安倍政権が推進する教育改革『日本の学生生徒を児童のうちから家訓よりも政府方針に服従させるよう「厳しく」小学校でしつけを叩き込む』方針を盲目的に追従踏襲する現在の小学校教育を、国民主権日本国憲法を尊重し擁護する憲法最高法規九九条の立場から、その根底を問いただすものだと考えます。

    ぜひ学校医先生とお父様お母様と、小学校と教育委員会の皆様で、ご一緒にお読み戴ければ幸甚に存じます。

    敬具

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://andreagritti.blog112.fc2.com/tb.php/2255-2b595635
この記事へのトラックバック


最近の記事