スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

毎日『有権者は自民党に白紙委任していない!』

2014年12月17日 17:21

衆院選:「白紙委任していない」自民に投票100人アンケ 毎日新聞

20141217白紙委任

安倍晋三首相はアベノミクスに争点を絞って、今回の衆院選に勝利した。だが、有権者は首相が掲げる他の重要政策をどう見ているのか。14日の投票日、全国の投票所で自民に投票した人たちに聞くと、賛否は大きく割れた。有権者の民意は多様で、首相に「白紙委任」したわけではないことが分かった。【まとめ・鈴木泰広】

 毎日新聞は、北海道から九州まで全国30市区の投票所で自民の候補や党に投票した人を対象に、アベノミクス▽憲法9条改正▽集団的自衛権の行使容認▽原発再稼働−−の四つの政策への賛否や思いを聞き、男女114人が取材に応じた。

 首相が「争点」とするアベノミクスには、「恩恵がない」など批判する意見も少数あったが、約9割が賛成と回答した。だが、四つ全部支持するとしたのは約2割で、アベノミクス以外の三つでは賛否が割れた。

 憲法9条改正には5割超、原発再稼働には4割超が反対した。集団的自衛権の行使容認にも4割近くが反対。全体として、原発再稼働や憲法改正には懐疑的でも、アベノミクスの今後の効果に期待して自民に票を投じる有権者が多かったとみられる。

 自民党に1票を投じた有権者の思いは一通りではない。大阪府松原市の50代男性は「経済をよくしてほしい」とアベノミクスに賛同しつつ、「あとの政策は反対。安倍さんのやりたいようにはさせたくない。でも、とりあえず給料を」と語る。

 憲法9条改正や集団的自衛権の行使容認については、戦争を知る高齢者から否定的な意見が聞かれた。大阪府高槻市の70代女性は、兵庫県西宮市で空襲に遭い、同級生を亡くした。「戦争は絶対にいや。戦争に近づく政策には反対だ」。福岡市の50代女性は「9条のお陰で何十年も戦争がなかった。孫も平和で暮らせる日本であってほしい」と願う。

 集団的自衛権では行使容認の手続きを問題にする意見もあった。小学4年の息子を持つという福島市の40代男性は、アベノミクスには賛成しながらも「なし崩しで若い子たちが戦場に駆り出される可能性がある」と警戒。行使容認について「憲法解釈の変更で『やる』という流れになるのは、どんなことでも怖い」と語った。

 東京都世田谷区の30代男性は「改憲手続きを経て行使を容認すべきだ。順序を守れ」と、首相の性急な手法を批判した。一方、「行使容認は必要だが、憲法改正までは必要ない」(東京都江東区の50代男性)という意見もあった。

 原発再稼働についても、民意は多様だ。

 経済政策には賛成するという江東区の40代女性は、「みんなが我慢すれば原発はいらない」と脱原発の立場だ。福島市では厳しい声が聞かれた。「あれだけの事故を起こして再稼働に踏み切るのか」(40代女性)

 一方、名古屋市の50代男性は「原発自体には反対だが、代替エネルギーがないので仕方がない」。他にエネルギーがあればやめるべきだとの声は少なくなかった。

 景気をよくしてほしいという思いは抱きつつ、安倍首相の政治手法に、「乱暴すぎる」「何も分からないうちに進めてしまう」など疑問の声を上げる有権者もいた。世田谷区の70代女性は言った。

 「選挙で大勝したからといって、自民に票を入れた人がすべてに賛成するとは思わないでほしい」

以上引用終わり

「白紙委任」の意味をわかってないな、この記者は。

有権者の民意は多様で、首相に「白紙委任」したわけではないことが分かった。

当たり前だ。
“白紙委任”するというのは、なにをやるかをすべてお任せ、ということだ。
公約なんてなんの意味もなくなる。

逆に言えば公約を挙げて戦った候補者に投票したのなら、公約は積極的にしろ消極的にしろ肯定したと同じ。
方向性としては公約の方に流れていくのが普通で、行かなければ公約違反だ。

公約をやろうとすれば、白紙委任したわけじゃない!
公約を破れば、公約違反!

こう言っていればいいマスコミは、ご都合主義でしかないな。


人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ これはひどい、と思った方はクリックを!
にほんブログ村 政治ブログ
にほんブログ村 政治ブログへ
関連記事
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://andreagritti.blog112.fc2.com/tb.php/2045-4f020a26
    この記事へのトラックバック


    最近の記事

     
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。