スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

朝鮮人、日本公使の銅像をわざと逆さまに設置

2015年08月21日 20:54

ソウル市、日本の統治招いた日本公使の銅像をわざと逆さまに設置 レコードチャイナ

2015年8月20日、韓国・聯合ニュースによると、ソウル市が日本統治時代に建てられた韓国国税庁別館の取り壊しを完了し、かつての日本公使の銅像を逆さまに建てるパフォーマンスを行う。

国税庁南大門別館は、1937年に朝鮮総督府逓信局庁舎として建てられたものだが、ソウル市が4月から取り壊し作業を行っていた。今後、地上部分は広場に、地下は隣接する徳寿宮への通路として整備されるという。

ソウル市はこれに合わせ、朝鮮統監部官邸のあった場所に、日韓併合への道筋を付けた日本公使の銅像を逆さまに建てるパフォーマンスも行う。1900年に駐韓日本公使として赴任、日韓協約の締結に携わった林権助の銅像は、

20150821林権助

解放後に破壊されたが、後に「男爵林権助君像」と書かれた台座部分だけが見つかっていた。市は今回、台座の石をあえて逆さまに設置することで、

20150821幼稚

恥辱の歴史を忘れないようにとのメッセージを込める考えだ。

以下略

以上引用終わり

くだらない、精神的に幼稚過ぎる。
まあいつものことだけど。

林権助といえば、「八重の桜」にも出ていた会津の大砲指南、戊辰戦争で勇敢に戦い戦死したその孫が同姓同名の林権助で、朝鮮の日本公使として日韓併合を推し進めた立役者だ。

朝鮮人からしたら亡国の原因の一人かも知れないが、彼は軍事力を背景にした砲艦外交を嫌い、東洋の平和を目指した信念の外交官だった。
伊藤公の例と同じように、憎んではいけない人を恨んで、今でもまだこのように晒し者にしようというのだ。

先入観なく物事を見ることが出来ないので、なんでも歪んで見えてしまう。
逆さまになっているのは朝鮮人の歴史観だよ。


人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ これはひどい!と思った方はクリックを!
にほんブログ村 政治ブログ
にほんブログ村 政治ブログへ

高品質と低価格。驚きのコストパフォーマンスを実現!「印刷の通販 グラフィック」

わが七十年を語る (1935年)
関連記事
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://andreagritti.blog112.fc2.com/tb.php/2172-e778b22f
    この記事へのトラックバック


    最近の記事

     
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。