慰安婦を強制連行した犯罪者を探さない不思議

2015年11月03日 22:49

20151103日韓首脳会談

首相、慰安婦問題「合意すれば再び提議しないことが大切」 TBS

 安倍総理は2日夜、出演したテレビ番組で、日韓首脳会談で従軍慰安婦問題について早期の妥結を目指して交渉を加速させていくことで一致したことについて、「大切なことは、お互いに合意をすれば、その後はもうこの問題は再び提議しないということだ」と述べました。

 安倍総理は、韓国の朴槿恵(パク・クネ)大統領との首脳会談で議論になった従軍慰安婦の問題について、「現実に日韓間の障害になっているのは事実だ」と述べた上で、「日本の基本的立場は変わらないが、どのような知恵があるのか、交渉を加速化していこうということで一致した」と語りました。

 そして、これまでの韓国側の対応について、「おそらく多くの日本の方々はゴールポストが動いているという実感を持っておられるんだろうと思う」と述べました。

 その上で、「大切なことは、お互いに合意をすれば、その後はもうこの問題は再び提議しないということだ。ここで終わったと思ったけれども政権が代わるたびに提議をされているということがないようにしなければならない」と述べ、今後、慰安婦問題について韓国側と交渉を加速させ、妥結した場合には、その後、再び問題化することがあってはならないという考えを強調しました。(02日22:04)

以上引用終わり

1965年 「両締約国は、両締約国及びその国民(法人を含む。)の財産、権利及び利益並びに両締約国及びその国民の間の請求権に関する問題が、… 完全かつ最終的に解決されたこととなることを確認する」と条文に書かれている「日韓基本条約」 

1993年 日本国として責任を認めてくれさえすれば今後外交懸案として提起しない、と言われ発表した「河野談話」

1995年 韓国政府として評価しておきながら、民間団体の批判で手のひらを返した「アジア女性基金」

何度も何度も蒸し返し、切りのないこの案件、安倍総理が
「大切なことは、お互いに合意をすれば、その後はもうこの問題は再び提議しないということだ。ここで終わったと思ったけれども政権が代わるたびに提議をされているということがないようにしなければならない」
というも尤もだ。

釘をさして、万が一慰安婦問題の解決に合意出来たとして、さらにもう一度手のひらを返したら… その時本当に日韓関係は終わるでしょうね。

朝鮮人の言う“従軍慰安婦”なるものが本当に実在するのなら、ユダヤの人々がナチスの関係者をまさに地球の果てまで探しに行って見つけてきているように、朝鮮人も少女たちを慰安所へ送った犯罪者を探しだして処罰すればいい。

なぜそれをしないのか?

そこに不都合な真実があるからだろう?

女性を強制連行したと、の証言をした吉田清治を勇気ある告白者として賞賛する国だからな。
本来であればとっ捕まえて、罰しようとすべきだろう。
そうしないのは、罰したいからではなく貶めたいから、日本国であり日本人全体を。
そのためなら口実はなんでもいいのだ。

悲惨な体験をした元慰安婦を政治的に利用し、高齢になるまで晒し者にし続けたのは、まさに朝鮮人のそういう意識のためだ。
日本を貶める道具として、性的道具だったと証言させ続ける人生を選ばせているのは、朝鮮人自身。
酷い話だ。


人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ 付き合いきれない、と思った方はクリックを!
にほんブログ村 政治ブログ
にほんブログ村 政治ブログへ


不都合な真実

中古価格
¥1から
(2015/11/3 20:55時点)



高品質と低価格。驚きのコストパフォーマンスを実現!「印刷の通販 グラフィック」
関連記事
スポンサーサイト


コメント

  1. 通りすがりさん | URL | -

    Re:慰安婦を強制連行した犯罪者を探さない不思議

    日本の国旗には飾りをつけないのもいやがらせですかね?

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://andreagritti.blog112.fc2.com/tb.php/2207-04780d85
この記事へのトラックバック


最近の記事