スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ナマポで温泉

2012年11月19日 09:50

友人から聞いた、友人の友人の話。

その人は30代で、母と祖母の3人暮らし。
お母さんは身体を壊し、自身も職がなかったことから、生活保護を受けることになったそうだ。

本人は健康そのもの。

その家族が週末、某有名温泉へ観光旅行に出かけたそうだ。

onsen 

そりゃあ、いいね~って、おい!
それはアリなのか?

生活保護の法的根拠、憲法二五条に

すべて国民は、健康で文化的な最低限度の生活を営む権利を有する。


とあるわけだが、温泉旅行は最低限度の生活なのか?

うちは何年も旅行してないわ!(出無精なだけだけど)

さらにその人は、最新のiphone5を購入したそうだ。(オレは3年落ちのガラケーだよ)

さらには、一度就職したものの、この収入じゃ生活できない、とかなんとかで、生活保護に逆戻りしたそうだ。

少なくとも働ける現役世代は、生活保護を受給できる期間を限定するべきなんじゃないの?
働かなくてもこんな生活できるのなら、働かなくなるのもうなずける。

スイカに塩をかければ甘さが増すように、仕事という“塩”がなければ、温泉旅行やiphoneの楽しさ(甘さ)は十分に味わえない。
本当の甘さを知らずに、人生を空虚に過ごす若者をこれ以上産み出すべきではない。

人気ブログランキングへ  
人気ブログランキングへ 何かがおかしい!と思う方はクリックを!  
FC2 Blog Rankingへ  
関連記事
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://andreagritti.blog112.fc2.com/tb.php/1660-44672f30
    この記事へのトラックバック


    最近の記事

     
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。