これはうなぎパイじゃないニダ、独自開発ニダ

2014年07月30日 22:09

韓国にも「うなぎパイ」 業者「独自開発」 東京新聞

20140730チャンオパイ

 【ソウル=島崎諭生】浜松市特産の菓子として知られる「うなぎパイ」そっくりの菓子「チャンオパイ」が、昨年10月から韓国で発売されている。「チャンオ」は韓国語でウナギを意味し、直訳すれば「うなぎパイ」。ウナギを煮詰めたエキスをパイ生地に混ぜて焼く製法で、味も形状も「うなぎパイ」に似ている。

 韓国北西部京畿道坡州(キョンギドパジュ)市にある「スリホル製菓」が発売した。経営者は、製菓店を二十年間、ウナギ料理店を十年間経営した経験があり、「体が弱い孫のためにウナギのエキスを混ぜた菓子を発案し、約二年をかけて独自に製造技術を研究開発した」と話している。

 研究を始めてから日本でも浜松市の製菓会社「春華堂」が「うなぎパイ」を作っていると知り、同社の一般向けの工場見学に参加したこともあるというが、「味は全く違う」と主張している。昨年十一月には韓国で製造法の特許も取得した。現在は学校給食にも提供しているという。

 春華堂は日本語や英語の「うなぎパイ」の名称を韓国でも商標登録していたが、「チャンオパイ」は商標登録していなかった。同社の担当者は本紙の取材に「初めて知った」と驚きを口にし、「調査して事実を確認した後、対応を検討したい」と話している。

以上引用終わり

静岡住みの私からすれば、数少ない静岡銘菓になにすんだよ(笑)

浜松市特産の菓子として知られる「うなぎパイ」そっくりの菓子「チャンオパイ」が、昨年10月から韓国で発売されている。「チャンオ」は韓国語でウナギを意味し、直訳すれば「うなぎパイ」。ウナギを煮詰めたエキスをパイ生地に混ぜて焼く製法で、味も形状も「うなぎパイ」に似ている。

何から何まで“まんま”じゃねーかよ。
せめて名前くらい考えろよ。

「体が弱い孫のためにウナギのエキスを混ぜた菓子を発案し、約二年をかけて独自に製造技術を研究開発した」と話している。

こういうお涙頂戴の要素を入れてくるところが朝鮮人らしい。

同社の一般向けの工場見学に参加したこともあるというが、「味は全く違う」と主張している。

一般向けの工場見学じゃあ春華堂も手の施しようがないな。

ぬけぬけとウソをつけるところが朝鮮人の特徴。

それにしても
「スリホル製菓」って(笑)
うなぎパイをスリして、それでホルホルしてる製菓みたいで笑うな。

そのうち「日本がチャンオパイを真似たニダ」って言うんだろ。
なにせ韓国は宇宙の起源だからなw


人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ これひどい!と思った方はクリックを!
にほんブログ村 政治ブログ
にほんブログ村 政治ブログへ



関連記事
スポンサーサイト


コメント

  1. argument | URL | HfMzn2gY

    Re:これはうなぎパイじゃないニダ、独自開発ニダ

    うなぎパイのような海産物のエキスを配合したお菓子はその配合比率が微妙で、少なすぎれば風味がしないし、多すぎれば生臭かったりエグミが出たりして、実は美味しくするのが非常に難しのではないかと思います。

    浜松のうなぎパイはもちろん絶妙な味付けですが、こんなまがい物が世界に広まってうなぎパイ自体の印象を下げてしまうのではないかと実に心配です。

  2. グリッティ | URL | l7H4TccY

    argument様

    コメントありがとうございます。

    繊細な味付けとかできそうにないですもんね。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://andreagritti.blog112.fc2.com/tb.php/1978-332f572d
この記事へのトラックバック


最近の記事