地震はチベット弾圧の報い発言

2008年05月31日 12:35

以下AFPより引用

「地震はチベット弾圧の報い」発言の女優S・ストーン、中国で非難の嵐
2008年05月29日 15:57 発信地:北京/中国

【5月29日 AFP】米女優シャロン・ストーン(Sharon Stone)さん(50)が、死者6万7000人を出した中国の四川大地震が起きたのは、チベット問題への対応が悪いために起きた「カルマ(報い)」だと発言したことから、中国人の間で激しい怒りの声が上がっている。京華時報(Beijing Times)が28日、報じた。

 動画投稿サイトユーチューブ(YouTube)に掲載された映像によると、ストーンさんは前週、第61回カンヌ国際映画祭(Cannes Film Festival)に出席した際、「中国人のチベット人への扱いを残念に思う。誰に対しても心ない扱いをするべきではないわ」と発言。

 さらに「私の友人、ダライ・ラマ(Dalai Lama)も冷遇されているので、北京五輪開催について、どんな態度を取るべきか悩んでいた」とした上で、「だからこの地震が起こって、これは報いじゃないかと思った。良い行いをしないと悪いことが起こるものでしょう?」と述べた。

 この発言を受けて、中国国内ではストーンさんに批判が集中。同国の映画館チェーンUME Cineplex創設者がストーンさんの出演するすべての映画の上映を拒否する旨を表明したと、京華時報は報じている。

 また、ストーンさんを広告に使用している仏高級ブランド「クリスチャン・ディオール(Christian Dior)」は、ストーンさんの発言に対して「同社の意見が同じというわけではない」と釈明するコメントを発表。27日には、北京(Beijing)市内の百貨店からストーンさんを使用した広告を撤去した。

 インターネット上にも抗議の声が殺到している。アダムと名乗る中国人男性はユーチューブに映像を投稿し、「謝ってほしい。私にではない、亡くなった人々にだ。この映像で人々が団結し、ストーンさんに謝罪を求めてほしい」と語った。(c)AFP


以上引用終わり

これはいかんよ。

中国共産党のチベットの人々に対する弾圧はもちろんよくないが、
その弾圧されたチベットの人々も、地震の被災者も、被害者という意味では同じ。

チベット人を直接弾圧した中国人が被災した場合、それを報い(karma)というのなら、科学的にはともかく心情的にはわからないでもない。
しかし、チベット人弾圧にまったくかかわりない中国人が被災した場合はどうなのだ?
報い(karma)は個人単位ならともかく国や民族単位で当てはめちゃいけない。
大きな人の単位ではみなが同じ考え、同じ行動をとるわけではないのだから。

それとこの人はダライ・ラマを友人と呼んでいるが、チベット人がどこに居住しているのかもしらないのか?
今回の四川大地震ではチベットの人々も多数被災している。
これはなんの報いだ?

この発言の報いはこれから十分に受けられるみたいですけどね。
<シャロン失言>たった一言で損失60億円、これも当然の「報い」?―米CNN
人気ブログランキング参加中!
携帯からはこちら
人気ブログランキング

FC2ブログランキング参加中!
携帯からはこちら
FC2ブログランキング

関連記事
スポンサーサイト





コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://andreagritti.blog112.fc2.com/tb.php/211-14e13bb3
    この記事へのトラックバック


    最近の記事