黒煙を上げて飛ぶ中国ステルス機

2015年01月31日 15:36

黒煙を上げて飛ぶ中国ステルス機に驚く海外メディア、でも中国ネットからは「黒煙は出て当然」「黒煙が出るよう設計した」と余裕の声 livedoorニュース

2015年1月29日、環球網が、海外メディアの記事を引用し、中国が開発している国産次世代ステルス機・FC-31(殲-31)が珠海航空ショーで披露された際に、黒煙を上げて飛ぶ姿に海外メディアが驚いたことを伝えた。

環球網によると、昨年行われた珠海での航空ショーで、FC-31がデモ飛行を行ったが、黒煙を上げて飛ぶ姿に「ステルス性に影響はないのだろうか」と海外メディアは驚いたという。そして「機動性不足の感が否めない」とも述べている。

以下略

以上引用終わり

20150131J-31.jpg

なるほどw盛大に吹いてますなw
まあ不完全燃焼でしょうから、エンジンの出力不足か、吸気の部分に問題があるかでしょうな。

F-35のコピーなのになぜかエンジン双発になってるしw
単発じゃ出力足らなかったんでしょうな、中国のエンジンじゃ。

F-35の格好だけパックても、上手く行きませんよ。

黒煙を上げて飛ぶ姿に「ステルス性に影響はないのだろうか」と海外メディアは驚いたという。そして「機動性不足の感が否めない」とも述べている。


何言っているアルか!
あの黒煙は戦闘機を隠す“煙幕”の役割をするアルヨ!
むしろステルス性は上がるアルヨ!

で、ステルスってなにアルか?


中国製だけに、大気汚染仕様ってことですねw


人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ これはひどいwと思った方はクリックを!
にほんブログ村 政治ブログ
にほんブログ村 政治ブログへ




関連記事
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://andreagritti.blog112.fc2.com/tb.php/2073-1605f800
    この記事へのトラックバック


    最近の記事