スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

共産市議『職員自殺、橋下の犠牲者』と誤報広める

2012年09月06日 09:50

「職員自殺、橋下の犠牲者」堺の共産市議がネットに誤情報 喫煙停職めぐり 産經新聞

「橋下の犠牲者が増えた」

 大阪市営地下鉄の運転士が喫煙で停職1年の懲戒処分を受けたことをめぐり、共産党堺市議の石谷泰子議員(44)がインターネット交流サイト「フェイスブック」の自身のページに運転士が自殺したとの誤情報を書き込んでいたことが4日、分かった。「橋下(徹大阪市長)の犠牲者が1人増えた」とも記載。石谷氏は情報が誤りだったとして2日後に閲覧できないようにしたが、情報は他のネットサイトに転載されるなどして拡散した。

 大阪市関係者などによると、自殺の事実はなく、石谷氏は産経新聞の取材に「知人からもらった情報を安易に掲載した。深く反省している。ご本人やご家族、迷惑をかけた関係者におわびしたい」と話した。

以下略

以上引用終わり

これぞまさに確証バイアス。

橋下市長が憎い。
橋下市長は悪い奴だ。

という思いから、その思いに符合する情報を無意識に探してしまう現象。
思いと違う情報は、検証して裏をとったりするが、思いにそっていると、そのまま信じこんでしまう。

これは反原発運動の人とかでも、よく見られるが、放射能による健康被害がある、なんて情報があったら、迷わず信じこんでネット上で拡散したりする。

まあ誰にでも多かれ少なかれあることではあるが、これらのケースがより深刻なのは、
自分の考えを正当化するためには、犠牲者が出たほうがいいということ。

むしろ、被害が出ることがうれしいんじゃないかって気がしたりする。
憎む対象を攻撃するためには。

主義主張は色々あれど、他人の尊厳を侵していいものなどない。
お詫びで済む問題ではない。
市議としての責任のとり方はひとつしかあるまい。


人気ブログランキングへ  
人気ブログランキングへ これはひどい、と思った方はクリックを!  
FC2 Blog Rankingへ  
関連記事
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://andreagritti.blog112.fc2.com/tb.php/1614-8bdefcfc
    この記事へのトラックバック


    最近の記事

     
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。