倒錯した中日新聞

2013年09月29日 17:33

中日新聞 編集部デスク 一人の道を走る 

 東京五輪決定で思い当たって、夭折(ようせつ)のマラソンランナー円谷幸吉さんを追悼する女性デュオ「ピンク・ピクルス」の『一人の道』を約四十年ぶりに耳にしました。清冽(せいれつ)なハーモニーの陰で、少年のころは何げなく聞き流していた歌詞に、今になって腑(ふ)に落ちる一節がありました。「日本のためのメダルじゃない 走る力の糧なんだ」-。そうかこれは、個人より「国」が優先する不自由な時代への、怨念の発露だったのかと。

 一九六四年東京で銅メダルの円谷さんは「金」を期待された次のメキシコを前に衝撃の自殺。高度成長期に五輪が国威発揚の一翼を担う中、国を挙げてのしかかる重圧を前に婚約破棄も余儀なくされ、心身を壊しての絶望の結末でした。

 あの悲劇から四十五年、時代は変わりました。気ままに「試合を楽しみたい」と言える今の選手たちに、そんな重圧は無縁のようです。選手が自分の夢に向かって走る自由な「一人の道」に本来、国が立ち入る余地はないはずです。

 それなのに、個人の自由を国家権力強化の脇に置くような今の改憲の動きは、まさに時代倒錯でしょう。天上の円谷さんが、この倒錯ぶりに何を思うか、聞いてみたい気がします。

 (名古屋本社編集局次長・喜聞広典)



国=政府
という解釈と
国=国民全体
という解釈を巧妙にすり替えてる。

高度成長期に五輪が国威発揚の一翼を担う中、国を挙げてのしかかる重圧を前に婚約破棄も余儀なくされ、心身を壊しての絶望の結末でした。
選手が自分の夢に向かって走る自由な「一人の道」に本来、国が立ち入る余地はないはずです。

あの当時、円谷選手にプレッシャーをかけたのは、当時のマスコミであり国民だろう。
政府がプレッシャーをかけたわけではない。

勝手に「国」のせいにしているけど、反省しなければいけないのは国民とマスコミだろうが。

それなのに、個人の自由を国家権力強化の脇に置くような今の改憲の動きは、まさに時代倒錯でしょう。

マスコミの言いなりだった時代から、個人がおのおの自由に考えられるようになって、今の試合を楽しむ選手が現れ、改憲の動きにもなっているの。
健全の社会発展の例だよ。

それを「時代倒錯」(新語かよw)ととるのは、あんたの物の捉え方が“倒錯”してるからだよ。

天上の円谷さんが、この倒錯ぶりに何を思うか、聞いてみたい気がします。

「この時代に競技したかった」と言うだろうよ、きっと。

敗れざる者たち (文春文庫)
沢木 耕太郎
文藝春秋
売り上げランキング: 20,872


人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ これはひどい、と思った方はクリックを!
FC2 Blog Rankingへ
関連記事
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://andreagritti.blog112.fc2.com/tb.php/1837-c8672332
    この記事へのトラックバック


    最近の記事