中学生が自衛隊で職場体験するのは徴兵らしい

2013年12月01日 19:21

ちょっと古いネタですが、UPを忘れてました^_^;

自衛隊での中学生の職場体験に労組など抗議 「迷彩服に違和感」 上越タウンジャーナル

新潟県上越市にある県立直江津中等教育学校の生徒が陸上自衛隊高田駐屯地で職場体験学習を行ったことについて2013年11月26日、社民党や労組などが同校を訪れ、武藤正美校長に抗議文を手渡し、来年度以降の中止を求めた。

 同校では今年11月6~8日に3年生10人が同駐屯地で職場体験学習を行った。生徒たちは迷彩服を着用して行進などの基本動作やロープの結び方などを学んだという。同校では生徒から体験したい職種と職場をきいて行き先を決めており、自衛隊には17人の生徒が希望したが受け入れ側の高田駐屯地の都合で10人になったという。

 この職場体験学習に抗議したのは上越地区平和環境労組会議(牧田正樹議長)と社民党上越協議会(本城文夫代表)、新社会党上越支部(小山一郎支部長)の3団体。3団体の5人が同校を訪れ、「日本も批准しているジュネーブ条約では15歳未満の徴兵は禁じられている。体験学習とはいえ児童が自衛隊で職場体験することは条約の理念を踏みにじるものだ」などと抗議した。

↓武藤校長(左から4人目)に抗議する3団体の代表ら
20131201迷彩服


 武藤校長は「キャリア教育の大事な学習で、自衛隊もいろいろな企業などの中の一つと認識している。防衛大を受験する生徒も実際におり、職業選択の一つの選択肢としてしっかりと本物を見てもらいたいと思っている」と説明した。

 これに対して3団体は「自衛隊は軍隊だ。一般の企業と同列に捉えるのは平和学習の上でも問題だ」(新社会党の小山氏)、「生徒が迷彩服を着ていることに違和感を感じないのか」(社民党の本城氏)などと詰め寄った。

 武藤校長は「自衛隊が軍隊かどうかについて私はここで論じる立場にない。批判があるということは認識したので、これまで通り職場体験学習をより良いものにするために検討したい」と答えた。

 上越市教育委員会によると、同市内では今年、同校のほか、市立中学校2校が自衛隊で職場体験学習を行っている。

以上引用終わり

暇だね~

「日本も批准しているジュネーブ条約では15歳未満の徴兵は禁じられている。体験学習とはいえ児童が自衛隊で職場体験することは条約の理念を踏みにじるものだ」

ちょ、ちょーへーってw
ただの体験学習じゃん。
これだけでそんな発想するなんて、↓ これ思い出したわ。
親が自衛官の人の体験談

私の父は自衛官だった。小学生も安保反対デモのまねをしていた60年安保騒動の翌年、小学校の4年生だった私は社会科の授業中、担任の女性教師から「大野君のお父さんは自衛官です。自衛隊は人を殺すのが仕事です。しかも憲法違反の集団です。みんな、大きくなっても大野君のお父さんのようにならないようにしましょう。先生たちは自衛隊や安保をなくすために闘っているのです」と言われたことがある。

 聞いていた私は脳天をハンマーで殴られたようなショックを受けた。その担任は日教組の組合員として積極的に組合活動をしていたらしいが、それまでは私に対して差別するような特別な態度はなく、他の生徒と同じように接してくれていると思っていたからである。


「生徒が迷彩服を着ていることに違和感を感じないのか」(社民党の本城氏)

感じねーよ!ファッションでもあるのに。
むしろ感じる事に違和感を感じるわ。

武藤校長は「自衛隊が軍隊かどうかについて私はここで論じる立場にない。批判があるということは認識したので、これまで通り職場体験学習をより良いものにするために検討したい」と答えた。

校長いいあしらい方だな。
こ・れ・ま・で・通・り・職場体験学習をより良いものにするために検討したい
つまりは何も変える気はないと。

社民党や労組のお父さんみたいに生産性のない人にならないようにしましょう(笑)

政治の人ブログは→ 人気ブログランキング
人気ブログランキングへ これはひどいwと思った方はクリックを!
ニュースの人気ブログは→ FC2 Blog Ranking
関連記事
スポンサーサイト


コメント

  1. 通りすがりさん | URL | -

    Re:中学生が自衛隊で職場体験するのは徴兵らしい

    体育での号令
    朝礼での訓示
    学校の制服

    うわぁ、軍靴のアシオトでいっぱいだぁ(笑)

  2. グリッティ | URL | l7H4TccY

    1のコメ主様

    コメントありがとうございます。

    選手宣誓なんてハイル・ヒトラーですから(笑)
    もう大変です(笑)

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://andreagritti.blog112.fc2.com/tb.php/1861-a8bab70f
この記事へのトラックバック


最近の記事