スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『加藤の乱』とは何か、を聞けよw

2014年06月04日 23:20

「保守」とは何か 元衆院議員・加藤紘一氏に聞く 朝日新聞

20140603加藤紘一

 安倍首相が、解釈改憲による集団的自衛権の行使容認を打ち出したいま、改めて「保守」の意義が問われている。かつて自民党で保守本流を歩んだ元衆議院議員加藤紘一氏は、首相の姿勢を批判している。保守とはいったい何なのか。加藤氏に尋ねた。

■首相は非論理的

 ――安倍首相は憲法解釈の変更で、集団的自衛権の行使を認める考えを示しました。

 安倍さんがなんであんなに、やみくもに必死になっているのかが分からない。

 ――解釈改憲で集団的自衛権の行使容認することに反対ですか。

 (安全保障での)フリーライド(ただ乗り論)は国際社会で風当たりが強い。一方、憲法改正にはものすごいエネルギーがいる。解釈改憲で道を開くのも一つの手だと思っていた。

 だけど、だんだん「このままいくと歯止めが利かなくなるかも」と思うようになった。立憲主義でやったほうがいいなと。

 ――なぜですか。

 A級戦犯を合祀(ごうし)してから昭和天皇は靖国神社に行かなくなった。それなのに、安倍さんは「日本の心」と言って靖国へ参拝する。陛下に失礼だと思うよ。矛盾したことをやりながら、それが平気で世の中に通っていく。これは危ないなと。

 論理的に考えたのではないと思う。「戦後何十年も、革新の連中、威張りやがって」と、いわゆる「革新勢力」に対し、復讐(ふくしゅう)戦をやっているんだと思う。

 ――憲法改正で対応すべきだと。

 ええ。やるならやはり大論議が必要。徴兵制の議論もしなければならない。それでも「アメリカと一緒に鉄砲を持とう」と決心したのなら、私は間違いだと思うが、これは民主主義だからしょうがない。

 いま、僕の三女には、2歳になる男の子がいる。議論もないうちに間違えて、その子に戦争に行けとなる。その子が戦争で殺されるなんて考えただけでも許せない。

以上引用終わり

腰砕け“加藤の乱”の人か(笑)

(安全保障での)フリーライド(ただ乗り論)は国際社会で風当たりが強い。一方、憲法改正にはものすごいエネルギーがいる。解釈改憲で道を開くのも一つの手だと思っていた。

これだけよく分かっているのになんでこうなるかね~

A級戦犯を合祀(ごうし)してから昭和天皇は靖国神社に行かなくなった。それなのに、安倍さんは「日本の心」と言って靖国へ参拝する。陛下に失礼だと思うよ。

意味が分からない…

勝手に陛下の気持ちを忖度する方がむしろ失礼だろうに。

論理的に考えたのではないと思う。「戦後何十年も、革新の連中、威張りやがって」と、いわゆる「革新勢力」に対し、復讐(ふくしゅう)戦をやっているんだと思う。

威張りやがってって言うより、ウソばっかつきやがって、だろう。

いま、僕の三女には、2歳になる男の子がいる。議論もないうちに間違えて、その子に戦争に行けとなる。その子が戦争で殺されるなんて考えただけでも許せない。

でた、サヨク得意の”学徒出陣”
子供を“だし”に反戦論をぶつ。

ではその2歳の子が、侵攻してきた他国の軍に殺されるのは許せるのかね?
腰砕けでは、可愛い孫は守れないよ。

人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ 情けない奴!と思った方はクリックを!
にほんブログ村 政治ブログ
にほんブログ村 政治ブログへ
関連記事
スポンサーサイト


コメント

  1. 河内のおっさん | URL | -

    Re:『加藤の乱』とは何か、を聞けよw

    久々に加藤を見ましたが、相変わらず死魚の目をしていますね。
    とっとと、腐ればいいのに。(笑)

  2. やす | URL | -

    Re:『加藤の乱』とは何か、を聞けよw

    加藤と野中、古賀、河野洋それに富市とルーピー歴代3ばかソーリは
    世界売国奴遺産に登録しよう。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://andreagritti.blog112.fc2.com/tb.php/1949-60041e65
この記事へのトラックバック


最近の記事

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。