スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

靖国とアーリントン

2013年05月26日 12:42

安倍首相が米国の外交専門誌「フォーリン・アフェアーズ」とのインタビューで、かつての日本帝国による侵略戦争を主導したA級戦犯を祭る靖国神社を日本の首相や閣僚、議員らが参拝することについて「米国国民がアーリントン墓地を参拝することを考えてほしい。国のために命をささげた方々を参拝するのは、他国と何ら違いはない」と言ったそうだ。

日本では報道が無いけど中韓は大騒ぎ。

まず中国

靖国とアーリントンをいっしょくたに語るべきではない。アーリントンには独立戦争、第一次大戦、第二次大戦、ベトナム戦争、朝鮮戦争、アフガニスタン戦争などの30万人を超える戦没者が眠っている。

そこには、中国人民を日本の侵略から救うために戦った兵士や太平洋戦争で日本の軍国主義を倒すため、命を落とした若い軍人の墓もある。

一方、靖国神社にも約240万人の戦没者が眠っているが(そのうち第二次大戦の戦没者は230万人)、忘れてはならないのが、東条英機ら14人のA級戦犯と約2000人のB、C級戦犯が合祀されていること。靖国神社は日本の右翼勢力の精神的支柱であると言われているが、それは嘘ではないことが分かるだろう。

XINHUA.JPより

そこには、中国人民を日本の侵略から救うために戦った兵士や太平洋戦争で日本の軍国主義を倒すため、命を落とした若い軍人の墓もある。

そりゃそうかもしれないけど、逆もあるだろうが。
朝鮮戦争で中国兵を殺した米兵の墓もあるし、ベトナム戦争で枯葉剤まいてベトナム人虐殺した兵士の墓もあるよ。
それはいいのかよ!

国の都合で戦地に送られて結果命を落とした事に変わりはないんだよ。
日本もアメリカも。

朝鮮

 ドイツで行われたニュルンベルク裁判で有罪判決を受けたナチスの戦犯たちに対し、首都の中心部に祭ってドイツの首相や閣僚、政治家などが日本のように参拝したらどうなるだろうか。
欧州は今のように欧州連合(EU)を立ち上げ一つの欧州を目指すことなどできるはずがなく、より根深い対立と紛争に巻き込まれていたことだろう。
また、ドイツは欧米をはじめ世界から非難を浴び、さらなる孤立に追い込まれていたはずだ。日本のA級戦犯たちはナチスの戦犯たちと何ら変わらない。

朝鮮日報より

国家として組織的にユダヤ人やジプシーを抹殺しようとしたナチスと日本は全く違う。
ナチが批判されたのは、戦争を起こした事よりもホロコーストに対してだ。

日本が朝鮮人を抹殺しようとしたか?
併合・同化政策をそういうのなら、ユダヤ人から笑われるだろうよ。

東京には1959年に国家が運営する施設として建設された千鳥ケ淵戦没者墓苑がある。
第2次世界大戦中に国外で死亡した日本の軍人と民間人のうち、身元が確認されていない人たちのための納骨堂だ。
靖国とは違い、宗教的な色彩がないところだ。
安倍首相がどうしても戦没者を追悼したいのならここでするか、首相公館で侵略戦争の被害者のための追悼式を挙行するのが正しい。

中央日報社説より

千鳥ヶ淵は身元不明の戦死者を祀るところ。
アーリントンで言えば「無名戦士の墓」。

靖国とは役割が違うところだ。

安倍首相がどうしても戦没者を追悼したいのならここでするか、首相公館で侵略戦争の被害者のための追悼式を挙行するのが正しい。

「どうしても戦没者を追悼したいのなら」って日本は戦没者を追悼したらいかんのか!
「挙行するのが正しい」ってお前ら何様だよ!

日本の内政にいちいち口を出すな!

人気ブログランキングへ  
人気ブログランキングへ これはひどい!と思った方はクリックを!  
FC2 Blog Rankingへ  
関連記事
スポンサーサイト


コメント

  1. 八重桜 | URL | JtYv8qXE

    Re:靖国とアーリントン

    こんばんは。
    この件についても、本当に腹立たしい、の一語に尽きます。
    そして 軽々しく、こんな奴らが「靖国」と言う言葉を使うな!と言いたいです。

    安倍総理がアーリントンを訪れた時は、靖国神社に眠る
    国の為に戦った英霊の方々にも是非 参拝して欲しいと心から願いました。
    そこに眠るは敵も味方もなく、ただただ御国の平和を守ることと、そして家族を思う気持ちから散って行った方たちでしょう。
    朝鮮や台湾の英霊の方々もいます。御霊(みたま)がいらっしゃると言う意味です。
    A級戦犯などおりません。アーリントン墓地で花を手向けたように
    日本国の安倍総理には 真っ先に8月15日に参拝して頂きたいと願っています。

    それにしても 隣国の『本当の現在進行形侵略国』とその『属国捏造国』は
    どの口が言うか!です。
    戦後もうすぐ70年ですが、その間、靖国神社に眠る英霊の方たちは
    戦後の日本と日本人を どう思われていたことでしょう。

  2. グリッティ | URL | l7H4TccY

    八重桜様

    コメントありがとうございます。

    知覧特攻平和会館に行った事がありますが、展示されている遺書や遺影は胸に迫るものがありした。
    なぜ皆達筆で凛々しい姿をしているのでしょうか。
    今の日本人とは明らかに違います。

    そんな彼らも眠る靖国は日本人が決して忘れてはいけない、疎かにしてはいけない場所だと思います。

    中韓がどういうって来ようと関係ありませんよ。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://andreagritti.blog112.fc2.com/tb.php/1776-5cc49017
この記事へのトラックバック


最近の記事

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。