有料化でペット殺処分激減

2012年05月21日 20:50

犬猫の殺処分4割減…飼い主説得・有料化が奏功 読売新聞

 「引っ越すため飼えない」「しつけに失敗した」「飽きた」――。

 飼育放棄された犬猫は、動物愛護法に基づき、都道府県や政令市、中核市が運営する「動物管理センター」などと呼ばれる施設に送られ、引き取り手がない場合、殺処分される。

 引き取られた犬猫の大半は、野良犬・猫と同様に殺処分されており、動物との共生を訴えるNPO法人「地球生物会議」(東京都文京区)によると、10年度の都道府県別の殺処分数は〈1〉愛知(9958匹)〈2〉大阪(9924匹)〈3〉広島(9128匹)の順で、愛知県は02年度以降、常にワースト3位以内に入っている。

 このため、愛知県と、県内では独自に引き取りを行っている名古屋、豊田、岡崎、豊橋の4市は、引き取りを有料化することで安易な飼育放棄を少しでも減らそうと、昨年4月から1匹あたり2500円(子犬・子猫は500円)の手数料を徴収している。

 また、県は4市を除く市町村での引き取りを廃止し、窓口を県動物保護管理センター(豊田市)と3か所の支所に集約。動物の飼育に詳しいセンター職員が新たな飼い主探しを助言したり、「引き取り後に殺処分されることを理解しているか」「家族で十分に話し合ったか」などと、飼い主に再考を促すことを徹底した。

 こうした取り組みの結果、11年度にセンターが引き取った犬猫は約1900匹(速報値)で、前年度より1600匹近く減少。県全体でも約3340匹(速報値)で、前年度の5428匹(犬732匹、猫4696匹)に比べて2000匹以上減った。

(2012年5月21日16時12分 読売新聞)

以上引用終わり

前にも取り上げたペットの殺処分の話。
 → 海に行くから猫を処分 2010年08月09日

こういうひどい話が減ることは、まあ良いことなんだけども…

昨年4月から1匹あたり2500円(子犬・子猫は500円)の手数料を徴収している。

その結果 ↓

こうした取り組みの結果、11年度にセンターが引き取った犬猫は約1900匹(速報値)で、前年度より1600匹近く減少。県全体でも約3340匹(速報値)で、前年度の5428匹(犬732匹、猫4696匹)に比べて2000匹以上減った。

この結果にに言いようもないおぞましさを感じる。

まず、生き物を殺すことに値段をつけていること。
そして、そのわずか2,500円で、殺処分を思いとどまる命の軽さ。

ましてわが子でさえ、虐待し死なす社会。
何かが病んでいる。そして狂っている。


人気ブログランキングへ  
人気ブログランキングへ これはひどい…と思った方はクリックを!  
FC2 Blog Rankingへ  
関連記事
スポンサーサイト





コメント

  1. アジシオ次郎 | URL | -

    Re: 有料化でペット殺処分激減

     日本は興味本位でペットを飼うと言う意識が強いせいか、飼育放棄や外来種の問題が多く出てくるんじゃないかと思います。欧米みたいに飼う前に適性審査を受けさせることを義務化させるなどしないといけないですね。

     有料化で殺処分、何か動物愛護団体から苦情が来そうなリスクもありそうだ。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://andreagritti.blog112.fc2.com/tb.php/1510-4a1826bd
この記事へのトラックバック


最近の記事