赤字は関係ない公務員

2008年05月22日 23:25

以下朝日新聞より引用

大阪府一般職員の基本給、4~16%削減案を発表
2008年05月22日

 大阪府の橋下徹知事は22日、財政再建策の第一弾として、今年8月からの8カ月間で総額352億円にのぼる人件費削減案を発表した。都道府県で初めて退職手当カットに踏み切るとともに、一般職員の基本給を16~4%削減し、都道府県で最低水準になる見通し。橋下知事は報道陣に「府民サービスにかなり切り込むので、人件費も切り込まざるを得ない」と語った。

 基本給の削減率は知事30%、副知事20%、危機管理監16%、部長級14%、管理職12%、非管理職10~4%で、8月から10年度まで実施。退職手当の削減率は知事50%(改定済み)、副知事20%、部長級以下5%とする。

 対象は一般行政職員1万293人、警察職員2万2805人、教職員5万7974人の計9万1072人。

 このほか国家公務員を上回る水準で支給してきた住居手当や通勤手当を国に合わせ、出張時の日当なども廃止。非常勤職員の報酬も減額する。

 削減案が実施されると、基本給に諸手当を含め、今年度は部長級(平均年収1373万2千円)で75万4千円、管理職(同1029万5千円)で55万7千円、非管理職(同691万8千円)で33万8千円の削減になる。

 国家公務員の基本給の水準を100としたラスパイレス指数は昨年4月時点の97.0から89に下がり、都道府県で最低になる見通しだ。

 府は現在、ボーナス6~4%カットや管理職手当の5%削減を実施しており、今回と合わせた削減効果は年間で557億9千万円になる。橋下知事は7月の臨時議会に議案を提出する予定だが、この日に削減案の提案を受けた職員労組は猛反発している。


以上引用終わり

部長級(平均年収1373万2千円)で75万4千円、管理職(同1029万5千円)で55万7千円、非管理職(同691万8千円)で33万8千円の削減になる。

はぁ~すごいですね~これぐらいもらいたいね。
と、しがないサラリーマンは思いますが、職員労組は猛反発ですか。
贅沢ですね~だいたい労組があること自体おかしくない?公務員なのに。

昔から不思議に思っていたんですが、なんで公務員の給料は民間会社員の平均給与を目安に決めるんですかね?しかも実態は手当てなどのため上記のように目安になってないし…

国も自治体も税収でやりくりしているんだから、税収から給与を割り出せばいいのだ。
税収-経費=給与 この給与を職員で配分すればいい。
そうすれば経費を削減することに必死になるだろうし、無駄な職員は辞めさせるだろう、自分の分け前が減るのだから。

民間企業でも家庭でも普通にやってることですよ。
民間を見習うならこっちを見習いなよ。

橋下知事がんばってください!

関連記事
橋下知事ハコモノ行政の実態をみて仰天の巻
橋下知事の一歩
人気ブログランキング参加中!
携帯からはこちら
人気ブログランキング

FC2ブログランキング参加中!
携帯からはこちら
FC2ブログランキング

関連記事
スポンサーサイト





コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://andreagritti.blog112.fc2.com/tb.php/200-ab5faf54
    この記事へのトラックバック


    最近の記事