空母より他にやる事あるだろう

2008年05月12日 22:51

以下読売新聞より引用

米空母訴訟、初の原告適格…横浜地裁支部が国に異例の注文

 米海軍横須賀基地(神奈川県横須賀市)に8月、配備される原子力空母ジョージ・ワシントンに反対する首都圏の1都5県の住民約650人が、国を相手取り、配備に伴う浚渫(しゅんせつ)工事差し止めを求めた訴訟の判決が12日、横浜地裁横須賀支部であった。

 小野剛裁判長は請求を棄却したが、「原告らは原子力空母による放射線被曝(ひばく)の不安を抱いており、住民の危惧(きぐ)を解消するため、米軍が保有する安全性に関する詳細かつ正確な情報の入手、提供に努めることが望まれる」と国に対し、異例の注文を付けた。

 米本土以外では初となる原子力空母配備を巡って反対派住民が起こした関連の訴訟、仮処分では、門前払いの却下としており、「原子力空母によって発生する住民の被害は審理の対象になる」と踏み込んで判断、原告適格を認めたのは初めて。

 訴えによると、原告は、空母が停泊する付近の海底を掘り下げる工事で、大量のヘドロ拡散による漁業被害が発生するなどとして工事差し止めを求めていた。

(2008年5月12日12時04分 読売新聞)

以上引用終わり

原子力空母は危険なんだそうである。
核事故の危険があるそうだ。→米原子力空母 恒久的な母港化を許さない しんぶん赤旗より
「横須賀四十二万市民をふくむ首都圏三千万人を核事故の危険にさらします。」 赤旗より引用

ではアメリカ人は安全に無頓着なのか?

アメリカの代表的な海軍基地がある「ノーフォーク」24万人、周辺都市も含めると156万人の都市圏。
西海岸の海軍基地「サンディエゴ」130万人、周辺都市も含めると480万の都市圏。

首都圏三千万には及びませんが、大都市圏に立地していますけどね。
ここの住民を危険に曝していいとアメリカ政府は考えているのか?

それとアメリカの原子力空母にかまける前に日本の原子力発電所止めないと。
それが順序というものでしょう。

>訴えによると、原告は、空母が停泊する付近の海底を掘り下げる工事で、大量のヘドロ拡散による漁業被害が発生するなどとして工事差し止めを求めていた。

で、これは口実?
いろいろ大変だね~漁業の心配までしていただいて。

この判決も画期的な判決とか言われていろんなところで使われるんだろうね。
でも棄却だから。本筋をよく理解しようね。

本当にあなたたちは物事の順序と本筋がわかってないから。
人気ブログランキング参加中!
携帯からはこちら
人気ブログランキング

FC2ブログランキング参加中!
携帯からはこちら
FC2ブログランキング

関連記事
スポンサーサイト





コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://andreagritti.blog112.fc2.com/tb.php/191-2a7ea18f
    この記事へのトラックバック


    最近の記事