チベットの真実を見通す天空の目

2008年03月24日 23:32

以下大紀元時報より引用

チベット武力弾圧:中共軍は500人以上を殺害=インド紙

【大紀元日本3月22日】インド紙「インディア・デイリー」の報道によると、中共当局がチベット人に対する武装弾圧の中、中共軍隊に殺戮された人数は500人を超え、負傷者は1万人以上にのぼり、衛星写真はそれらの残虐行為をとらえているとした。

 「インディア・デイリー」紙15日報道によると、中国共産党(中共)の武力鎮圧による流血事件は、世界各国のメディアが報道した中で、中共官製新華社は先日ようやく10人の死者を認めた。

 報道によると、中共当局は情報統制し、チベット地区に対して厳しく制御をしており、外国人がこの地区への出入りには特別の旅行許可を必要としている。一方、外国記者は厳密な監視・制御下に置かれ、事件発生地区には入ることは極めて難しいという。

 旅行関係者によると、チベット観光局は対外に対してすでに、今回の事件で今からはチベットへの旅行許可を発行しないと発表したという。旅行関係者らは、当局は外国人観光客がチベットへの旅行を禁止する措置は3ヶ月間続くとみている。

 同紙は最後に「中国共産党政府は、地下通信社の報道や衛星写真を否定することはできないはずだ」として、動かない証拠が揃っていることを指摘した。



以上引用終わり

立ち入り禁止にした位で隠し通せる時代ではない。

↓ まさか衛星写真への対策用プロパガンダではないよね!?

INTER Newsより引用

チベットで道路に寝るのがブーム
2008.03.17 (Mon)

いまチベットで道路に座ってリラックスするのが大流行しているという。しかし、街中でたむろをするのではなく、国道や幹線道路などで座り込み、リラックスするのがブームなのだ。

この道路座りはどうしてブームになったのか? チベットの道路に詳しいチベット人のマッパマさん(37歳)によると、これは「おこるべくしておきた現象」とのこと。なんでも、チベットは昼と夜の気温差が激しく、昼間は20度をこす気温でありながら、夜はマイナス15度になることもあるという。それゆえ、昼間のアスファルトの道路は非常にあたたかく、チベット人たちは道路に密着して熱を感じたいのだという。

朝や夜が冷える地域に住むチベット人たちにとって、道路の熱は非常に大切なエネルギー吸収源になるわけだ。道路で座ったり寝たりできるのは、チベットの首都・ラサではあまり見かけなく、特にダァムやシガツェ方面(チョモランマ方面)に向かう道路に多いという。

道路に座りながらお茶を飲み、トランプをしたりケータイをいじるのがオツなのだとか。とにかく、自動車や馬車にひかれないようにして寝そべってほしいものだ。



以上引用終わり

こんな大事件が起こってるときに、のんきに道に寝転がって人がいるか!

この記事でカモフラージュできるとは中共も考えていないとは思うが…

いずれにしても血が流れている時に配信する記事じゃない。
関連記事
スポンサーサイト





コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://andreagritti.blog112.fc2.com/tb.php/144-e8981410
    この記事へのトラックバック


    最近の記事